エリーゼのために (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エリーゼのために
筋肉少女帯スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
ハードロック
ヘヴィメタル
プログレッシブ・ロック
時間
レーベル TOY'S FACTORY
プロデュース 佐久間正英
チャート最高順位
  • 週間17位(オリコン
  • 週間149位(再発・オリコン)
筋肉少女帯 年表
筋少の大車輪
(1992年)
エリーゼのために
(1992年)
UFOと恋人
1993年
テンプレートを表示

エリーゼのために』(えりーぜのために)は、筋肉少女帯の7枚目のアルバム

解説 [編集]

タイトルにある「エリーゼ」とは当時大槻ケンヂが付き合っていた自殺志願の女性の事で、何度もリストカットを繰り返す彼女のために大槻が「生きてあげようかな」の歌詞を書いたのがきっかけとなっている[1]。しかし彼女のリストカットは止まらず、自身の無力さを痛感したと大槻は語っている。

サウンド面では本城聡章がこのアルバムより作曲に参加している。

リマスタリングが施され、2009年9月16日に再発売された。

収録曲 [編集]

  1. 人生は大車輪
    (作詞:大槻ケンヂ / 作曲:大槻ケンヂ,本城聡章,筋肉少女帯 / 編曲:筋肉少女帯)
  2. 世界の果て~江戸川乱歩に~
    (作詞:大槻ケンヂ / 作曲:本城聡章,筋肉少女帯 / 編曲:筋肉少女帯)
  3. ソウルコックリさん
    (作詞:大槻ケンヂ / 作曲:大槻ケンヂ,本城聡章,筋肉少女帯 / 編曲:筋肉少女帯)
  4. 戦え!何を!?人生を!
    (作詞:大槻ケンヂ / 作曲:筋肉少女帯 / 編曲:筋肉少女帯)
    「氷の世界」のカップリング曲。
  5. じーさんはいい塩梅
    (作詞:大槻ケンヂ / 作曲:本城聡章,筋肉少女帯 / 編曲:筋肉少女帯,佐久間正英)
  6. 生きてあげようかな
    (作詞:大槻ケンヂ / 作曲:本城聡章,筋肉少女帯 / 編曲:筋肉少女帯)
  7. スラッシュ禅問答
    (作詞:大槻ケンヂ / 作曲:橘高文彦,筋肉少女帯 / 編曲:筋肉少女帯)
  8. 妄想の男
    (作詞:大槻ケンヂ / 作曲:本城聡章,筋肉少女帯 / 編曲:筋肉少女帯)
  9. 悲しくて御免なさい
    (作詞:大槻ケンヂ / 作曲:内田雄一郎,筋肉少女帯 / 編曲:筋肉少女帯)
  10. 新興宗教オレ教
    (作詞:大槻ケンヂ / 作曲:大槻ケンヂ,筋肉少女帯 / 編曲:筋肉少女帯)
  11. 愛のリビドー(性的衝動)
    (作詞:大槻ケンヂ / 作曲:橘高文彦,筋肉少女帯 / 編曲:筋肉少女帯)

演奏者 [編集]

  • 大槻ケンヂ - ボーカル
  • 橘高文彦 - ギター
  • 本城聡章 - ギター
  • 内田雄一郎 - ベース
  • 太田明 - ドラム
  • 秦野猛行 - キーボード(ゲスト)
  • 安紀 - コーラス(ゲスト)

脚注[編集]

  1. ^ 大槻ケンヂ『わたくしだから』(集英社)p.133-135