鬼面山谷五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
鬼面山 谷五郎 Sumo pictogram.svg
Shiranui and Kimenzan.gif
鬼面山(中央右)と不知火光右衛門(中央左)の
横綱土俵入り
基礎情報
四股名 鬼面山 谷五郎
本名 田中 新一
愛称 阿波四天王・幕末四強
生年月日 1826年
没年月日 1871年9月7日
出身 美濃国鷲巣村
(現:岐阜県養老町
身長 188cm
体重 140kg
BMI 39.61
所属部屋 武隈部屋
得意技 右四つ、寄り、上手投げ
成績
現在の番付 引退
最高位 第13代横綱
幕内戦歴 143勝24敗16分8預63休(27場所)
優勝 優勝相当成績7回
データ
初土俵 1852年2月場所
入幕 1857年1月場所
引退 1870年11月場所
備考
2013年6月9日現在

鬼面山 谷五郎(きめんざん たにごろう、1826年文政9年) - 1871年9月7日明治4年7月23日))は、美濃国鷲巣村(現・岐阜県養老町)出身の元大相撲力士。第13代横綱。本名は田中 新一(たなか しんいち)。

来歴[編集]

1826年に、美濃国鷲巣村(現:岐阜県養老町)で農家を営む家に生まれる。を運ぶ人足として奉公に出ているうちに力量が増し、武隈部屋に入門した。1852年2月場所で濱碇の四股名で初土俵を踏むと、1853年2月場所で弥高山へ改名、1857年1月場所で新入幕を果たし、「鬼面山 谷五郎」に改名した。この頃に徳島藩の抱え力士として、陣幕久五郎・大鳴戸灘右衛門・虹ヶ嶽杣右衛門と共に「阿波の四天王」と称された。しかし、その後に陣幕が松江藩薩摩藩の順に鞍替えしたため、1867年4月場所7日目の対陣幕久五郎戦は「遺恨試合」のような様相を呈した(陣幕久五郎を参照)。また、1865年11月場所3日目に前頭・両国梶之助(伊勢ヶ濱)との取組が行われたが、仕切り直しが二時間ほど続いた後に痛み分けとなる事態が発生した(後に「仕切り返し」と呼ばれる大一番)。

1869年2月場所で吉田司家から明治時代で最初となる横綱免許が授与されたが、既に43歳と高齢で、これは歴代横綱の中で2013年現在でも最高齢である。そのせいか横綱としては長く土俵を務められず、1870年11月場所限りで現役を引退した。横綱の特権として一代年寄「鬼面山谷五郎」が贈られるも、引退から1年も経たない1871年9月7日(明治4年7月23日)に死去、46歳没。墓は埼玉県狭山市の徳林寺に墓所(子孫は武隈家を称する)があるほか、出身地である養老町鷲巣に鬼面山谷五郎生誕地を示す碑が建立されている。

エピソード[編集]

  • 温厚な人柄で、風貌には古武士の風格を漂わせていたと伝わる。「敗戦が怖くて仕掛けないのは常道ではない」というのが信条だったため、取り零しもあったが「勝負は時の運」として意に介さなかった。女性を近付けず酒は呑まずと伝わるが、妻子持ちだったと記録されている。稽古上がりにアサリを二百文買ってはちゃんこをするのが何よりの楽しみだったという。
  • 右上の写真では綱を締めた姿で両腕を広げ、太刀持ちも従えている。これが横綱土俵入りのせり上がりの姿を再現したものならば、少なくとも現在でいう「不知火型」となり、向かって左側にいる不知火光右衛門が現在の「雲龍型」の構えを示している。太刀山峯右エ門(現在の「不知火型」)の伝記にも「鬼面山の式に拠れる土俵入を為し」と記されている上、太刀山本人も「雲龍の型」と発言しており、この写真は現在の「雲龍型」「不知火型」の呼称が逆転していることを示すものとされる。

主な成績[編集]

  • 通算幕内成績:143勝24敗16分8預63休 勝率.856
  • 幕内在位:27場所
  • 優勝相当成績:7回

場所別成績[編集]

江戸相撲の本場所のみを示す。

場所 地位 成績 備考
嘉永5年(1852年)2月場所 東二段目20
嘉永5年(1852年)11月場所 東二段目14
嘉永6年(1853年)2月場所 東二段目11
嘉永6年(1853年)11月場所 東二段目10
嘉永7年(1854年)2月場所 東二段目11
嘉永7年(1854年)11月場所 東二段目11
安政2年(1855年)2月場所 東二段目11
安政3年(1856年)1月場所 東二段目11
安政3年(1856年)11月場所 東二段目1 6勝3敗1休
安政4年(1857年)1月場所 東前頭7 4勝3敗1休
安政4年(1857年)11月場所 東前頭4 6勝2敗2休
安政5年(1858年)1月場所 東前頭2 8勝0敗2休 優勝相当
安政5年(1858年)11月場所 東前頭1 興行中止
安政6年(1859年)1月場所 東小結 8勝0敗1預1休 優勝相当(2)
安政6年(1859年)11月場所 東小結 6勝2敗2休
安政7年(1860年)2月場所 東小結 8勝1敗1休
万延元年(1860年)10月場所 東小結 6勝0敗1休 優勝相当(3)
万延2年(1861年)2月場所 東小結 3勝1敗1預5休
文久元年(1861年)10月場所 東小結 6勝1敗3休
文久2年(1862年)2月場所 東小結 6勝1敗1分2休
文久2年(1862年)11月場所 東関脇 6勝3敗1休
文久3年(1863年)7月場所 東関脇 7勝0敗1分1預1休 優勝相当(4)
文久3年(1863年)11月場所 東関脇 7勝0敗2分 優勝相当(5)
元治元年(1864年)4月場所 東関脇 5勝0敗2分3休
元治元年(1864年)10月場所 東関脇 5勝3敗2休
元治2年(1865年)2月場所 東関脇 5勝2敗1預2休
慶應元年(1865年)11月場所 東大関 4勝0敗3分1預2休
慶應2年(1866年)3月場所 東大関 7勝0敗1分1預1休 優勝相当(6)
慶應2年(1866年)11月場所 不出場
慶應3年(1867年)3月場所 東小結格張出 5勝0敗3分1預1休
慶應3年(1867年)11月場所 東小結格張出 4勝0敗1分5休
慶應4年(1868年)5月場所 西大関 1勝2敗1預6休
明治元年(1868年)11月場所 西大関 9勝0敗1休 優勝相当(7)
翌年2月に横綱免許
明治2年(1869年)3月場所 西大関 7勝2敗1休
明治2年(1869年)11月場所 西大関 6勝0敗2分2休
明治3年(1870年)3月場所 西大関 4勝1敗5休
明治3年(1870年)11月場所 西大関 10休 引退

関連項目[編集]