沖縄ファミリーマート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:本社外観の画像提供をお願いします。2015年6月
株式会社沖縄ファミリーマート
Okinawa Familymart Co.,Ltd.
FamilyMart Logo (2016-).svg
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 沖縄ファミマ
本社所在地 900-0001
沖縄県那覇市港町3丁目4番18号
北緯26度14分42.5秒
東経127度40分33秒
座標: 北緯26度14分42.5秒 東経127度40分33秒
設立 1987年10月2日
業種 小売業
事業内容 コンビニエンスストアの沖縄県内におけるエリアフランチャイズ本部としてのチェーン展開
代表者 代表取締役社長 大城健一
資本金 4,900万円[1]
主要株主 株式会社リウボウ 51%
株式会社ファミリーマート 49%
外部リンク http://www.okinawa-familymart.jp/
特記事項:ユニー・ファミリーマートホールディングスとファミリーマートの持分法適用会社
テンプレートを表示

株式会社沖縄ファミリーマート(おきなわファミリーマート)は、ファミリーマートの、沖縄県担当の事業者(エリアフランチャイズ本部)であり、沖縄県内最大のコンビニチェーンである。

概要[編集]

1987年10月、西武セゾングループ傘下であった西友とリウボウ総合開発を設立するなど協力関係にあったリウボウとファミリーマートとの共同出資によって設立された[2]

2014年2月、大手コンビニチェーンとしては初の石垣島に進出したほか[3]、17年度までに総店舗数を300店とする経営計画が明らかとされている[4]。このほか2013年9月には、スタイリングライフ・ホールディングスとの提携に基づき、ミニプラの展開を県下で開始した[5]

2015年12月1日、ファミリーマートのココストア合併に伴い、県内のココストア店舗のファミマへの転換が開始され、今後1年程度のスパンで順次店舗の切り替えを進めていく方針が明らかとされている[6]

沿革[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 沖縄ファミリーマート 会社概要
  2. ^ 「沖縄県で店舗展開、ファミリーマート 那覇に直営店」『日本経済新聞』1987年12月15日
  3. ^ “沖縄ファミマ、石垣島に進出 年内10店以上めざす”. 日本経済新聞. (2014年2月20日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO67077830Z10C14A2LX0000/ 2015年12月23日閲覧。 
  4. ^ “ファミマ、3年で沖縄に300店”. 日本経済新聞. (2014年5月10日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO70973820Z00C14A5LX0000/ 2015年12月23日閲覧。 
  5. ^ “沖縄ファミマが県内で小型雑貨店 9月、百貨店リウボウに出店”. 日本経済新聞. (2013年8月12日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO58425580S3A810C1LXC000/ 2015年12月23日閲覧。 
  6. ^ “ココストアからファミリーマートに 転換第1号店オープン”. 琉球新報. (2015年12月22日). http://ryukyushimpo.jp/news/entry-192742.html 2016年1月28日閲覧。 
  7. ^ 沖縄ファミリーマート 沿革

外部リンク[編集]

SNS公式アカウント