ASTVプーヂャッガーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

プーヂャッガーン」(Manager Daily, タイผู้จัดการรายวัน)は、タイ王国のタイ語日刊政治・経済新聞。が1990年11月7日に創刊。にソンティ・リムトーングンが創刊。タイ・ プーヂャッガーン 社(ผู้จัดการ 360)が月曜日から土曜日まで発行。にソンティ・リムトーングンが創刊。1991年スチンダーによる政変(暗黒の5月事件)の際には政府による情報統制下に置かれた。また、1997年アジア通貨危機時には発行元のマネージャー・メディア・グループ(แมเนเจอร์ มีเดีย กรุ๊ป)が経営危機に陥った。多くの銀行が訴訟を起こし、裁判所により社主ソンティに破産宣告を行われた。

しかし、その後ソンティの巻き返しがはじまる。2001年頃からプーヂャッガーン紙上でソンティがシヤンサオロン(เซี่ยงเส้าหลง)のペンネームで書いていた コラム「ニュースと人物 混ぜ合わせ(ข่าวปนคน คนปนข่าว)」、ソーチェット(ซ้อเจ็ด)の名で書いたコラム「口がむずむずと(คันปาก)」、パロディ新聞『プーヂャッグワン』(ผู้จัดกวน:お騒がせな人*プーヂャッガーンは正しくは経営者を意味する。)などが好評になる。また2003年にMCOT9チャンネルで政治トークショー『ムアンタイ・ラーイサップダー(เมืองไทยรายสัปดาห์:タイ国週報)』の放送を開始し、自らホストを務め、2005年にはソンティの活動はさらに発展し、民主市民連合を結成する。2006年頃からプーヂャッガーン紙も民主市民連合との結びつきを強めている。さらに、人工衛星ASTVからの24時間放送を行っているテレビ局NEWS1(นิวส์วัน)と合併した。

2008年11月18日に、タイ王国中央破産法廷(ศาลล้มละลายกลาง)において、マネージャー・メディア・グループの破産が確定。負債総額は 47億2600万バーツに上った。旧プーヂャッガーン紙および雑誌の事業を売却した。その間編集部は新聞発行を続けていたが、プーヂャッガーンのタイトルを使うことができなかったため、2008年11月19日には「プーヂャッガーン仏暦 2551年(ผู้จัดการ 2551)」、2008年11月20日に「ASTV通信(สารจากเอเอสทีวี)」と日替わりでタイトルを変え、 2008年11月21日に『ASTVプーヂャッガーン』に落ち着き、初版として一部20バーツで創刊された。現在、ASTV社が所有、

現在、『週刊プーヂャッガーン』、『月刊プーヂャッガーン』、さらにオンライン版の『プーヂャッガーン・オンライン』も運営している。

外部リンク[編集]