本多町 (金沢市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 石川県 > 金沢市 > 本多町
本多町
—  町丁  —
北陸放送本社
本多町の位置(石川県内)
本多町
本多町
本多町の位置
座標: 北緯36度33分28.3秒 東経136度39分37.4秒 / 北緯36.557861度 東経136.660389度 / 36.557861; 136.660389
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Ishikawa Prefecture.svg 石川県
市町村 Flag of Kanazawa, Ishikawa.svg 金沢市
校下(地区) 菊川校下
小立野校下
新竪町校下[1]
面積[2]
 - 計 0.31km2 (0.1mi2)
人口 (2018年(平成30年)4月1日現在)[3]
 - 計 1,610人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 920-0964[4]
市外局番 076 (金沢MA)[5]
ナンバープレート 金沢

本多町(ほんだまち)は、石川県金沢市町名。現行行政地名は本多町1丁目から本多町3丁目。全域で住居表示実施済み[6]

地理[編集]

金沢市役所などが位置している広坂地区に隣接しており、金沢市の文教地区として知られている。

広坂交差点から寺町五丁目交差点を結ぶ金沢市道(通称本多通り)が南北に縦貫しており、本多通りの東側には緑地帯が広がっている。また、本多町一丁目から二丁目は戦災を免れた袋小路状の路地が現在も残されている。

歴史[編集]

本多町は、加賀藩老臣である本多安房守政重の下屋敷があった地に由来する。現在、下屋敷の一部は北陸放送裏の松風閣庭園に残されている。

1889年明治22年)に金沢市が市制施行してからは金沢市の町名として採用されたが、1964年昭和39年)に住居表示制度の導入により、本多町周辺の町名・地番の整理が行われた。現在は、一部の町名を除き本多町に統一されている。

町名の変遷[編集]

実施後 実施年 実施前
本多町1丁目 1964年(昭和39年)4月1日[7] 手木町の全部及び笠舞町甲、笠舞町乙、笠舞町ホ、中欠原町、新坂町、上本多町一番丁、上本多町二番丁の各一部
本多町2丁目 中本多町一番丁、中本多町二番丁、中本多町三番丁、中本多町四番丁、中本多町欠下丁、中本多町短丁の全部及び上本多町一番丁、上本多町二番丁、中欠原町、下本多町一番丁、下本多町二番丁、下本多町五番丁の各一部
本多町3丁目 下本多町四番丁の全部及び下本多町一番丁、下本多町二番丁、下本多町三番丁、下本多町五番丁、下本多町六番丁、広坂通、茨木町、鱗町、下欠原町の各一部

世帯数と人口[編集]

2018年(平成30年)4月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[3]

丁目 世帯数 人口
本多町1丁目 398世帯 720人
本多町2丁目 299世帯 577人
本多町3丁目 172世帯 313人
869世帯 1,610人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[8]

丁目 街区 小学校 中学校
本多町1丁目 1~11 全域 金沢市立菊川町小学校 金沢市立城南中学校
12 1~19番
13 8~19番
14 全域
15 1~14番、30~45番
16~18 全域
12 20~30番 金沢市立小立野小学校 金沢市立紫錦台中学校
13 1~7番、20~26番
15 15~29番
本多町2丁目 9 1番、74番
9 2~12番、65~73番 金沢市立菊川町小学校 金沢市立城南中学校
10 全域
11 18~29番
14 6~12番
15 6~12番
16 13番、14番
1~8 全域 金沢市立新竪町小学校
9 13~64番
11 1~17番、30〜31番
12〜13 全域
14 1~5番、13~15番
15 1~5番、13~16番
16 1~12番、15~26番
17~19 全域
本多町3丁目 全域

施設[編集]

交通[編集]

バス[編集]

「本多町」バス停(金沢歌劇座側 広坂方向)
「本多町」バス停(北陸放送側 幸町・新竪方向)
「ふるさと偉人館」バス停
「本多町・歌劇座・鈴木大拙館」バス停

道路[編集]

  • 本多通り(金沢市道)

隣接区域[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 金沢市防災マップ ~校下(地区)別~ 金沢市役所、2015年6月21日閲覧。
  2. ^ 人口統計ラボ 石川県金沢市本多町1-3丁目2015年6月21日閲覧。
  3. ^ a b 町丁別人口・世帯数【改正後】”. 金沢市 (2018年4月1日). 2018年4月24日閲覧。
  4. ^ 郵便番号”. 日本郵便. 2018年4月24日閲覧。
  5. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年4月24日閲覧。
  6. ^ 住居表示地区一覧 金沢市市民局市民課、2015年6月21日閲覧。
  7. ^ 『官報』号外第70号、昭和40年6月15日「自治省告示第91号」
  8. ^ 金沢市立小中学校通学区域一覧”. 金沢市. 2018年4月24日閲覧。
  9. ^ 国指定文化財等データベース 松風閣(旧広坂御広式御対面所) - 文化庁
  10. ^ 国指定文化財等データベース 旧本多家住宅長屋門 - 文化庁

参考文献[編集]

  • 『角川日本地名大辞典 17 石川県』 - 角川書店
  • 『書府太郎 石川県大百科事典改訂版』 - 北國新聞社
  • 『金沢・町物語 町名の由来と人と事件の四百年』 - 能登印刷出版部

関連項目[編集]

外部リンク[編集]