阿武松緑之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
阿武松 緑之助 Sumo pictogram.svg
Ohnomatsu Midorinosuke.jpg
阿武松緑之助
基礎情報
四股名 阿武松 緑之助
本名 佐々木 長吉(常吉)?
生年月日 1791年寛政3年)
没年月日 1852年1月20日嘉永4年12月29日
出身 能登国鳳至郡七海村
(現:石川県鳳珠郡能登町
身長 173cm
体重 135kg
所属部屋 武隈部屋粂川部屋雷部屋
→武隈部屋
得意技 寄り
成績
現在の番付 引退
最高位 第6代横綱
幕内戦歴 142勝31敗24分8預1無37休
優勝 優勝相当成績5回
データ
初土俵 1815年3月場所(新序)
入幕 1822年10月場所
引退 1835年10月場所
備考
2013年7月9日現在

阿武松 緑之助(おうのまつ みどりのすけ、1791年寛政3年) - 1852年1月20日嘉永4年12月29日))は、能登国鳳至郡七見村[1](現:石川県鳳珠郡能登町)出身の元大相撲力士。第6代横綱。本名は佐々木姓までは多くの文献で一致しているが、名は「長吉」や「常吉」とする文献が存在するほか、名を記さずに佐々木姓のみ記述する文献があるため、不明である。

来歴[ソースを編集]

1791年能登国で生まれる。実家は農家で馬子だった。文化12年(1815)に江戸に出る[1]。四壁庵茂鳥の『わすれのこり』によると、江戸・柳橋コンニャク屋の下男をしているうちに力士を志したとされ[1]、郷土では幼少より力自慢で力士を目指して江戸へ出たとされる[2]

江戸で武隈文左衛門に弟子入りして小車と名乗り、その後錣山喜平次の弟子となって小緑と称し、さらに小柳長吉と改名、文化12年冬場所に東方序の口で張り出される[1][2]長州藩主・毛利斉熙のお抱え力士となり[2]、扶持米50俵を給せられる[1]。文政5年(1822)には入幕を果たし、文政7年(1824)に小結、翌8年(1825)に関脇、9年(1826)に大関と昇格し、10年(1827)には阿武松緑之助と改名した[1]

稲妻雷五郎と競い合って文政から天保にかけての相撲人気を盛り上げ、文政11年(1828年)に吉田司家から横綱免許を授与された。これは、5代横綱小野川喜三郎引退以来約30年ぶりの横綱就任となった[2](就任当時歴代5人の横綱は全て鬼籍に入っていたため、唯一の存命横綱となっていた)。

1835(天保6年)に引退し、1851年(嘉永4年)に江戸で没し、深川浄心寺に眠る[1]。法号は常建院法鷲月山居士[1]

四股名[ソースを編集]

四股名である「阿武松」は、の景勝地「阿武の松原[3][4]」に由来する。

現在、「阿武松」の名は日本相撲協会年寄名跡の一つとされ、一種の止め名となっている。

人物[ソースを編集]

温厚で義理が堅く、情誼に篤くて長者の風格を具えていた。そのため、相撲は良く言えば慎重、悪く言えば消極的な取り口で作戦的な立合いが多く、「待った、待ったと、阿武松でもあるめぇし…」と江戸の流行言葉にもされた。

色白で力が籠もると満身に赤を注いだ様になり、その姿は錦絵と称された。

エピソード[ソースを編集]

  • 落語講談では、阿武松があまりの大食漢の割に出世が遅いので、武隈部屋を破門となって故郷にも帰れないために自害を決意。「この世の名残に」と入った飯屋でその食いっぷりを主人から見込まれて、錣山部屋に入門した…ということになっているがこれは創作で、師匠の代変わりで所属が粂川からと転々としているほか、抱え藩も盛岡藩から萩藩へ変わったことが誤解されて広まったものである。
  • 長州で博多織の帯の一種が「小柳帯」と呼ばれたほど、婦人に人気があった。小柳とは、阿武松が「阿武松」を名乗る前の四股名である。
  • 二代目中村芝翫(初代中村翫雀、のちの4代目中村歌右衛門)と交流があり、芝翫は秋津島の役を阿武松に扮して演じ、評判を取った[5][6]

主な成績[ソースを編集]

  • 幕内通算成績:142勝31敗24分8預1無37休(26場所) 勝率.821
  • 優勝相当成績:5回

場所別成績[ソースを編集]

江戸相撲の本場所のみを示す。

場所 地位 成績 備考
文化12年(1815年)3月場所 新序
文化12年(1815年)11月場所 東序ノ口
文化13年(1816年)2月場所 西四段目15
文化13年(1816年)10月場所 西三段目29
文化14年(1817年)1月場所 西三段目16
文化14年(1817年)10月場所 西三段目6
文化15年(1818年)2月場所 西三段目3
文政元年(1818年)10月場所 西三段目2
文政2年(1819年)3月場所 西二段目20
文政2年(1819年)11月場所 西二段目17
文政3年(1820年)3月場所 西二段目15
文政3年(1820年)10月場所 西二段目10 7勝1敗1無勝負1休
文政4年(1821年)2月場所 東二段目7 8勝2敗
文政4年(1821年)10月場所 不出場
文政5年(1822年)1月場所 東二段目2 6勝2敗1分1無勝負
文政5年(1822年)10月場所 東前頭7 6勝3敗1分
文政6年(1823年)2月場所 東前頭5 4勝2敗1無勝負
文政6年(1823年)10月場所 東前頭2 7勝2敗1分 優勝同点相当
文政7年(1824年)1月場所 東前頭2 8勝1敗1休 優勝相当
文政7年(1824年)10月場所 東小結 6勝2敗2休
文政8年(1825年)1月場所 東小結 8勝2敗 優勝相当(2)
文政8年(1825年)10月場所 東関脇 6勝2敗2休
文政9年(1826年)1月場所 東関脇 5勝1敗1預3休
文政9年(1826年)10月場所 東大関 8勝0敗1分1休 優勝相当(3)
文政10年(1827年)3月場所 東大関 4勝1敗1預1休
文政10年(1827年)11月場所 東大関 6勝0敗 優勝相当(4)
翌年2月に横綱免許
文政11年(1828年)3月場所 東大関 3勝3敗1分1預2休
文政11年(1828年)10月場所 東大関 7勝1敗2休
文政12年(1829年)2月場所 東大関 5勝0敗1分1休
文政12年(1829年)10月場所 東大関 6勝0敗2分1預1休
文政13年(1830年)3月場所 東大関 7勝1敗1預1休
文政13年(1830年)11月場所 東大関 3勝1敗2預4休
天保2年(1831年)2月場所 東大関 4勝0敗2分4休
天保2年(1831年)11月場所 東大関 3勝0敗5休
天保3年(1832年)11月場所 東大関 7勝1敗1分1休
天保4年(1833年)2月場所 東大関 5勝0敗4分1休
天保4年(1833年)11月場所 東大関 2勝2敗3分1預
天保5年(1834年)1月場所 東大関 6勝1敗2分1休
天保5年(1834年)10月場所 東大関 5勝3敗1分1休
天保6年(1834年)10月場所 東大関 7勝0敗2分1休 優勝相当(5)
天保6年(1835年)1月場所 東大関 4勝2敗2分2休 引退

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b c d e f g h 阿武松の生立 『加越能力士大鑑 : 一名・三州相撲史』 森紫南編 (加越能力士大鑑発行所, 1912)
  2. ^ a b c d 阿武松緑之助 『鳳至読本』(石川県教育会鳳至郡支会, 1938)
  3. ^ 萩では『あぶの松原』と読む。この阿武の松原は萩にある現在の菊ヶ浜のことで、萩市大井にも「阿武の松原」が存在するが、こちらは「おうのまつばら」と呼ばれている。[要出典]
  4. ^ 萩市立大井小学校の校歌にも「阿武(おう)の砂浜…」という歌詞が存在するが、大井地区が萩よりも古くから栄えた土地だと考えると、四股名を「おうのまつ」と呼ぶことは自然なものと考える。[要出典]
  5. ^ 小野川喜三郎と市川門之助 阿武松緑之助と中村芝翫『珍書刊行会叢書. 第9冊 (世界綱目・芝居年中行事・劇界珍話)』 (珍書刊行会, 1916)
  6. ^ 翫雀と阿武松『俳優逸話』元宿源右衛門 編 (小美文舎, 1899)

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]