片町 (金沢市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 中部地方 > 石川県 > 金沢市 > 片町 (金沢市)
片町
—  町丁  —
金沢市片町(奥は犀川大橋)
片町の位置(石川県内)
片町
片町
片町の位置
座標: 北緯36度33分38.2秒 東経136度39分4.64秒 / 北緯36.560611度 東経136.6512889度 / 36.560611; 136.6512889
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Ishikawa Prefecture.svg 石川県
市町村 Flag of Kanazawa, Ishikawa.svg 金沢市
人口 (2018年(平成30年)4月1日現在)[1]
 - 計 664人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 920-0981[2]
市外局番 076 (金沢MA)[3]
ナンバープレート 金沢
スクランブル交差点になっている片町交差点
プレーゴ

片町(かたまち)は、石川県金沢市の地名で、繁華街である。現行行政地名は片町一丁目および片町二丁目。郵便番号は920-0981[2]

概要[編集]

片町は、国道157号が南北に貫き、香林坊から犀川大橋にかけての一帯を指す。金沢で最大の繁華街で多数の飲食店バークラブが軒を並べる。通りは路線バスなど交通量が多く、休日前の夜間には路側帯のない道路の1車線がタクシーで埋め尽くされるなど渋滞が発生しやすい。

片町きららプレーゴといった商業施設ホテルも隣接している。

歴史[編集]

片町の歴史は江戸時代初期に遡る。犀川は現在の本流の他に香林坊付近に支流があり、広い川原を形成していた。江戸時代初期にこの川原を埋め立てて町が作られたのが始まりで、この地域を河原町(かわらまち)と命名した。片町の名は、片側に掛け作りの家が並び、商店街を形成したことに由来している。

1889年からは金沢市の地名となり、飛躍的に発展したのが1900年代に入ってからとなる。1919年に金沢電気鉄道(後の北陸鉄道金沢市内線)が市内電車の開業、1923年に宮市百貨店(デパート店の大和の起源)が開業された。

戦後の住居表示制度により、1965年に片町二丁目(現在の国道157号の西側)、1966年に片町一丁目(現在の国道157号の東側)となり、旧町名の「片町」は消滅する。

なお、2003年8月1日には、片町二丁目の一部が金沢市による旧町名復活運動により、木倉町(きぐらまち)として町名が復活した。

町域の変遷[編集]

実施後 実施年 実施前
片町二丁目 1965年(昭和40年)9月1日[4] 上伝馬町、北長門町、木倉町、大藪小路、古寺町、裏古寺町の全部及び犀川下川除町、南長門町、十三間町、片町、横伝馬町、長町河岸、長町一番丁の各一部
片町一丁目 1966年(昭和41年)2月1日[4] 河原町の全部及び大工町、竪町、広坂通、石浦町、下柿木畠、片町、十三間町の各一部

片町商店街[編集]

香林坊交差点から犀川大橋にかけて、国道157号の歩道沿いにはアーケードが整備されている。かつてはサンロード片町という愛称で呼ばれていた商店街である。

2006年には中小企業庁の「がんばる商店街77選」において、「にぎわいあふれる商店街」として選定を受けた。

沿革[編集]

アーケード[編集]

現在の片町商店街のアーケードは1981年11月19日に竣工したもので、全長が822mになる。城下町であることからを着けた武士をイメージしたもので、明るさを取り入れながら賑わい創出も試みたものである。

片町のアーケードの歴史は、1964年から各テナントビルの所有者が自己負担で設置を始めたことに由来する。しかし、アーケードの高さにバラつきがあり、美観上評判が悪かったため、組合側が統一のアーケードの整備を進めた。

片町交差点[編集]

スクランブル交差点であり、地元でスクランブル交差点と言えばここを指す事が多く[5]、しばしば地点目標として「スクランブル」と略称される。

この交差点より国道157号の北側は6時から22時までは大型自動車マイクロバス路線バス観光バスを除く)は通行禁止となる(武蔵交差点まで)。

交通[編集]

路線バス
  • 「片町」バス停
  • 「片町中央通り」バス停
    • ローソン
      • 「富本町」方面の北陸鉄道の一般路線バス、金沢ふらっとバスの長町ルートが停車する。
    • 松田病院前
      • 「香林坊」方面または「新竪町」方面の北陸鉄道の一般路線バスが停車する。
  • 「片町・タテマチ」バス停
レンタサイクル
  • [20]「片町」ポート
    • まちのりのサイクルポートが片町きらら裏の駐輪場に設置してある。

世帯数と人口[編集]

2018年(平成30年)4月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
片町1丁目 154世帯 265人
片町2丁目 228世帯 399人
382世帯 664人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

丁目 番・番地等 小学校 中学校
片町1丁目 全域 金沢市立中央小学校 金沢市立紫錦台中学校
片町2丁目 全域

主な周辺施設[編集]

かつて存在した施設

隣接区域[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 町丁別人口・世帯数【改正後】”. 金沢市 (2018年4月1日). 2018年4月24日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年4月24日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年4月24日閲覧。
  4. ^ a b 『官報』号外第123号、昭和40年11月12日「自治省告示第156号」
  5. ^ 隣接する片町一丁目交差点もスクランブル交差点であるが、交差する道路幅員に大きな差があるため交差点であると認識する者は少ない
  6. ^ 金沢市立小中学校通学区域一覧”. 金沢市. 2018年4月24日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『片町メモリアル』 - 片町商店街振興組合編(2008年12月発行)

外部リンク[編集]