橘高文彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
橘高 文彦
生誕 (1965-12-27) 1965年12月27日(51歳)
出身地 日本の旗 日本,大阪府枚方市
学歴 立教高等学校
(現・立教新座高等学校)
ジャンル ヘヴィメタル
ハードロック
職業 ギタリスト
作曲家
音楽プロデューサー
担当楽器 ギター
活動期間 1981年 -
共同作業者 AROUGE
筋肉少女帯
X.Y.Z.→A
公式サイト 橘高文彦オフィシャルサイト
著名使用楽器
Gibson Flying V
Caparison FKV
マイケル・シェンカー
山本恭司
キッス

橘高 文彦(きつたか ふみひこ、1965年12月27日 - )は、大阪府枚方市出身のギタリスト作曲家音楽プロデューサー

1984年ヘヴィメタルギタリストとしてデビューし、以後、様々なバンドを渡り歩く。現在加入し活動しているバンドは、筋肉少女帯X.Y.Z.→A大槻ケンヂと橘高文彦(ユニット)の3組である。

家族構成は妻と3人の男児の5人家族である。実兄の橘高正彦競技麻雀のプロ雀士である。

来歴[編集]

1980年、中学2年生の3学期に上京。渋谷区立松濤中学校立教高等学校(現・立教新座高等学校)卒業。

1983年ヘヴィメタルバンドSLEAZY LUSTER(スリージー・ラスター)」結成。

1984年、バンド名を「AROUGE(アルージュ)」と改名し、ギタリストとしてメジャーデビューする。デビューアルバム「AROUGE ~暴逆の貴公子~」においてはギタリストとしてのみならずセルフプロデュースも行った。1986年、「AROUGE」解散。

1988年録音スタジオにてアルバイトしていた頃、「筋肉少女帯ボーカル大槻ケンヂから電話にて加入の誘いを受ける[1]。当時の筋肉少女帯はギタリスト加藤卓之の1988年ツアー途中での脱退後、横関敦が2ndアルバム発売後のツアー終了(1989年2月)までの期間限定契約でサポートとして参加しており、正規メンバーとしてのギタリストを探していた。

1989年、オーディションを経て筋肉少女帯に第22期メンバーとして加入。当初、橘高はピアニスト三柴理と共にプレイ出来ると思っていたが、彼のオーディションが行われた同日夜のミーティングにて三柴がツアー最終日での脱退を表明[2]。後に「三柴君と一緒にやれると思っていたら、彼が辞めちゃって」と語っている。その後、在籍期間中は編曲と共にサウンドプローデュースも行い、バンドの発展に貢献する。

1994年、ソロ活動に際し、橘高、齋藤哲也、秦野猛行をキーメンバーとしたバンド「Euphoria(ユーフォリア)」を結成。ユニバーサルビクターよりアルバム1枚をリリースし、ライヴ活動も行った。

1999年、前年にドラマーの太田明が脱退をした事、リーダーの大槻ケンヂがメンバーの一新により新たな活動をしたい旨を告げた事などを受けて脱退を決意。5月17日、脱退を表明した。また「筋肉少女帯」から脱退する直前に二井原実和佐田達彦ファンキー末吉と共に、「X.Y.Z.→A」を結成。脱退後は「X.Y.Z.→A」に身を置き、こちらでもギタリスト、サウンドプローデューサーとして活動する。なお脱退後も大槻ケンヂらとは交流があり、大槻のバンド「特撮」とは対バンライブを行ったりもしている。(「イワンのばか」など筋肉少女帯時代の曲をセッションして披露している)

2005年、デビュー20周年を記念してソロプロジェクトを始動。記念アルバム「NEVER ENDING STORY」をリリース。このアルバムは橘高が過去及び現在までに在籍したバンドのボーカル二井原実大槻ケンヂなどがゲストとして顔を揃え、最後の曲「THANK YOU 」では自らボーカルを行った。

2006年、大槻ケンヂと共に「大槻ケンヂと橘高文彦」の名でユニットを結成し、シングル「踊る赤ちゃん人間」をリリース。レコーディングとその年の7月に行ったライブにて念願の三柴理と競演を果たした。またライブのゲストに筋肉少女帯メンバーの内田雄一郎と本城聡章が登場。筋肉少女帯再結成を宣言し、大槻ケンヂと共に再加入を果たす。なお「大槻ケンヂと橘高文彦」は当初期間限定のユニットかと思われたが、現在でもライブを開催したり、イベントなどに参加してはアンプラグド形式のライブを行っている。

2010年、デビュー25周年を記念して、記念アルバム「DREAM CASTLE ~BEST OF FUMIHIKO KITSUTAKA~」をリリース。このアルバムは橘高が過去及び現在までに在籍したバンド曲のベスト盤となっており、最後の曲「夢のあとさき」ではボーカル山田晃士AROUGE)、大槻ケンヂ筋肉少女帯)、二井原実X.Y.Z.→A)、tezya(Euphoria)などがゲストとして顔を揃え、自らもボーカルを行った。

人物[編集]

音楽面ではクイーンキッス等のバンドマイケル・シェンカー山本恭司といったメロディアスな「泣き」を持つギタリストを主として、ハードロック/ヘヴィメタルから大きな影響を受けている。またレコーディングやライブではギブソン社が販売しているエレクトリックギターフライングV」をメインに使用しているが、時には台にセットした12弦ギターなども使用する(90年代初期にはジャクソン社のランディV、X.Y.Z.→A加入以降は自身のシグネイチャーモデルであるキャパリソンのフライングVを使用している)。また筋肉少女帯の4thアルバム「サーカス団パノラマ島へ帰る」ではマンドリンを演奏している。

演奏に関しては卓越した技術を持っており、タッピングやアーミング、エコノミーピッキングをほとんど行わず、オルタネイトピッキングを基本にピッキングハーモニクスを多用しながら、激しいステージ・パフォーマンスを展開するギタリストである。本人曰く「お城を建てる」ような様式美に溢れたギターソロは全キャリアを通じて不変のスタイル。しかし速弾きのみに拘泥しているわけではなく、叙情的なアコースティック・ギターによるリードや、逆にフラッシーな連譜を用いない「泣き」のロングトーンなどの起伏を織り交ぜたプレイ、スタジオ作業においてもギター・オーケストレーションを得意とするほか、パロディ・オマージュを問わず様々なジャンルが混淆する筋肉少女帯のサウンドにおいて多彩な音楽のアプローチをそつなくこなし、実質的なプロデュースを取りまとめるなど、抽斗の多いプレイヤーでもある。ギターソロは基本的に手癖的なリックをちりばめたインプロヴィゼーションによるものであるが、「詩人オウムの世界」は筋肉少女帯加入前に作曲した曲であり橘高自身にとっては思い入れがある曲で、この曲だけはきちんと譜面に起して作曲した、と語る。

衣装に関してはロングブーツ網タイツなどに加え、エナメルフリルをあしらったゴシックロリータ風の中性的な衣装を着用することが多い。しかしある日ライブの打ち上げで居酒屋で飲み会をしている最中、「橘高さんは靴下がダメです!」とファンの子に指摘された。また筋肉少女帯時代、ライブ中にメイクが崩れると、大槻の長いMCの最中に舞台の裏にサッと戻り楽屋で直していた。また再結成後に出演したNHKの歌番組においての発言によれば、「普通の橘高文彦から、ギタリストの橘高文彦になるまでにかかる時間は3時間」とのこと。

一時期、大槻ケンヂ同様ノイローゼに悩まされ、レコーディングやインタビューの待ち合わせ時間に大幅に遅刻、ないし現れないなどの「奇行」が目立った。その結果として精神的に疲弊し、一時はバンドに迷惑をかけてはいけないと脱退を決意していたが、メンバーから「一緒に頑張ってやろうぜ」と慰留された。

常々「ロックとは何か?」と自問自答などしており、よくメンバーにロックについて語っている。しかし大槻はこの事を多少疎ましく感じていたらしく、ライブの打ち上げで大槻とベースの内田雄一郎が漫画「アストロ球団」について語っていたところ、険しい顔をした橘高が近づいてきて「君達!!ロックの話をしろー!!」と叫び激怒した事件は2人を唖然とさせた。後日、楽屋で橘高が内田と共にファミコンソフトについて語っていたところ、目撃した大槻にすかさず同じセリフを言い返されたという。[3]

またライブ中、大槻がぬいぐるみをグルグルと振り回すパフォーマンスをした際、終了後に橘高は「ロックとは思えないから止めてくれないか?」と注意した。この事を予測していた大槻は「これは俺のロックとしての表現だ」と言いくるめ、橘高は腑に落ちないものの納得させられる。後日橘高は大槻に「今度はコレを振り回したら?」と別のぬいぐるみをプレゼントした。[4]

筋肉少女帯脱退後に「X.Y.Z.→A」に身を置きギタリストとして活動していく決意表明として、トレードマークだった金髪のボリュームヘアを黒髪のストレートに変え、ヴォーカルの二井原実を驚かせた。

大槻の対談集「猫対犬」にてヘヴィメタルバンド陰陽座」のリーダー瞬火は筋肉少女帯のファンで、中でも橘高が加入した後期の作品が好きだと語っており、その際大槻は「俺が猛烈に歌が巧くて、橘高がリーダーだったら筋少はメタルバンドになっていた」と述べた。

かつては上記のノイローゼのせいもあってバンド内では遅刻魔だったが、筋少再結成時の時に大槻は「橘高は昔と変わり、しっかりした大人になっていた」と語っている。

ディスコグラフィー[編集]

筋肉少女帯での作品は筋肉少女帯#作品、X.Y.Z.→Aでの作品はX.Y.Z.→A#ディスコグラフィと、それぞれ参照の事。

シングル[編集]

  1. SLEAZY LUSTER1983年自主制作カセットテープ)
    後にアルバム「AROUGE ~暴逆の貴公子~+11 RARE TRACKS」に収録
  2. ボヨヨンロック(「まんが道」シングル) (1989年4月19日
    大槻ケンヂと内田雄一郎のユニットを、橘高を含む筋肉少女帯の他のメンバー3人が「ボヨヨン1~3号」の名でサポート。要するに実態は筋肉少女帯である。[5]
  3. 踊る赤ちゃん人間 (「大槻ケンヂと橘高文彦」名義) (2006年7月20日)
    アニメN・H・Kにようこそ!」エンディングテーマ。

アルバム[編集]

  1. AROUGE 〜暴逆の貴公子〜1984年11月) - AROUGE
    2004年にリマスタリング、さらにボーナスCD付きの2枚組「AROUGE ~暴逆の貴公子~+11 RARE TRACKS」として再発。
  2. Euphoria1994年12月16日) - FUMIHIKO KITSUTAKA'S EUPHORIA
  3. NEVER ENDING STORY2005年1月16 日
    二井原実大槻ケンヂらがゲストに参加。
  4. DREAM CASTLE 〜BEST OF FUMIHIKO KITSUTAKA〜2010年10月20日

DVD[編集]

  1. 橘高文彦直伝 ハードロック・ギターの極致2004年4月20日
    ギター教則DVD。「橘高文彦 直伝 ハード・ロック・ギターの極致 BEST PRICE」として2011年9月3日廉価版発売。
  2. SACRED GARDEN ~FUMIHIKO KITSUTAKA'S EUPHORIA LIVE~2004年12月24日
  3. 大槻ケンヂと橘高文彦ライブ ザ・仲直り!~そしてその後の展開は?~筋肉少女帯 復活!? (「大槻ケンヂと橘高文彦」名義) (2006年10月27日
  4. Fumihiko Kitsutaka 25th Anniversary ~LIVE! Dream Castle~2011年4月6日

書籍[編集]

  1. 橘高文彦魅惑のハードロックギター教本1990年 立東社
  2. 100%橘高文彦1996年 シンコーミュージック
    現在この2冊は絶版のため復刊ドットコムにて復刊のリクエスト投票がなされている。

参加[編集]

  1. HEAVY METAL GUITAR BATTLE Vol.1松本孝弘&松川敏也&北島健二&橘高文彦)(1985年4月21日
    M7「FALCOM」、M8「JUSTICE OF BLACK」に個人名でギターとして参加。
  2. I STAND HERE FOR YOU大槻ケンヂソロアルバム) (1995年8月23日
    M2「モンブランケーキ」、M10「天使たちのシーン」に個人名でギターとして参加。M6「FOOLISH GO-ER 」にはEuphoriaとして参加している。
  3. Who do They think We are ? -A Tribute to Deep Purple From JapanDeep Purpleトリビュートアルバム) (1996年5月22日
    M8「Woman From Tokyo」に個人名でギターとして参加。
  4. Insula SacraBELLFAST) (2010年10月27日
    M8「Sail Under the Midnight Sun」に個人名でギターとして参加。

脚注[編集]

  1. ^ K&Bパブリッシャーズ 『筋肉少女帯自伝』P122
  2. ^ K&Bパブリッシャーズ 『筋肉少女帯自伝』P125-126
  3. ^ 大槻ケンヂ『わたくしだから』p.70-72(1998年 集英社 ISBN 4087743462
  4. ^ 大槻ケンヂ『わたくしだから』p.74-75
  5. ^ 大槻ケンヂ『わたくしだから』p.23

外部リンク[編集]