スクランブル交差点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
渋谷駅前交差点

スクランブル交差点(スクランブルこうさてん)は交差点の種類の一つである。横断歩行者自動車の交通を完全に分離する方式の歩車分離式信号機が使用される交差点である。

概要[編集]

交差点で往来する人々の様子

一般的な交差点においては、交差する交通が交互に通行するよう信号機が制御されており、たとえば十字交差点で歩行者が斜め向かい側(対角線上)に渡る場合、2回道路を横断することになる。

スクランブル交差点では、信号機標示のうち一時的に交差点へ流入する車の流れを全て止めるとともに歩行者信号がすべて青信号となる状態が設けられており、歩行者はこのときに交差点内のあらゆる方向へ自由に横断することができる。

人通りの多い繁華街の交差点において主に採用されている。

歴史[編集]

世界で最初に設置されたのはアメリカミズーリ州カンザスシティカナダバンクーバーで、1960年代にはじめられたシステムである[1]

熊本市の子飼交差点

日本におけるスクランブル交差点は日付に諸説あるが、熊本県警察史によると1968年(昭和43年)12月1日3月5日の説もあり[1])、熊本県熊本市子飼交差点が初めてとされている[1]。当時の子飼交差点は渋滞スポットで有名で、対策に頭を痛めていた熊本県警察が外国の例を参考に導入したものである[2]。T型の交差点に、熊本市電黒髪線1972年に廃止)の電停の終点が絡むという構造で、熊本大学などへの通学客と子飼商店街の買い物客が信号待ちの間に電停から溢れるという不便を解消する手段であり、十字型の交差路の歩行者の斜め移動の利便性よりも、むしろ大規模な歩車分離式信号機の先駆けといえる。しかしながら、T型交差点と電停客の全ての交通を専用信号と広大な横断歩道で賄おうとした例として、日本初のスクランブル交差点と位置付けても間違いない。熊本はあくまでも試験導入として第一号であり、本格運用が始まったのは愛知県春日井市にある藤山台交番の前の交差点という説もある[要出典]。なお、当時熊本県警察で導入に携わった担当者によると、九州管区警察学校で読んだ本に載っていたニューヨーク5番街のスクランブル交差点からヒントを得たという[3]

熊本での導入以降、福岡市、金沢市など全国6市の11か所に広がり[4]、1971年(昭和46年)4月5日からは東京都内でも世田谷区・大田区・墨田区・練馬区・調布市において小学校周辺の交差点計5か所で「スクール・スクランブル」と称して導入[4]、同月26日からは都心部でも「タウン・スクランブル」として新宿駅東口の明治通りの4か所の交差点(二幸前、富士銀行新宿支店前、紀伊国屋前、伊勢丹横)に導入された[5]。歩行者の多いことで知られる渋谷駅前交差点には、1973年(昭和48年)に導入された[6]

現在[いつ?]、日本全国で300箇所以上のスクランブル交差点がある。

日本のスクランブル交差点[編集]

日本のスクランブル交差点では、案内標識に「歩車分離式」「スクランブル式」「スクランブル信号」などと、標示においては交差点の内側方向に伸びる横断歩道が描かれたりする。

東京都渋谷駅北西側の渋谷駅前交差点(通称 渋谷のスクランブル交差点)は、日本で最大規模かつ有名なスクランブル交差点で、1回の青信号で多い時には約3000人が通行するといわれる[7]。信号の切り替わりとともに大勢の人々が一斉に歩き出す様子は、その膨大な歩行者の量から、巨大都市東京を象徴する光景として紹介されることが多く[8]訪日外国人旅行向けの観光ツアーの日程にも組まれるほどとなっている[9]

歩行者の安全と渋滞緩和という目的を果たすため、信号機の点滅間隔には、人の歩く速さ(1秒間で1メートル)・車が通りすぎる時間(2秒間で1台)・車1台が占有する道路の長さ(1台あたり6メートル)などを考慮した綿密な計算によって決定されている[2]

評価と現状[編集]

スクランブル交差点は通常の交差点よりも交通容量が小さく、車両の渋滞を招くことも多い。地方都市では、都市の衰退による歩行者の減少に比してモータリゼーションの進展により自動車交通の増加し、スクランブル式であることが交差点での交通渋滞の原因とされて、通常の信号機に戻されるケースもしばしば見られる。

幹線道路を跨いだ地域交流を密にする目的や、交差点での交通事故防止のために、スクランブル交差点の設置が要望されているところもあるが、警察などの行政が渋滞や集団行動などの問題を懸念してスクランブル化を拒むケースが多い。

人と車の交通量の少ない交差点がスクランブル化され、交通量が多く真に必要な交差点のスクランブル化が進まないケースも見られる。青信号の時間が短く、スクランブルであれば間に合うが、スクランブルではない為に間に合わず2回待たされる場合も多い

富山市では、路面電車の新規路線建設に合わせて、スクランブル交差点が消滅している。通常の交差点と比べて一回あたりの歩行者数が多いため、車両事故による被害が大きくなる可能性も高くなる面があるといえる[10]。一方で日本国外で日本のスクランブル交差点が評価されることがあり、2009年4月にはロンドンの繁華街の中心オックスフォード・サーカスにおいて「日本に倣って」スクランブル式が導入されることが発表され[11]、2009年11月2日に完成した。

2014年NTTドコモは「歩きスマホ」の事故防止およびマナー向上の取り組みとして、「渋谷の交差点で全員が『歩きスマホ』をしたらどうなるか」という内容のシミュレーションを行っている[12]

脚注[編集]

  1. ^ a b c ロム・インターナショナル(編) 2005, p. 207.
  2. ^ a b ロム・インターナショナル(編) 2005, p. 208.
  3. ^ 「熊本、まち再発見(50)子飼交差点」『熊本日日新聞(夕刊)』(第24824号、p. 2、2011年4月2日)
  4. ^ a b 朝日新聞 1971年3月16日(東京本社版) 朝刊 22面
  5. ^ 朝日新聞 1971年4月23日(東京本社版) 朝刊 3面
  6. ^ 朝日新聞 2016年3月9日 朝刊 37面
  7. ^ センター街なんでもデータ”. 渋谷センター商店街振興組合ウェブサイト. 渋谷センター商店街振興組合. 2017年7月29日閲覧。
  8. ^ センター街サイト2014年7月15日閲覧
  9. ^ 中野圭介 (2014年12月23日). “交差点も「観光地」 訪日外国人が喜ぶ意外なツボ”. 日本経済新聞. http://www.nikkei.com/article/DGXMZO81113100Z11C14A2000000/ 2014年12月28日閲覧。 
  10. ^ “スクランブル交差点に車が進入 5人死傷 浜松”. 産経デジタルウェブサイト (産経デジタル). (2015年5月2日). http://www.sankei.com/affairs/news/150502/afr1505020021-n1.html 2017年7月29日閲覧。 
  11. ^ Oxford Circus crossing redesigned」『BBC News』(2009年4月14日、2011年10月15日閲覧)
  12. ^ 佐藤仁 (2014年3月31日). “渋谷交差点で全員が「歩きスマホ」したらどうなる?:NTTドコモのシミュレーション”. InfoComニューズレター. 情報通信総合研究所. 2017年7月29日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]