釈迦 (筋肉少女帯の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
釈迦
筋肉少女帯シングル
初出アルバム『仏陀L
B面 なし
リリース
規格 EP
ジャンル ロック
ハードロック
パンク・ロック
プログレッシブ・ロック
時間
レーベル トイズファクトリー
作詞・作曲 大槻ケンヂ内田雄一郎
チャート最高順位
筋肉少女帯 シングル 年表
高木ブー伝説
1987年
釈迦
(1988年)
元祖高木ブー伝説
1989年
テンプレートを表示

釈迦』(しゃか)は、筋肉少女帯のメジャー1枚目のシングルシングルカット元のアルバム『仏陀L』と1988年6月21日に同時発売された。

インディーズ時代から演奏されてきた筋肉少女帯の代表曲であり、ライブの定番曲でもある。

概要[編集]

筋肉少女帯がメジャーデビュー後に発売した唯一のシングルレコードであり、CD盤は出なかった(異例にも1曲のみの収録で、B面はツルツルである)。シングル盤はすぐに廃盤となり、存在もあまり知られることはなかった[1]

ちなみにシングル盤は『仏陀L』収録バージョンと間奏部分のアレンジが微妙に異なっており、1993年に発売されたシングルベスト『筋少の大水銀』には「シングルバージョン」としてこの曲が収録されている。

インディーズ時代に発表された別テイクの『釈迦』(1984年)および『釈迦~とろろの脳髄』(1985年)は『筋肉少女帯 ナゴムコレクション』に収録された。また結成10周年の1992年にはメジャー盤を新録した『大釈迦』が発表されている[2]

収録曲[編集]

  • 釈迦
    (作詞:大槻ケンヂ / 作曲:大槻ケンヂ, 内田雄一郎 / 編曲:筋肉少女帯)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ シングルベスト『筋少の大水銀』 ブックレットP.16
  2. ^ このテイクには旧メンバーの三柴理や歴代ギタリストである石塚BERA伯広、友森昭一、関口博史、横関敦が参加している。