稲妻雷五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
稲妻 雷五郎 Sumo pictogram.svg
Inazuma Raigoro.jpg
稲妻雷五郎
基礎情報
四股名 稲妻 雷五郎
本名 根本 才助
愛称 文政の三傑・古今十傑
生年月日 1802年
没年月日 1877年3月29日
出身 常陸国河内郡阿波崎村
(現・茨城県稲敷市
身長 188cm
体重 145kg
所属部屋 佐渡ヶ嶽部屋錦嶋部屋
成績
現在の番付 引退
最高位 第7代横綱
幕内戦歴 130勝13敗14分3預1無73休
優勝 優勝相当成績10回
データ
初土俵 1821年2月場所(幕下)
入幕 1824年10月場所
引退 1839年11月場所
備考
2012年7月27日現在

稲妻 雷五郎(いなづま らいごろう、1802年[1] - 1877年3月29日)は、常陸国河内郡阿波崎村(現・茨城県稲敷市)出身の元大相撲力士。第7代横綱。本名は根本 才助(ねもと さいすけ)。

来歴[編集]

1802年頃に常陸国河内郡阿波崎村(現・茨城県稲敷市)で生まれる。佐渡ヶ嶽部屋へ入門後に錦嶋部屋へ移籍し、松江藩抱えの力士となった。

1821年2月場所、「槇ノ嶌」の四股名で幕下から初土俵を踏む。1824年10月場所で新入幕を果たすと同時に「稲妻」に改名すると、その場所では7勝1預2休の好成績を挙げ、1825年1月場所では小結に昇進する。その後もトントン拍子に出世していき、1827年には大関へ昇進した。看板大関ではなく、平幕1場所・小結2場所・関脇3場所を務めた後の大関昇進は異例の速さで、雷電爲右エ門をも凌ぐほどである。

1828年に京都・五条家から紫の廻しと注連縄、1829年には吉田司家から横綱免許を授与された。これによって両者の間で紛争が起きたが、徳川家斉の上覧相撲に際して阿武松緑之助とともに横綱土俵入りを披露する必要が生じたため、最終的には吉田司家側が折れる形で決着が付き、1830年には横綱免許が正式に授与された。その後は阿武松緑之助と競い合って江戸時代後期の相撲黄金時代を築き上げ、当時の川柳には

  • 雷電と 稲妻雲の 抱えなり
  • 稲妻は もう雷電に なる下地

などと詠まれ、雷電と比較されるほどの強豪力士だったことが伝わる。

現役引退後は雲州相撲の頭取を務めたが、藩財政緊縮の動きの中で抱えの力士が減少したため、大きな任務が無いまま終わった。一方で力士の粗暴を戒め、精神の鍛錬を進めた「相撲訓」を著し、死去する直前の辞世では「稲妻の 去り行く空や 秋の風」と残すほどの風流人だったといわれる。墓は、原宿の日蓮宗妙円寺(渋谷区神宮前)に存在する[2]

人物[編集]

怪力で知られ、銭が山ほど詰まった重い火鉢を片手で持ち上げ、煙管の火を着けるほどだったと言われる(エピソードを参照)。引退後の1859年に、神祇管領から「ゆうだすき」という白い麻綱を送られ、横綱の一種と解して三つの横綱免許を持つ唯一の力士とする見方もある。

エピソード[編集]

  • ある時、青山にあった質屋が、普通の人では両手を使っても持ち上がらない唐金製の火鉢の底に、天保銭10貫(100枚)を隠して埋めた。今日ばかりはいつものようにはいくまいという家人の視線をよそに、稲妻が火鉢を左手に取って、空いている右手のキセルに火を吸い付ける様子は、人が普通にタバコ盆を扱うのと変わりがなかった。その怪力に驚嘆した質屋は、その天保銭入り火鉢をそのまま稲妻へ贈ったという。
  • 五条家から横綱免許を授与された時に宮中へ召され、仁孝天皇が御簾の中から見たが、頂戴した清酒4斗樽2駄(200kg)を両手に下げたまま静かに後ずさりして階を降りたと伝わる。
  • 山咲トオルは、稲妻雷五郎の玄孫にあたる。[要出典]

主な成績[編集]

  • 幕内在位:25場所
  • 幕内通算成績:130勝13敗14分3預1無73休 勝率.909
  • 優勝相当成績:10回

脚注[編集]

  1. ^ 生年には1795年1798年という説も存在する。
  2. ^ 東京ふる里文庫11 東京にふる里をつくる会編 『渋谷区の歴史』 名著出版 昭和53年9月30日発行 p220

関連項目[編集]