石川陽生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 石川陽生 七段
名前 石川陽生
生年月日 (1963-03-05) 1963年3月5日(54歳)
プロ入り年月日 1986年5月14日(23歳)
棋士番号 177
出身地 東京都新宿区
師匠 高田丈資
段位 七段
戦績
2014年5月30日現在

石川 陽生(いしかわ あきお、1963年3月5日 - )は、将棋棋士棋士番号は177。東京都新宿区出身。高田丈資七段門下。

棋歴[編集]

奨励会二段の頃、第5回(1982年度)「若駒戦」の決勝(東西決戦)で有森浩三に勝って優勝。同棋戦では翌年も決勝進出している(神崎健二に敗れ、準優勝)。

第44期(2003年度)王位戦の予選で中原誠深浦康市に勝ってリーグ入りする活躍。リーグでは1勝に留まり、残留失敗。

第56回(2006年度)NHK杯戦では、阿久津主税森下卓に勝ち、ベスト16入り。

第73期順位戦C級2組で3勝7敗に終わり、降級点3となりフリークラスに編入となった。

棋風[編集]

振り飛車党である。

三間飛車美濃囲いにすることが多い。また、相手が振り飛車の場合、自分も振って相振り飛車にする。

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照(ただし、四段昇段は旧規定)。

  • 1977年 6級 = 奨励会入会
  • 1980年 初段
  • 1986年5月14日 四段 = プロ入り
  • 1991年7月16日 五段(勝数規定)
  • 1998年7月30日 六段(勝数規定)
  • 2007年10月23日 七段(勝数規定)

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]