不知火光右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
不知火 光右衛門 Sumo pictogram.svg
Shiranui and Kimenzan.gif
不知火(中央左)の構えは現在の雲龍型である
(中央右は鬼面山谷五郎
基礎情報
四股名 不知火 光右衛門
本名 近久(旧姓:原野) 峰松
生年月日 1825年4月20日
没年月日 (1879-02-24) 1879年2月24日(53歳没)
出身 肥後国菊池郡陣内村
(現:熊本県菊池郡大津町)
身長 177cm
体重 120kg
BMI 38.30
所属部屋 湊部屋(大坂)→境川部屋(東京)
得意技 右四つ、寄り
成績
現在の番付 引退
最高位 第11代横綱
幕内戦歴 119勝35敗15分9預77休
優勝 優勝相当成績3回
データ
初土俵 1850年11月場所(二段目)
入幕 1856年11月場所
引退 1869年11月場所
備考
2013年6月9日現在

不知火 光右衛門(しらぬい みつえもん(こうえもん)、1825年4月20日文政8年3月3日) - 1879年明治12年)2月24日)は、肥後国菊池郡陣内村(現:熊本県菊池郡大津町)出身の元大相撲力士。本名は近久(旧姓:原野) 峰松(ちかひさ みねまつ)。

なお、光右衛門が生まれる約20年前に亡くなった大関力士(本姓:平野)も「不知火光右衛門」を名乗っていた(1775年安永4年) - 1804年8月19日文化元年7月14日))。ここでは後に第11代横綱に昇進した不知火光右衛門について記述する。

来歴[編集]

1825年肥後国菊池郡陣内村で農家を営む家に二男として生まれる。祖父の原野儀右衛門は土地相撲の大関を務め、峰松も16歳の時に祖父と同じ土地相撲に加入した。同郷の力士である不知火諾右衛門の弟子となり、大阪相撲での修行を経て江戸に出て、境川部屋門下となる。境川部屋から1850年11月場所に殿(しんがり) 峯五郎の四股名で初土俵を踏む。その後は熊本藩の抱え力士となり、1856年11月場所で新入幕を果たし、翌年に「不知火 光右衛門」と改名した。

1862年3月場所で大関に昇進すると、この場所に発生した「小柳殺し」(前頭小柳平助殺害事件)によって出場を辞退するが、翌年3月場所で吉田司家から横綱免許を授与された。1866年4月場所4日目に足取り名人として有名だった両國梶之助(伊勢ヶ濱)の足を取って勝利した際は、花柳界で「足を取る相撲上手の両國関も足を取られてすってんころりん」と唄われた。

1869年11月場所(全休)を最後に現役を引退した。引退後は古巣・大阪相撲へ戻って下の名を「諾右衛門」と改名、1870年から3年に渡って横綱土俵入りのみを披露した。現役中から行っていた横綱土俵入りが「白鶴の翼を張れる如し」と形容される程に見事だったためと伝わる。また、年寄・不知火(初代)を襲名した。1879年2月24日に死去、53歳没。

エピソード[編集]

  • 「不知火」という力士は江戸時代末期には複数存在する。この項目で述べた光右衛門は第11代横綱だが、光右衛門と同じ肥後国出身の第8代横綱・不知火諾右衛門や、筑前国嘉麻郡(現:嘉麻市)出身の不知火光五郎(あまりの強さに毒殺されたと言われる)と混同されがちである。
  • 横綱土俵入りのうち、雲龍型の考案者と言われているが、これは雲龍型と不知火型の名前が何らかの理由で途中で入れ替わったとする通説によるが、不知火と第10代横綱・雲龍久吉の横綱土俵入りがあまりにも立派だったため、後世になって名前が残されたとの見方がある(雲龍久吉を参照)。
  • 同期の第12代横綱・陣幕久五郎とは、平幕からの対戦で13敗2分と1勝も出来ずに苦戦していた。

主な成績[編集]

  • 通算幕内成績:119勝35敗15分9預77休 勝率.773
  • 通算幕内在位:27場所
  • 優勝相当成績:3回

場所別成績[編集]

江戸相撲の本場所のみを示す。

場所 地位 成績 備考
嘉永3年(1850年)11月場所 西二段目36
嘉永4年(1851年)2月場所 西二段目37
嘉永4年(1851年)11月場所 西二段目39
嘉永5年(1852年)2月場所 西二段目39
嘉永5年(1852年)11月場所 西二段目34
嘉永6年(1853年)2月場所 西二段目31
嘉永6年(1853年)11月場所 西二段目28
嘉永7年(1854年)2月場所 西二段目18
嘉永7年(1854年)11月場所 東二段目9 7勝1敗1預1休
安政2年(1855年)2月場所 東二段目8 興行中止
安政3年(1856年)1月場所 東二段目8 5勝2敗1預2休
安政3年(1856年)11月場所 西前頭7 5勝0敗1預4休
安政4年(1857年)1月場所 西前頭6 2勝2敗2分2預
安政4年(1857年)11月場所 西前頭4 4勝2敗1分2預1休
安政5年(1858年)1月場所 西前頭3 5勝2敗1分2休
安政5年(1858年)11月場所 西前頭1 興行中止
安政6年(1859年)1月場所 西関脇 4勝2敗2分1預1休
安政6年(1859年)11月場所 西小結 6勝1敗1分2休
安政7年(1860年)2月場所 西小結 8勝0敗1分1休 優勝相当
万延元年(1860年)10月場所 西関脇 3勝3敗1休
万延2年(1861年)2月場所 西関脇 4勝2敗4休
文久元年(1861年)10月場所 西関脇 6勝1敗1預2休
文久2年(1862年)2月場所 西大関 4勝1敗1分4休
文久2年(1862年)11月場所 西大関 5勝3敗1分1休
文久3年(1863年)7月場所 西大関 4勝2敗1預3休 場所後10月に横綱免許
文久3年(1863年)11月場所 西大関 9休
元治元年(1864年)4月場所 西大関 7勝1敗2休 優勝相当(2)
元治元年(1864年)10月場所 西大関 7勝0敗1分1預1休 優勝相当(3)
元治2年(1865年)2月場所 西大関 1勝0敗1分8休
慶應元年(1865年)11月場所 西大関 6勝1敗2分1休
慶應2年(1866年)3月場所 西大関 6勝2敗2休
慶應2年(1866年)11月場所 東大関 6勝1敗3休
慶應3年(1867年)3月場所 東大関 7勝1敗2休
慶應3年(1867年)11月場所 東大関 2勝2敗1分5休
慶應4年(1868年)5月場所 東大関 6勝1敗3休
明治元年(1868年)11月場所 東大関 5勝3敗2休
明治2年(1869年)3月場所 東大関 6勝2敗2休
明治2年(1969年)11月場所 東大関 10休 引退

関連項目[編集]