高木ブー伝説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高木ブー伝説
筋肉少女帯シングル
初出アルバム『なし
(後に『筋肉少女帯 ナゴムコレクション』に収録)』
B面 から笑う孤島の鬼
リリース
規格 EP
録音 1987年4月
Echo House
ジャンル ロック
ハードロック
パンク・ロック
プログレッシブ・ロック
時間
レーベル ナゴムレコード
作詞・作曲 大槻モヨコ(大槻ケンヂ
プロデュース 筋肉少女帯ケラ
筋肉少女帯 シングル 年表
高木ブー伝説
(1987年)
釈迦
1988年
テンプレートを表示

高木ブー伝説』(たかぎブーでんせつ)とは、筋肉少女帯がインディーズ時代の1987年7月に、ナゴムレコードより発売された自主制作盤のシングルレコードである。型番はNG-042。

解説[編集]

失恋男の様子をザ・ドリフターズのメンバーである高木ブーが演じる、(あくまで高木自身の芸風であるのだが)無能で何もしないキャラクターに喩えて作られた曲である[1]。ジャケットには漫画家上條淳士(『TO-Y』の作者)による高木ブーと大槻モヨコ(現:大槻ケンヂ)の似顔絵が描かれている。

存命中の人物を実名で登場させているにもかかわらず、このレコードは高木本人やドリフターズの所属事務所から許可を得ずに発売された。販売されるやインディーズとしては大ヒットを記録し、インディーズチャートにおいてTHE BLUE HEARTSの『人にやさしく』などの人気曲とトップを争うこととなる[2]。しかし翌1988年初めに筋肉少女帯が『冗談画報』や『11PM』などのテレビ番組に出演した際に演奏した「高木ブー伝説」、「ドリフター」といった楽曲の歌詞について、ドリフターズの所属事務所の関係者を名乗る者から苦情の電話が寄せられ、『高木ブー伝説』は自主回収という形で販売中止となってしまう。しかし、その電話は後に悪戯と発覚する。

その直後、筋肉少女帯はメジャーデビューに際して「高木ブー伝説」をトイズファクトリーに再録音したが、今度はドリフターズの所属事務所から正式な抗議が来てしまい、ファーストアルバム『仏陀L』には収録されず、結局お蔵入りとなった[3](このテイクは後の1993年にシングルベスト『筋少の大水銀』に「高木ブー伝説」として収録された)。

1989年、この一件を聞きつけた高木ブー本人からの許可により、ようやくメジャーでの発売が決定。改めて録音し直され、12月5日に『元祖高木ブー伝説』としてリリースされた(詳細は『元祖高木ブー伝説』の項目を参照)。

備考[編集]

  • 上記の影響からか、1990年1月に発売された筋肉少女帯のインディーズ時代のベストアルバム『筋肉少女帯 ナゴム全曲集』には本盤B面の「から笑う孤島の鬼」は収録されているものの、「高木ブー伝説」は収録されなかった(しかし、2006年6月に発売された『筋肉少女帯 ナゴムコレクション』には収録されている)。
  • このEPは歌詞カードが付いていない。
  • 自主回収後、高木から許可を得るまでの間はライヴやテレビ番組においてこの曲を演奏する場合、歌詞の「高木ブー」の部分をすべて「鼻血ブー」に変更し、タイトルも『鼻血ブー伝説』としていた。また、「鼻血ブー」以外のバリエーションもあった。
  • iTunesにて、本作とアルバム『とろろの脳髄伝説』『ノゾミ・カナエ・タマエ』のナゴムレコード在籍時代の3作が、デジタル・リマスタリングを施し2014年9月から配信されていた(ただし『ノゾミ・カナエ・タマエ』に関しては、4曲目「ドリフター」のみ、歌詞の問題からか配信されていない。)が、現在は配信されていない。

収録曲[編集]

  1. 高木ブー伝説
    (作詞,作曲:大槻モヨコ)
  2. から笑う孤島の鬼
    (作詞:大槻モヨコ / 作曲:ユウ(現:内田雄一郎))

演奏者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大槻ケンヂ『のほほん雑記帳』(角川文庫) P.85
  2. ^ 大槻ケンヂのオールナイトニッポン』1988年10月5日放送分[出典無効]
  3. ^ シングルベスト『筋少の大水銀』 ブックレットP.16