シーケー東北

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

シーケー東北株式会社(シーケーとうほく)は、青森岩手秋田の3県でコンビニエンスストアサークルKフランチャイズをしていた企業。

サークルK本体の「サークルケイ・ジャパン」(後のサークルKサンクス、現:ファミリーマート)のグループ会社。

沿革[編集]

  • 2003年3月1日 - 「サークルケイ・ノースジャパン」とコンビニエンスストア営業業務の譲渡契約を交わす。
    • サークルKの北東北エリア・フランチャイズをしていた、亀屋みなみチェーンの子会社「サークルケイ・ノースジャパン」が、コンビニエンスストア経営から撤退したため、営業業務をそのまま引き継ぐ。
    • シーケー東北本部は青森市卸町のノースジャパン本社社屋にそのまま入居し、同社を退職した全従業員70人の雇用を引き受けた。
    • 変更直後は会社交代による名義変更の影響で、直営店で酒・たばこの販売ができなくなる等の事態が生じた。
  • 2004年6月1日 - 「サークルケイ・ジャパン」に吸収合併され消滅。