頼品ヨ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「頼品妤」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
頼 品妤
賴 品妤
立法委員賴品妤.jpg
生年月日 (1992-03-02) 1992年3月2日(28歳)
出生地 中華民国の旗 中華民国
台北県中和市
(現・新北市中和区[1][注 1]
出身校 国立台北大学
所属政党 Green Island with White Cross.svg 民主進歩党
親族 父:頼勁麟中国語版

選挙区 新北市第12区
在任期間 2020年2月1日 -
テンプレートを表示
頼 品妤
籍貫地 雲林県
各種表記
繁体字 賴 品妤
拼音 Lài Pǐnyú
通用拼音 Lài Pǐnyú
注音符号 ㄌㄞˋ ㄆㄧㄣˇ ㄩˊ
台湾語 Loā Phín-Û
発音転記: ライ・ピンユィ
ラテン字 Lai Pin-yu
英語名 Pin-yu Lai
テンプレートを表示

頼 品妤(ライ・ピンユィ、らい ひんよ、繁体字: 賴品妤1992年3月2日[2] - )は中華民国台湾新北市出身の政治運動家コスプレイヤー女性政治家。2020年より第10期立法委員[3]

人物[編集]

新北市立中和高級中学中国語版を経て国立台北大学法律学系(法学部に相当)卒業[4][5]

家系[編集]

父は国民大会代表や立法委員を務めた政治家の頼勁麟中国語版[6]、母はジャーナリスト[1][7]。 「父親は青年時に労働運動に参画していたこともあり、家族が自分の社会運動参画に対して反対することはなかった」と語るほど父の影響を受けている[8][9][10]

学生運動[編集]

日頃から社会問題に関心を持ち、2000年代に台北市士林区で市政府が強行した再開発により士林王家の居住地が撤去された事件(zh:文林苑都市更新爭議)での反対運動には17歳時にして参加している[1]。大学進学後の2012年ごろから多くの学生運動に参加してきた[11]

2012年の洪仲丘事件をきっかけに発生した事件真相解明要求かつイデオロギー闘争に明け暮れる国民党と民進党双方に対する抗議表明としての「白シャツ軍運動中国語版[12]や、中国資本が入り対岸寄りの報道が懸念されていた(中天電視などを擁する)旺旺集団中国語版への抗議活動「反媒体壟断運動中国語版」とそれに伴うパレード、秋闘(秋鬥、秋の労働運動)、反陳徳銘抗議行動、中国国民党第19次全国代表大会中国語版への抗議運動へ参加するなど、次第に社会運動にのめり込んでいった[13]

再開発に伴う立ち退きおよび取り壊し問題にはコスプレのパフォーマンスを通じて抗議の意思を示した[14]。(後述

品妤はこれらの活動を通じて「あなたも一つの集合体に属するようになれば、多方面の議題について関心を持たざるを得ないだろう。自身の過去の価値観に対する影響は確かなもので、例えば自分が過去に見たことのない、より脆弱な人々に遭遇することだってある」と訴えている[15]

反服貿[編集]

2013年8月には国内の学生運動団体「黒色島国青年陣線中国語版(黒島青)」設立を宣言、その幹部としてより積極的な活動をみせるようになった[16]。同年11月26日、中華人民共和国海峡両岸関係協会会長陳徳銘が台湾側の海峡交流基金会のトップ林中森中国語版を訪問したことで頼は両者が推進していた海峡両岸サービス貿易協定海峽兩岸服務貿易協議、服貿)に対する抗議活動を基金会のビル前で行った[17]

基金会のビルに至る路上で警官隊と衝突、品妤と頼郁棻中国語版ら3名の女子大生は、「ここは管制区」という名目で手を広げながら半円状に陣形を成した10名の婦人警官によって壁際に取り囲まれた。その後警官に引きずられてビル入口への到達を阻止された[18]

当日、品妤は報道陣の取材で「中国の環境規制が緩いことで雇用環境は相対的に厳しくはないことから、台湾の産業は中国大陸との価格競争に陥り賃金水準も停滞する」と空洞化の懸念を表明した[19][20]

太陽花運動[編集]

2014年3月18日夜間、海峡両岸サービス貿易協定に抗議集会に参加、黒色島国青年陣線のメンバーが三手に分かれて立法院の占拠を企図、努力が実って議場占拠を果たした一員となった[21]。議場でデモ参加者かつ最前線の当事者して紫色のノースリーブのシャツ姿で議場の椅子を使ってバリケードを築く姿が報道を通じて注目を集めた[22][23]。そして「ひまわり運動の女神(太陽花女神)[24]」「社会運動の女神」、「悍妞(中国語で獰猛な女性の意)」の異名で知られるようになった[25][26]

歴史教科書改訂[編集]

2014年1月に中華民国教育部による高校の歴史教科書改訂(zh:臺灣高中歷史課綱微調案)が『去台湾化中国語版(脱台湾化)[注 2]』を招くと争議になった際は[28]、品妤は「教育部が提出した新草案では台湾現代史の部分で国際法上の台湾の地位を確定するカイロ宣言のみが強調され、サンフランシスコ平和条約や米国の台湾関係法の内容が希薄化されている。」と主張した[29]

張志軍事件[編集]

2014年6月26日、海峡両岸関係協会の後任会長張志軍が台湾を訪問。品妤や魏揚中国語版などの活動家ら10名が新北市新店区烏来区を結ぶ台湾省道台9甲線(起点より10.2km地点)の2車線をロープや鎖を張って封鎖、張志軍の車列が進行するのを妨害した。護衛車や警察が10分程度でこれを排除し、学生らは逮捕された[30][31]。その後台北地検は「妨害公衆往来安全罪、強制罪」容疑で品妤ら参加者8名を起訴した[32][33]

2015年1月20日、台北地方法院での審理では、被告が罪状を認めれば略式裁判での手続きが可能だったが、被告らは罪状を認めず継続審理となった[34]

2015年3月3日、台北地方法院で継続審理が開かれ、8人は「馬英九政権の対中政策と張志軍の訪台に対する抗議のために言論の自由を行使したにすぎない。」と無罪を主張した[35]

2016年1月15日、台北地方法院は、強制罪については(有罪が)成立するものの公益目的を考慮し刑を免除、妨害公衆往来安全罪については無罪とした[36][37]

魏揚らは公益性のある行動だったとして控訴。2017年2月9日、二審の高等法院は強制罪を含めて2つの罪状とも嫌疑不足による無罪とした[38]

学生運動総括[編集]

初の国政選挙を目前にして2019年10月に行われた鏡週刊中国語版による取材では、以下のように反服貿運動を振り返っている。

『10度の社会運動のうち9度が失敗だとして、普通の人はそれを実践しても成功したとは思わないだろう。たとえ失敗しても誰かがやらなければ。』そう語り、ともすれば社会運動家出身という理由で品妤は将来に対して悲壮感を漂わせていた[1]

『自分たちが街頭での反対運動に動員できたのは20人程度。(皆さん)とてもがっかりでしょう?この件に関心を寄せるのが台湾でたった20人なのか?って。しみったれた一夜だったと(傍目には映るに)しても、明くる日も(物事を)進めなきゃならない。たった20人だからってやってはいけない?』記者にそう思わせるほど、品妤は反服貿運動が成功するとは考えていなかったことを吐露している[1]

政界入り[編集]

2016年から大学の先輩にあたり、ひまわり運動にも関わった時代力量の立法委員フレディ・リム(林昶佐)の議員会館で専門だった法律分野で助手として携わり、議会の実務や実情を学んだ[39][40]

林昶佐が2019年8月に離党すると、品妤は翌月に民主進歩党へ加入し、新北市第12選挙区中国語版汐止区金山区萬里区瑞芳区平渓区双渓区貢寮区)の公認候補となった[41]。この選挙区はかつて父が地盤とした台北県第3選挙区(ただし中選挙区制)とほぼ重なるだけではなく、時代力量の元主席黄国昌が当選した場所だったが、黄は2020年の選挙ではここを放棄(比例代表制の不分区へ)、代わりに頼嘉倫を擁立したため対民進党への姿勢を巡って分裂したフレディと黄国昌のそれぞれの門下生が異なる党で対決する代理戦争の様相も帯びた[42][43]

選挙期間中はオンライン上で韓粉(国民党中華民国総統候補だった韓国瑜の支持者)によるセクハラ紛いの誹謗中傷や[44]網軍五毛党などの中国大陸のネットユーザー)による「台独妖女」などの罵倒を受けた[45][46]

党公認が投票115日前と最も遅かったことや、選挙区事情のこともあり事前予想では「黑馬(ダークホース)」だった[47][48]。公認直後の民調(世論調査)では有力候補の李に20ポイント後塵を拝していたが、12月時点で約3ポイントにまで差を詰め[49]、本番でも人口の多い汐止区瑞芳区では李にリードを許したものの、僅差ともいえる接戦だった。頼清徳副総統候補、元行政院長)が自身の出身地である万里区および隣接する金山区での遊説行脚に品妤を同行させたこともあって、その2区で固めたリードにより全体では1.5ポイント差でベテランの李を振り切り[50]、当期最年少で当選した[51][3]

2020年立法委員選挙[編集]

得票分布
新北市第12選挙区(小選挙区制)
候補者番号 候補者名 性別 生年[3] 政党 得票数[3] 得票率[3] 当落
1 頼嘉倫中国語版 1980 Golden yellow li in black background.png 時代力量 13,563票 7.29%
2 張志偉中国語版 1984 Green circle.svg 緑党 1,638票 0.88%
3 周武栄 1968 無所属 1,620票 0.87%
4 李永萍中国語版 1964 Emblem of the Kuomintang.svg 中国国民党 81,613票 43.87%
5 張依維 1975 中華統一促進党 316票 0.17%
6 頼品妤 1992 Green Island with White Cross.svg 民主進歩党 84,393票 45.36% Vote1.svg
7 孫継正中国語版 1962 Purple and orange anchor.png 安定力量中国語版 2,889票 1.55%
有権者数 259,761 [52]
投票者数 188,616
有効票 186,032
無効票 2,584
投票率 72.61%

エピソード[編集]

映像外部リンク
「台湾大凱旋」での頼品妤
[一刀未剪] 緊身皮衣化身"明日香"超辣登台!賴品妤向李永萍喊話:我對台灣的付出一定超越妳 - YouTube 三立電視台 (2019年12月21日)

本人は大のアニメファンかつ、「總一 Souichi」名義でのコスプレ自撮りを趣味としており[45]、自身のFacebookは多数のファンが注目している[53]

2013年12月に再開発の一環で台北市政府都市計画委員会が華光社区中国語版台北市大安区のコミュニティの一つ)の取り壊しに踏み切ったが、その現場に品妤は新世紀エヴァンゲリオン(エヴァ)の登場人物「綾波レイ」のコスプレ姿で現れ、建築物の遺骸を背景に自撮りを行いその作品は多くの人の関心を呼んだ[54]。品妤は「自分が社会活動でできることは実はそんなに多くはないと感じている。華光社区は取り壊されることになるが、自分なりの方法で記録に残すことができるのではないかと感じ、もっとアニメのファン層の関心を(こうした社会問題に)惹きつけられれば。」と動機を述べている[14]

候補公認時の記者会見でお辞儀をした際に、緊張のあまり頭をテーブルのマイク2台にぶつけて毛髪も乱れてしまい[55]、同席していた党主席の卓栄泰の笑いを誘っただけでなく、ネット上ではマイクを触角にされた悪搞作品を投稿されたり[56]、「マイクロフォンの女神麥克風女神)」の異名も生まれるなど世間でもインターネットミームを巻き起こした[45][57]

選挙ポスターではエヴァンゲリオン風のデザインを施し「AT力場(ATフィールド)」など作中の用語も使用したほか、顔写真にも公認会見時のマイク騒動を自虐ネタとして取り入れた[58]

現職総統だった蔡英文も参列した2019年12月21日の台湾大凱旋(総統府前の凱達格蘭大道で開催されたフレディが属するソニックの野外フェス)では、事前に美少女戦士セーラームーンの登場人物火野レイのコスプレ姿(変身後のセーラーマーズ)をした自身のイラストをポスターでの告知に使い耳目を集めた[59]。野外フェス当日の日中には地元汐止区の親子イベントでアナと雪の女王の登場人物「エルサ英語版」に扮したあとに[60]、夜間には会場で全身エヴァの登場人物「惣流・アスカ・ラングレー」のコスプレ姿を披露して蔡英文やフレディと合流した様子が反響を呼び[61]タイ王国でも報道された[62][63]

立法委員選挙当選翌日の2020年1月12日には、前述のポスターではイラストだったが、今度は実際にセーラーマーズのコスプレをした姿を投稿している[64]

任期初日となった2020年2月1日、トレードマークだった長髪を大胆にカットした姿でフレディと登院し注目を集めたほか[65]游錫堃(民進党)が順当に選出された立法院議長選挙では、新人の品妤にも1票が投じられ騒然となった。これは投票用紙の同じ行に同党の議長候補頼士葆中国語版と同姓の品妤の氏名が並んでいたことから、国民党委員によるマークミスとみられている[66]

著作[編集]

  • 臺灣身心障礙者自立生活同儕支持 服務發展之回顧與現況[67]

関連書籍[編集]

  • 『2020立委空戰學』 - 『賴品妤 民進黨最年輕立委提名人!「太陽花女戰神」直球對決網軍,更成為全國最吸睛「嬌點」』(P86-89)、著:楊方儒・何渝婷・張詠晴、ISBN 9789869715942

脚注[編集]

[ヘルプ]

註釈[編集]

  1. ^ ただし、選挙公報では台北市となっている[2]
  2. ^ 2000年代に中華郵政などが『台湾郵政』に改称されたが、馬英九政権後に元に戻っていたことなど、台湾化と逆行する動きを指す[27]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 【時光機】參選後朋友勸她清臉書相簿 賴品妤:「穿比基尼有什麼不對?」” (中国語). 鏡週刊 (2019年10月21日). 2019年1月12日閲覧。
  2. ^ a b 第10屆立法委員選舉選舉公報 新北市第12選舉區” (中国語). 新北市選舉委員會. p. 1 (2020年1月1日). 2020年1月12日閲覧。
  3. ^ a b c d e 第10屆 立法委員選舉(區域) 候選人得票數” (中国語). 中央選挙委員会 選舉資料庫網站 (2020年1月11日). 2020年2月16日閲覧。
  4. ^ 不輸男性! 女大生衝立院議場成焦點” (中国語). 天空傳媒 (2014年3月20日). 2014年3月28日閲覧。
  5. ^ 國立臺北大學102學年度進修部榜單” (中国語). 国立台北大学 (2013年8月26日). 2019年12月28日閲覧。
  6. ^ 立法委員>歷屆立委>第5屆>賴勁麟委員” (中国語). 立法院. 2020年1月12日閲覧。
  7. ^ 陳鈺馥 (2019年9月20日). “父親被藍委質疑「肥貓」 賴品妤:大家可檢驗有無做事” (中国語). 自由時報. 2019年10月10日閲覧。 “國民黨立委林奕華今日質疑,代表民進黨參選新北市第12選區的賴品妤,其父親賴勁麟在中華電信酬庸名單中,擔任中華電子公司神腦國際董事長,賴應勸父親請辭「肥貓」;對此,賴品妤回應強調,父親在這位子滿用心的,大家可以檢驗有沒有做事。”
  8. ^ 長髮辣妹對峙警 法律系賴品妤十足女漢子” (中国語). 東森電視 (2014年3月20日). 2020年1月12日閲覧。
  9. ^ 賴勁麟” (中国語). 中国網 (2005年8月29日). 2014年3月26日閲覧。
  10. ^ 上火線對峙警 法律系賴品妤「嬌」點” (中国語). 東森電視 (2014年3月20日). 2014年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月26日閲覧。
  11. ^ 反服貿攻佔立院! 名人第二代成焦點” (中国語). TVBS (2014年3月21日). 2014年3月26日閲覧。
  12. ^ (日本語)岡崎研究所 (2014年1月7日). “台湾の「白シャツ運動」とは?”. Wedge. 2020年1月11日閲覧。
  13. ^ (簡体字中国語)台湾抗议学生群体多为民进党外围分子”. 新浪 (2014年3月24日). 2014年3月28日閲覧。
  14. ^ a b 丁宛臻、李孟儒、莊惠琪和蘇俞璇 (2013年12月27日). “【記錄生活秀自我 大學生自拍不「攝」限專題二】關注時事 角色扮演反都更” (中国語). 国立政治大学《大学報》. 2014年3月28日閲覧。
  15. ^ 反黑箱服貿占立院 長髮辣妹賴品妤掛彩沒喊痛” (中国語). ETtoday 東森新聞雲 (2014年3月20日). 2014年3月26日閲覧。
  16. ^ 民視 (2014年3月20日). “李登輝辦公室主任兒子 也來反服貿” (中国語). Yahoo奇摩. 2014年3月26日閲覧。
  17. ^ 參觀海基會大樓 陳德銘讚好” (中国語). Taiwan News (2013年11月27日). 2020年1月12日閲覧。
  18. ^ 王立柔 (2013年11月26日). “對陳德銘高喊反服貿 學生遭警察「鎖喉」” (中国語). 新頭穀 Newdtalk. 2014年3月28日閲覧。
  19. ^ 張廷玉和陳金寶 (2013年11月26日). “看見台灣 請陳德銘停止干涉台灣內政” (中国語). 《自立晩報》. 2014年3月28日閲覧。
  20. ^ “黑色島國青年陣線賴品妤小姐發言” (中国語). 「海峽兩岸服務貿易協議」第十四場公聽會報告 (Report). 立法院内政委員会. (2014-01-02). https://lis.ly.gov.tw/pubhearc/ttsbooki?N103960%3Aa001 2019年1月12日閲覧。. 
  21. ^ 王文萱 (2014年3月21日). “政壇名人子女 上火線反服貿” (中国語). 《自由時報》. 2014年3月28日閲覧。 “ ”
  22. ^ 東森電視 (2014年3月21日). “上火線對峙警 法律系賴品妤 「嬌」點” (中国語). Youtube. 2014年3月28日閲覧。
  23. ^ 台海網 (2014年3月21日). “盤點「職業抗議家」:多塊牌子一套人馬 哪裏都能見到” (中国語). 《大公報》. 2014年3月28日閲覧。 “ ”
  24. ^ 「太陽花女神」成為大黑馬 賴品妤:謝謝台灣給年輕人機會!” (中国語). 新頭穀 Newstalk (2020年1月12日). 2020年1月12日閲覧。
  25. ^ 劉家綺和徐士庭 (2014年3月20日). “服貿/政二代悍衛民主!「社運女神」賴品妤抗警” (中国語). 三立新聞台. 2014年3月28日閲覧。 “ ”
  26. ^ (簡体字中国語)張燕娟 (2014年3月21日). “媒体揭台湾“职业抗议家” 很懂媒体“要什么””. 中国新聞網. 2014年3月28日閲覧。 “ ”
  27. ^ 第29回 ヒマワリ学生運動と台湾アイデンティティー” (日本語). ワイズニュース (2015年3月20日). 2019年1月13日閲覧。
  28. ^ 台湾、歴史教科書改訂 「日本統治」は「日本“殖民”統治」に” (日本語). フォーカス台湾 (2014年1月28日). 2020年1月12日閲覧。
  29. ^   (2014年1月27日). “高中歷史爭議課綱 教部定案” (中国語). 台灣立報/Yahoo奇摩. 2014年3月26日閲覧。 “ ”
  30. ^ 鐵鍊綁身欲攔張志軍 魏揚遭警逮捕”. 自由時報 (2014年6月26日). 2020年1月11日閲覧。
  31. ^ 林雨佑 (2014年6月26日). “魏揚鐵鍊封路遭警抬走 影片直擊” (中国語). 新頭殼newtalk. 2014年6月26日閲覧。
  32. ^ (日本語)「黒色島国青年陣線」の団員8名が公共往来安全妨害罪で起訴”. 国家政策研究財団(中国国民党系シンクタンク) (2014年12月12日). 2020年1月12日閲覧。
  33. ^ 林雨佑 (2014年12月11日). “鐵鍊纏身擋張志軍座車 魏揚8人遭起訴 新頭殼 Newtalk” (中国語). 新頭殼 Newtalk. 2018年3月29日閲覧。
  34. ^ 張文川 (2015年1月20日). “烏來擋道抗議張志軍 魏揚、賴品妤開庭不認罪” (中国語). 自由時報電子報. https://news.ltn.com.tw/news/society/breakingnews/1210733 2018年3月29日閲覧。 
  35. ^ 張文川 (2015年3月4日). “堵路張志軍 魏揚、賴品妤︰我無罪” (中国語). 自由時報電子報. http://news.ltn.com.tw/news/politics/paper/859799 2018年3月29日閲覧。 
  36. ^ 溫于德 (2016年1月15日). “黑島青肉身擋張志軍 魏揚等8人免刑 自由時報電子報” (中国語). 自由時報電子報. https://news.ltn.com.tw/news/society/breakingnews/1573488 2018年3月29日閲覧。 
  37. ^ “【更新】人肉鎖鍊擋張志軍 魏揚有罪但免服刑 蘋果日報” (中国語). 蘋果日報. (2016年1月15日). https://tw.appledaily.com/new/realtime/20160115/774951/ 2018年3月29日閲覧。 
  38. ^ “肉身阻擋張志軍 魏揚等8人二審獲判無罪” (中国語). 自由時報電子報. (2017年2月9日). https://news.ltn.com.tw/news/politics/breakingnews/1969255 2018年3月29日閲覧。 
  39. ^ 黃信維 (2018年4月10日). “【獨家】賴品妤加入林昶佐團隊 與前男友吳崢並肩作戰” (中国語). 蘋果日報. https://tw.news.appledaily.com/politics/realtime/20180410/1331801/ 2018年4月14日閲覧。 
  40. ^ 林瑋豐 (2015年5月26日). “318學運世代參政 隱身幕後輔選在野戰將” (中国語). 風傳媒. http://www.storm.mg/article/50672 2015年5月26日閲覧。 
  41. ^ “「頭」入選戰一夕爆紅! 賴品妤親洩「鞠躬5秒鐘」內幕” (中国語). 自由時報. (2019年9月19日). https://news.ltn.com.tw/news/politics/breakingnews/2920628 2019年9月26日閲覧。 
  42. ^ 賴品妤點頭代表民進黨選立委 汐止上演另類林昶佐、黃國昌對決” (中国語). 風傳媒 (2019年9月14日). 2020年1月12日閲覧。
  43. ^ 民進黨擬徵召賴品妤選汐止立委 黃國昌:尊重政黨提名策略” (中国語). 上報 Upmedia (2019年9月16日). 2020年1月12日閲覧。
  44. ^ “韓粉PO「一炮10萬」抹黑 賴品妤一句話輕鬆反擊”. 自由時報. (2019年9月24日). https://news.ltn.com.tw/news/politics/breakingnews/2925790 
  45. ^ a b c 蕭惟珊 (2019年12月12日). “〈美少女選立委2 〉被抹黑「一夜十萬」 賴品妤嗆:年輕漂亮錯了嗎?【壹點就報】” (中国語). 壹週刊. 2019年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月11日閲覧。
  46. ^ “﹤2020立委開票﹥最年輕賴品妤老少通吃 cos女神:妳要戰他們才會怕” (中国語). 壹週刊. (2020年1月11日). https://tw.nextmgz.com/realtimenews/news/488392 
  47. ^ 【新國會online】27歲的賴品妤,如何只用115天,擊退22年政壇老將李永萍?” (中国語). Knowing/Yahoo奇摩 (2020年1月12日). 2020年1月12日閲覧。
  48. ^ 黑馬新秀! 「太陽花女戰神」賴品妤自行宣布當選!” (中国語). 自由時報 (2020年1月11日). 2020年1月12日閲覧。
  49. ^ “賴品妤拜票鞠躬長腹肌 綠營民調狂追近20% 母吳如萍:令人驚奇!” (中国語). 新頭穀 Newstalk. (2019年12月10日). https://newtalk.tw/news/view/2019-12-10/338526 
  50. ^ “贏得關鍵1.5個百分點 賴品妤翻轉賴清德故鄉「由藍轉綠」”. 2020-01-12. (2020年1月12日). https://www.storm.mg/article/2174068 
  51. ^ (英語)'We need more dreams': Taiwan's 'Squad' rallies youth ahead of election”. ガーディアン (2020年1月10日). 2020年1月12日閲覧。
  52. ^ 第10屆 立法委員選舉(區域)選舉概況(新北市)” (中国語). 中央選挙委員会 (2020年1月11日). 2020年2月9日閲覧。
  53. ^ 劉家綺和徐士庭 (2014年3月20日). “服貿/抗議「嬌」點 甜美正妹是社運狂 剽悍抗警察沒在怕” (中国語). 三立新聞台. 2014年3月28日閲覧。
  54. ^ 【獨家】22歲女大生 為民主做悍妞” (中国語). 《台湾蘋果日報》 (2014年3月19日). 2014年3月28日閲覧。
  55. ^ (日本語)〔のぞき見〕マイクに絡む女神の髪の毛”. NNA ASIA (2019年9月20日). 2020年1月12日閲覧。
  56. ^ 賴品妤在記者會上鞠躬時頭髮勾到麥克風 被網友狂做KUSO圖"秒變雙馬尾"|記者莊惠琪 葛子綱|【台灣要聞。先知道】20190919|三立iNEWS
  57. ^ “深夜許願池》麥克風女神來了!賴品妤挑戰台語你說我猜” (中国語). 自由時報. (2019年11月14日). https://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/2977593 
  58. ^ 神力女超人遜掉了 賴品妤變成「蟑螂」求選票” (中国語). 聯合報 (2019年12月14日). 2020年1月12日閲覧。
  59. ^ 網友暴動!賴品妤Cosplay「火星仙子」 合體閃靈「斬妖除魔」” (中国語). 自由時報 (2019年12月4日). 2020年1月12日閲覧。
  60. ^ 賴品妤套牢親子票 扮「冰雪女王」民眾搶拍” (中国語). 年代電視台 (2019年12月21日). 2020年1月15日閲覧。
  61. ^ 出席林昶佐凱道演唱會 賴品妤「明日香」戰鬥服造型亮相、全場轟動” (中国語). 風傳媒 (2019年12月22日). 2020年1月11日閲覧。
  62. ^ (タイ語)เก็บตกสีสัน ส.ส. ไต้หวันระหว่างหาเสียง มาหมดทั้งคอสเพลย์ เดธเมทัล และ "อีวาเกเลียน"”. MGR Online (2019年12月24日). 2020年1月11日閲覧。
  63. ^ 賴品妤超辣變裝紅到國外! 泰國鄉民熱議:想投了” (中国語). 自由時報 (2019年12月27日). 2020年1月14日閲覧。
  64. ^ 新科立委賴品妤Cosplay火星仙子 臉書逾3萬點閱” (中国語). 中央通訊社 (2020年1月12日). 2020年1月12日閲覧。
  65. ^ 新科立委賴品妤短髮超吸睛 與前老闆林昶佐一同走紅毯” (中国語). 自由時報 (2020年2月1日). 2020年2月2日閲覧。
  66. ^ 疑藍營立委跑票投賴品妤 賴士葆批「一盤散沙」:整個黨被海嘯襲擊” (中国語). ETtoday新聞雲 (2020年2月2日). 2020年2月2日閲覧。
  67. ^ 賴品妤‧尤素芬‧潘佩君 (2019年12月). “臺灣身心障礙者自立生活同儕支持 服務發展之回顧與現況” (中国語). 社區發展季刊 (衛生福利部社会及家庭署) (第168期). ISSN 1028-9496. https://www.sfaa.gov.tw/SFAA/Pages/Detail.aspx?nodeid=1198&pid=9359. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

政治
個人