神居古潭駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神居古潭駅
旧神居古潭駅
旧神居古潭駅
かむいこたん
Kamuikotan
納内 (5.8km)
(8.9km) 伊納
所在地 北海道旭川市神居古潭
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 函館本線
キロ程 406.1km(函館起点)
電報略号 コタ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1901年明治34年)12月5日
廃止年月日 1969年昭和44年)10月1日[1]
備考 旭川 - 滝川間の電化・複線化に伴い廃駅
テンプレートを表示

神居古潭駅(かむいこたんえき)は、かつて北海道旭川市神居古潭にあった日本国有鉄道(国鉄)函館本線[1]1969年(昭和44年)10月1日旭川駅 - 滝川駅間の電化複線化に伴う納内駅 - 伊納駅間の線路付け替えにより、旧線上にあった当駅は廃駅となった[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

地上駅で、相対式ホーム2面2線を有していた。

旧駅舎は1989年平成元年)に復元され、サイクリングロードの休憩所として利用されている。1991年(平成3年)には旭川市の指定文化財有形文化財/建造物)となっている。

駅構内には蒸気機関車3両 (29638D51 6C57 201) が静態保存されている。C57 201 はC57形のラストナンバー機である。

駅周辺[編集]

線路跡は旭川サイクリングロードに転用されている。

  • 石狩川
  • 神居岩
  • 旧・旭川市神居古潭小中学校(廃校)

アクセス[編集]

札幌・深川方面からは、国道12号の神居古潭トンネル直前の交差点で左側の旧国道に左折。商店付近にある釣り橋(神居大橋)を渡った石狩川の対岸にある。

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
函館本線
納内駅 - 神居古潭駅 - (春志内信号場) - 伊納駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d “蒸気機関車と同じ運命 電化で姿消す神居古潭駅”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1969年9月22日)
  2. ^ 旭川新聞、1932年11月6日付

関連項目[編集]

外部リンク[編集]