大木戸森右エ門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大木戸 森右エ門 Sumo pictogram.svg
Okido Moriemon.jpg
大木戸森右エ門(1912年頃)
基礎情報
四股名 大木戸 森右エ門
本名 内田 光蔵
生年月日 1876年5月13日
没年月日 (1930-11-07) 1930年11月7日(54歳没)
出身 兵庫県菟原郡魚崎村(現・兵庫県神戸市東灘区魚崎南町
身長 177cm
体重 120kg
所属部屋 湊部屋(大坂)
得意技 右四つ、吊り、両手突き
成績
現在の番付 引退
最高位 第23代横綱
幕内戦歴 143勝20敗6引分4預
優勝 幕内最高優勝10回(大坂)
データ
初土俵 1896年9月場所
入幕 1903年1月場所
引退 1914年1月場所
備考
2012年7月18日現在

大木戸 森右エ門(おおきど もりえもん、1876年5月13日 - 1930年11月7日)は、元大相撲力士で、第23代横綱大坂相撲史上では2人目の横綱である。本名は内田 光蔵(うちだ みつぞう)。

生年月日は「1878年11月2日」とする説が有力だったが、大木戸の後にを襲名した呼出・滝三の生年月日であることが判明した。

来歴[編集]

生い立ち~入門[編集]

生まれ育ちは「灘の生一本」で有名な地であり、生家は代々、酒樽製造業を営んでいた。体格の良さから子供相撲の大関としても活躍、あまりの力強さのために生家の樽を壊してばかりいたほどだった。後に港湾労働で荒仕事をこなしながら、草相撲でも名声を上げていた。日清戦争の従軍中に知り合った大坂力士の紹介で、第13代湊由良右衛門(元小結・黒柳松治郎)に入門し、1896年9月に大城戸平八(光蔵)を名乗り初土俵を踏む。1898年10月に三段目昇進の際、大木戸と改名した。1903年1月に入幕を果たす。

大坂相撲の第一人者に[編集]

大坂相撲で最初の公認横綱・若島権四郎に唯一、太刀打ちできる力士とされていた。小結であった1904年1月、さらに関脇へと上がった同年5月と連続して若島を破り、翌1905年1月には大関に昇進した。大坂相撲の本場所で若島に2回勝利したのは大木戸のみである。この入幕から大関昇進の時期には東京相撲との合併興行と巡業が行われており、東京方の常陸山谷右エ門に目をかけられ、稽古をつけられていたことがスピード出世につながった。大木戸自身も常陸山にかわいがられていた由縁で何度か東京相撲への加入を決意したが、大坂相撲の看板力士であるため、協会首脳に拝み倒され、断念する結果となった。この事態が、数年後の横綱免許をめぐるトラブルの遠因ともなる。

若島が負傷によって現役引退を余儀なくされた後の大坂相撲では最強を誇り、両手突きの威力は「2発で相手は土俵の外」とまで言われ、太刀山峯右エ門を彷彿とさせた。大関だった大木戸は1908年6月場所から1909年5月場所まで3場所連続の9戦全勝優勝も記録した[1][2]

横綱免許をめぐるトラブル[編集]

この成績を見た大坂相撲は、1909年に吉田司家へ横綱免許の授与を申請したが、吉田司家は横綱免許をすぐに授与せず、同年11月開催する「博多での合併興行の結果で昇進か否か判断したい」と回答してきた。大木戸はこの合併興行で3勝1敗3引分3休という不本意な成績を残したことで横綱昇進が遠退いたと思われた矢先、仲介者の後押しで大坂相撲は吉田司家へ横綱免許の授与を再申請するが、今度は吉田司家から申請書に「東京相撲の横綱による加判」を求めた。当時、常陸山によって大坂相撲の有力力士を次々と東京相撲へ引き抜かれていた背景があり、大坂相撲は東京相撲を毛嫌いしていたために加判に難色を示し、引退したばかりの若島の加判だけで申請を行おうとしたことで、大坂相撲と吉田司家の交渉は決裂した。

その後、大坂相撲は吉田司家を無視して住吉神社と共謀し、1910年1月6日に大木戸に対する横綱免許を授与、大木戸は奉納横綱土俵入りを行った。これを知った吉田司家は無断で授与した大坂相撲に激怒して破門を宣告したほか、東京相撲も大坂相撲に対して絶縁宣言を叩きつける大事件へ発展した。このままでは大木戸は非公認横綱とされるままだったが、1912年12月に大坂相撲は東京相撲・吉田司家両者へ正式に謝罪し、大木戸への横綱免許の授与を改めて申請した。吉田司家は「大木戸の横綱撤回(ただし、大阪・熊本以外での地方巡業では横綱を黙認)」「今後、大坂相撲が横綱免許を申請する際は、東京相撲の横綱は加判を止めて口添えを行うこと」を条件とした。大坂相撲はこれを承認したことで東京相撲も絶縁宣言を撤回、大木戸の横綱免許が改めて申請され、既に36歳で全盛期を過ぎたとはいえ、これでようやく公認横綱となった。

不本意な引退~晩年[編集]

しかし、公認横綱として最初の本場所である1913年1月は5勝3敗2休と振るわず、同年4月にで開催された東京大坂合併興行では、東京相撲の伊勢ノ濱慶太郎との取組中にめまいがしたという。さらに明るい場所で電気を付けようとしたために眼科へ担ぎ込まれ、さらに呉海軍病院で検査を受けたところ、脳溢血と判明した。すぐに手術を行って一命は取り留めたが半身不随になってしまい、このような状態では現役続行など出来る筈が無いため、同年5月場所と1914年1月場所を全休したのを最後に現役を引退した。

引退後は頭取(年寄)・を襲名したが、病身で引退相撲も横綱らしからぬものになってしまい、健康面の改善も見られないことで親方としての職務にも支障があったため、1916年6月に廃業した。晩年は「横綱屋」という居酒屋を経営、また煙草の売店を営み細々と生活していたと伝わっており、1930年11月7日に脳卒中で死去、54歳没。死の直前には大阪医科大学附属医院に自身の解剖を申し出、遺骸は同院に献体された[3]。大木戸には最期まで身寄りが存在せず、の場所は現在でも判明していない。

人物[編集]

  • 大坂相撲での幕内最高優勝が10回、うち5回が全勝だった。
  • 筋骨隆々の体格で、上突っ張りの破壊力があった。また右四つからの上手投げに冴えを見せる一方、怪力に似合わず巧みな前さばきを見せ、頭脳的な相撲ぶりには定評があった。
  • 幕内成績では、大坂の先輩横綱である若島の勝率.920・優勝(相当成績)4回に対して、勝率.877・優勝10回と善戦しており、東西合併相撲でも東京方の太刀山や駒ヶ嶽國力らを破り「大坂に大木戸あり」と勇名をとどろかせた。しかし東京方に対しては若島ほどの成績を上げられなかったことが、評価を下げる一因ともなった。
  • 現存する大坂相撲時代の写真で、写っている大木戸が締めている横綱は縒り方が逆になっている(上記の写真は縒り方が現在の綱とは逆である。第29代横綱宮城山の大坂横綱時代の写真にも締めている横綱の縒り方が逆のものがある)。
  • 右腕には入墨硫酸で焼き取った傷があったという[4]
  • 彼の土俵入りを見た新聞は、「蹲踞してチリを切り、かしわ手はバンザイして頭の真上で打つ。土俵中央に立つときは、足を揃えて直立不動。両手のひらき方、曲げ方も極端なほどに節度をつけるから、初めて彼を見た東京の客は、"よッ、体操"と声をかけた」と書いており[4]、なかなか個性的な土俵入りであったと思われる。
  • 現役時代に結婚しているものの数回の離婚歴がある上、体が不自由になると妻にも逃げられ余生は寂しいものだった。
  • 1993年、神戸市在住の有志により、出身地の東灘区魚崎南町に「第二十三代横綱 大木戸森右衛門 生誕之碑」の石碑が建立された[5]

場所別成績[編集]

大坂相撲の本場所における十両昇進以降の成績を示す。

場所 地位 成績 備考
明治35年(1902年)6月場所 西十両1 6勝1敗1分2休
明治36年(1903年)1月場所 西前頭6 6勝3敗1休
明治36年(1903年)5月場所 西前頭1 6勝2敗2休
明治37年(1904年)1月場所 西小結 8勝0敗1分1休 優勝相当
明治37年(1904年)5月場所 西関脇 8勝0敗1預1休 優勝相当(2)
明治38年(1905年)1月場所 西大関 9勝0敗1休 優勝相当(3)
明治38年(1905年)6月場所 西大関 6勝1敗2分1休
明治39年(1906年)2月場所 西大関 9勝0敗1休 優勝相当(4)
明治39年(1906年)5月場所 西大関 8勝1敗1休 優勝相当(5)
明治40年(1907年)1月場所 東大関 3勝1敗2預4休
明治40年(1907年)6月場所 東大関 7勝0敗1預2休
明治41年(1908年)1月場所 東大関 7勝2敗1休
明治41年(1908年)6月場所 東大関 9勝0敗1休 優勝相当(6)
明治42年(1909年)1月場所 東大関 9勝0敗1休 優勝相当(7)
明治42年(1909年)5月場所 東大関 9勝0敗1休 優勝相当(8)
翌年1月に大坂相撲が独断で横綱免許
明治43年(1910年)1月場所 東大関横綱 6勝2敗1分1休
明治43年(1910年)5月場所 東大関横綱 8勝1敗1休 優勝相当(9)
明治44年(1911年)2月場所 東大関横綱 7勝1敗1分1休 優勝相当(10)
明治44年(1911年)9月場所 東大関横綱 6勝2敗2休
明治45年(1912年)5月場所 東大関横綱 7勝1敗1分1休 場所後12月に吉田司家から横綱免許
大正2年(1913年)1月場所 東大関横綱 5勝3敗2休
大正2年(1913年)5月場所 東大関横綱 10休
大正3年(1914年)1月場所 東横綱 10休 引退

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 3場所連続全勝優勝は東京相撲・大坂相撲を通して史上初で、2017年現在でも大木戸のほか、双葉山定次(5場所連続で最多記録)・白鵬翔(4場所連続)しか記録していない。
  2. ^ 当時の大坂相撲は、幕内力士は千秋楽を休場する慣習があったため、1場所10日間の興行でいずれも9戦全勝だった。
  3. ^ 1934年1月18日、関西日報。
  4. ^ a b 小島貞二 (1984年) 『横綱草紙』
  5. ^ 日本相撲協会公式Twitter(2014年3月1日)

関連項目[編集]