パレモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社パレモ
Palemo Co., Ltd.
Uny.group.JPG
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 2778
2003年8月29日上場
本社所在地 日本の旗 日本
492-8680
愛知県稲沢市天池五反田町1番地
設立 1984年昭和59年)11月22日
業種 小売業
事業内容 婦人衣料・雑貨の販売
代表者 吉田 馨(代表取締役社長
資本金 12億2,925万円(以下、2016年2月期)
発行済株式総数 1,205万株
(以下、2016年2月20日現在)
売上高 273億02百万円
営業利益 1億36百万円
純利益 ▲3億13百万円
純資産 17億53百万円
総資産 104億22百万円
従業員数 181名
その他エリア社員1,811人
決算期 2月20日
主要株主 エンデバー・ユナイテッド・パートナーズ・スリー投資事業組合 62.22%
主要子会社 (株)ビックス
外部リンク http://www.palemo.co.jp/ (日本語)
テンプレートを表示

株式会社パレモ: Palemo Co., Ltd. )は、愛知県稲沢市に本社を置き、エンデバー・ユナイテッド・パートナーズ・ツー株式会社が組成するエンデバー・ユナイテッド・パートナーズ・スリー投資事業組合(東京都千代田区)の傘下で、婦人衣料雑貨の専門店を運営する企業である。

概要[編集]

大手GMS企業である、ユニーの事業多角化推進に伴い、ヤングレディース衣料の専門店として誕生した。主に、スーパーショッピングセンター内の専門店を中心に、全国に展開している。2016年2月時点において、パレモにおけるユニーのショッピングセンター内に入居するテナントとしての売上構成比は全体の約15%ほどであり、事業活動の独立性は、当時の関連会社ユニーに事実上左右されること無く確保されていた。なお、同社の主力出店先はイオングループ内であり、売上構成比全体の約28%を占めている。

社名の由来は英語で仲間を表すPAL(パル)と感動を表すEMOTION(エモーション)を組み合わせた合成語である。 企業理念は「~Doing it~」としている。

2012年(平成24年)2月21日、当時のグループ会社、鈴丹を吸収合併し、同社の店舗ブランドを引継いだ。

2016年(平成28年)9月、親会社であったユニーグループ・ホールディングス(同年9月1日付で吸収合併され、現在はユニー・ファミリーマートホールディングス)が保有していた株式(62.22%)について、投資ファンドである「エンデバー・ユナイテッド・パートナーズ・ツー」傘下のエンデバー・ユナイテッド・パートナーズ・スリー投資事業組合が、株式公開買付けを行うことを発表した。買付けは成立し、同年10月24日付で親会社がエンデバー・ユナイテッド・パートナーズ・スリー投資事業組合に異動し、ユニー・ファミリーマートホールディングス傘下から離脱した[1]。一定条件をクリアしたため、ジャスダック上場は維持されている。

沿革[編集]

  • 1981年昭和56年)
    • 2月 - ユニー株式会社運営本部内でSS(スペシャリティショップ)ギャルフィット部として事業を開始
    • 6月 - ユニー太田川店(現在は閉店)内に1号店(ギャルフィット太田川店)をオープン
  • 1982年(昭和57年)1月 - ギャルフィット事業部発足
  • 1984年(昭和59年)11月 - 株式会社パレモ設立(名古屋市中村区)
  • 1985年(昭和60年)
    • 2月 - ユニー株式会社ギャルフィット事業部から50店舗を移管し営業開始
    • 7月 - 路面店1号店(原宿店)オープン
  • 1987年(昭和62年)11月 - 東京営業本部開設
  • 1998年平成10年)2月 - 株式会社シーベレットより生活雑貨専門店を営業譲受
  • 2000年(平成12年)8月 - 本社を現在地に移転する
  • 2001年(平成13年)8月 - 大阪本部開設
  • 2003年(平成15年)8月 - ジャスダック上場
  • 2004年(平成16年)9月 - 全国47都道府県すべてに出店
  • 2005年(平成17年)8月 - 株式会社東京インセンスよりバッグ・アクセサリー専門店を営業譲受
  • 2008年(平成20年)
    • 1月 - 中国に独資による現地法人「巴麓梦服飾貿易有限公司」(上海)を設立
    • 6月 - 中国1号店上海久光百貨店内にオープン
  • 2009年(平成21年)6月 - 現地法人「巴麓梦服飾貿易有限公司」を企業売却。中国から撤退
  • 2010年(平成22年)2月 - 株式会社満喜屋と業務提携
  • 2011年(平成23年)6月 - パレモを存続会社とし、吸収消滅会社を株式会社鈴丹とする合併を決議し発表[2]
  • 2012年(平成24年)2月21日 - 株式会社鈴丹を吸収合併
  • 2016年(平成28年)10月24日 - エンデバー・ユナイテッド・パートナーズ・ツーの株式公開買付け成立に伴い、ユニーファミリーマートホールディングス傘下から離脱

店舗[編集]

店舗数[編集]

店舗ブランド[編集]

アパレル事業[編集]

パレモ系
  • GAL FIT(ギャルフィット)
  • GFC(ギャルフィットクラブ)
  • FANNAR(ファナー)
  • JUKE(ジューク)
  • DOSCH(ドスチ)
  • Jinnee(ジニー)
  • Re-j(リ ジェイ)
  • Lime Stone(ライムストーン)
  • LSC(ライムストーンクラブ)
  • Li Meduo(リメディオ)
  • BIS PAGE(ビスページ)
  • RecHerie(リシェリエ)
  • Lilou de chouchou(リルデシュシュ)
  • Daisy Mwrry(デイジーメリー)
旧鈴丹系
  • SUZUTAN(スズタン)
  • gootsin(グットシン)
  • Peak(ピーク)
  • S.I².C(エスアイツーシー)
  • NOWHERE(ナウヒア)
  • LUCCICA(ルシカ)
  • Deux VISAGES (ドゥビサージュ)
  • AZUL by moussy(アズールバイマウジー) - 株式会社バロックジャパンリミテッドのFC事業
  • FAZBEE(ファズビー)
  • Forest Heart(フォレストハート)
Lサイズを扱う下記2系列の一部は他の旧鈴丹系列店舗に併設される。
  • COVELY(カブリ)
  • su*pu*re(スプル)

雑貨事業[編集]

  • Siebelet(シーベレット)
  • Siebelet fam(シーベレット ファム)
  • Sies Garret(シーズギャレット)
  • illusie(イルーシー)
  • illusie300(イルーシー300)
  • INCENSE(インセンス)
  • 木糸土(モクシド)
  • Hare no hi(ハレノヒ)

過去存在した店舗ブランド[編集]

  • Liony(リオニー)
  • GUESS(ゲス)
  • Dolce Rosa(ドルチェローザ) / Vita Rosa(ヴィタローザ)
  • GF-21
  • ダンマリーノ
  • バツクラブ
  • LXY&PPC(ラグジー&ピーピーシー、通販事業ブランド)
  • CANDY RING(キャンディリング) - 旧鈴丹系
  • Visalia(ビサリア) - パレモ系
  • trecoure(トルクオーレ) - パレモ系
  • PALEMO PLUS(パレモプラス) - パレモ系
  • HAITI BEACH(ハイチビーチ) - パレモ系

地域事務所[編集]

関連会社[編集]

旧鈴丹系。値札の印刷及び販売、店用備品の販売及び管理・保管

配送センター[編集]

下請法違反[編集]

製造委託先の業者に支払う代金を不当に減額したり、業者に無償で発注データの入力作業をさせていたことが表面化。パレモ側の事情を聴いた上で、2012年9月20日、公正取引委員会により、下請法に基づく違反勧告がなされた。なお、同法が禁じる不当な役務要請での勧告は全国初の事例となった[3]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 親会社および筆頭株主異動のお知らせ(パレモ・ニュースリリース2016年10月18日閲覧)
  2. ^ パレモと鈴丹が2012年2月に合併(2011年6月28日付 東洋経済新報社閲覧)
  3. ^ 株式会社パレモに対する勧告について (PDF) (2012年9月21日、公取公告)