猫のテブクロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
猫のテブクロ
筋肉少女帯スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
ハードロック
プログレッシブ・ロック
時間
レーベル TOY'S FACTORY
プロデュース 是永巧一白井良明
チャート最高順位
  • 週間6位(オリコン
  • 週間116位(再発・オリコン)
筋肉少女帯 年表
SISTER STRAWBERRY
1988年
猫のテブクロ
(1989年)
筋肉少女帯 ナゴム全曲集
1990年
テンプレートを表示

猫のテブクロ』(ねこのテブクロ)は、筋肉少女帯の3枚目のアルバム

解説[編集]

三柴江戸蔵が脱退しバンドはサウンドの要を失うが、代わりにインディーズ時代に筋少のギターも担当した事がある本城聡章と元AROUGEのギタリスト橘高文彦が加入する。セールス的には折からのバンド・ブームなどもあって大成功し、筋少史上歴代1位の売り上げ枚数となった。

リマスタリングが施され、2009年8月19日に再発売された。

6曲目の「Go! Go! Go! Hiking Bus 〜Casino Royale〜, 〜The Longest Day〜」、曲の大部分はバートバカラック作曲の「カジノロワイヤル」の替え歌である。最後に口笛でエルマーバーンスタイン作曲の「大脱走マーチ」が収録されている。クレジットには「The Longest Day」「作曲:ポールアンカ」と記載されている。

収録曲 [編集]

  1. 星と黒ネコ
    作曲:筋肉少女帯
  2. これでいいのだ
    作詞:大槻ケンヂ / 作曲:内田雄一郎 / 編曲:筋肉少女帯
  3. 日本印度化計画
    作詞・作曲:大槻ケンヂ / 編曲:筋肉少女帯
    1989年チェリオコーポレーションチェリオ」CF曲。CFでは「俺にチェリオを飲ませろ」と歌詞を変更している。
    2012年テレビ東京系「ピラメキーノ」挿入曲。
  4. 星の夜のボート
    作詞:大槻ケンヂ / 作曲:内田雄一郎 / 編曲:筋肉少女帯
  5. Picnic at Fire Mountain 〜Dream on James, You're Winning〜
    作詞:大槻ケンヂ / 作曲:バート・バカラック, ポール・アンカ / 編曲:筋肉少女帯
  6. Go! Go! Go! Hiking Bus 〜Casino Royale〜, 〜The Longest Day〜
    作詞:大槻ケンヂ / 作曲:バート・バカラック, ポール・アンカ / 編曲:筋肉少女帯
  7. 最期の遠足
    作詞:大槻ケンヂ / 作曲:内田雄一郎 / 編曲:筋肉少女帯
  8. 月とテブクロ
    作詞:大槻ケンヂ / 作曲:内田雄一郎 / 編曲:筋肉少女帯

演奏者[編集]