クルンテープ・トゥラギット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クルンテープ・トゥラギット」(กรุงเทพธุรกิจ)は、タイ王国のタイ語日刊経済新聞1987年10月6日に創刊。ネーション・マルチメディア・グループ傘下のNKTニュース社(เอ็นเคที นิวส์)が発行。

概要[編集]

クルンテープ・トゥラギット紙の経営責任者はNKTニュース社の社主であるドゥアンガモン・チョータナー(ดวงกมล โชตนา)、総編集長はスッティチャイ・ユン。スッティチャイはかつて人気を博したコラム『ガーフェー・ダム (กาแฟดำ:ブラックコーヒー)』を担当していた。現在、コラムニストにはウィーラ・ティーラパット(วีระ ธีรภัทร)が就いている。

2006年9月1日に同紙は1部15バーツから20バーツに価格引き上げた。2007年中頃には、紙面サイズの変更を行い、31インチ幅から27インチ幅に縮小が行われ、出版費用のおよそ10%の節約が行われた。同様の紙面の縮小は同紙の前にバンコック・ポストポスト・トゥデーが行っており、さらにネーションでも行われた。

外部リンク[編集]