藤原こう子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「藤原媓子」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

藤原 媓子(ふじわら の こうし/てるこ)、天暦元年(947年) - 天元2年6月3日979年6月29日))は平安時代中期、関白藤原兼通の長女。母は有明親王醍醐天皇皇子)の王女・昭子女王。ただし元平親王(陽成天皇皇子)の王女との説もある。円融天皇中宮。別名に堀河中宮

生涯[編集]

天禄3年(972年)父兼通が関白に就任。同4年(973年)2月円融天皇に入内。同年4月女御宣下を受け、さらに7月中宮に冊立される。貞元2年(977年)父兼通が薨去。天元2年(979年)33歳で崩御。

大鏡」によれば、幼少の頃は父兼通に省みられなかったが優れた人柄であったといい[1]、また兼通には他に適齢の娘もいなかったことから、当時としては遅い27歳で入内した。なお、当時「中継ぎ」とみなされていた円融天皇への娘の入内を多くの貴族がためらった中で兼通だけが天皇の元服後程なく入内させたこと、円融天皇の同母妹であった選子内親王を兼通が自邸の堀河殿に引き取って昭子女王・媓子母娘が養育したとされる[2]ところは注目される[3]

夫円融天皇より12歳も年上ながら、夫婦仲は睦まじかったらしい[4]が子女には恵まれず、また父兼通の死後は有力な後見を失い、立后からわずか6年で崩御した。その結果空いた中宮位を巡って、藤原頼忠の娘の遵子藤原兼家の娘の詮子が争うこととなる。

脚注[編集]

  1. ^ 時折稲荷社に参詣して父に省みられるように祈ったという。
  2. ^ 所京子「大斎院選子の仏教信仰」『斎王和歌文学の史的研究』国書刊行会、1989年(初出は1984年)
  3. ^ 栗山圭子「兼通政権の前提-外戚と後見」服藤早苗 編『平安朝の女性と政治文化 宮廷・生活・ジェンダー』(明石書店、2017年) P128-134
  4. ^ 葬送のあした、円融天皇が詠んだという「思ひかね眺めしかども鳥辺山 果てはけぶりも見えずなりにき」の和歌が伝わっている。