野村 (石川県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
のむら
野村
廃止日 1925年4月1日
廃止理由 編入合併
野村金沢市
現在の自治体 金沢市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 石川県
石川郡
団体コード 当時存在せず
面積 6.21[1]km2.
総人口 2,694
(石川県石川郡誌(1927年)、1922年)
隣接自治体 金沢市
石川郡崎浦村内川村富樫村
野村役場
所在地 石川県石川郡野村字泉野[2]カ69番地
 表示 ウィキプロジェクト

野村(のむら)は、かつて石川県石川郡に存在した

地理[編集]

歴史[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行により平栗村、野田村、長坂新村、法島村、十一屋村、泉野村、泉野出村が合併して野村が発足[3]
  • 1924年大正13年)4月1日 - 字泉野の一部(0.21km²)を金沢市に編入[1]
  • 1925年(大正14年)4月1日 - 金沢市に編入合併。長坂新は長坂町となり、あとの6大字は金沢市の大字に継承。

地域[編集]

教育[編集]

小学校

  • 野尋常小学校[3](現・金沢市立十一屋小学校)[4]

現在の町名[編集]

住居表示実施地域

  • 長坂、若草町、平和町、緑が丘の全域と寺町、法島町、十一屋町、泉野町、泉野出町、泉が丘、長坂台、弥生、富樫、円光寺の各一部。

住居表示未実施地域

  • 野田町、長坂町、平栗。

脚注[編集]

  1. ^ a b 市域の変遷”. 金沢市. 2013年6月30日閲覧。
  2. ^ 帝国市町村便覧(1915年)P.272 - P.273”. 国立国会図書館 近代デジタルライブラリー. 2013年6月30日閲覧。
  3. ^ a b 石川県石川郡誌(1927年)P.1217”. 国立国会図書館 近代デジタルライブラリー. 2013年6月30日閲覧。
  4. ^ 学校の紹介”. 金沢市立十一屋小学校. 2013年6月30日閲覧。

関連項目[編集]