那覇市立病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 那覇市立病院
Naha City Hospital.jpg
情報
英語名称 Naha City Hospital
許可病床数

470床


一般病床:470床
機能評価 一般200床以上500床未満:Ver5.0
開設者 地方独立行政法人那覇市立病院
管理者 與儀實津夫(院長)
開設年月日 1980年5月1日
所在地
902-8511
沖縄県那覇市古島2丁目31番地1
位置 北緯26度13分36秒
東経127度42分35秒
座標: 北緯26度13分36秒 東経127度42分35秒
二次医療圏 南部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

那覇市立病院(なはしりつびょういん)は、沖縄県那覇市医療機関地方独立行政法人那覇市立病院が運営する病院である。

那覇市が昭和52年より総工費83億円余り(最終的には医用機器などを含め86億円余り)を投じて市民の健康と福祉を増進するのを目的に作られた。

機関指定[編集]

上記は一部である。

沿革[編集]

  • 1975年3月 那覇市立病院建設基金条例を制定。
  • 1975年6月 市議会にて那覇市立病院設置設置特別委員会を設置。
  • 1975年11月 基本構想を病院規模500床前後、診療科目を18科とすると発表。
  • 1975年12月 那覇市土地開発公社と地主との間で施設地の売買契約を締結。
  • 1977年1月 那覇市病院事業の設置等に関する条例を制定。
  • 1977年9月 新築工事起工式。
  • 1980年1月 病院本館工事完了。
  • 1980年4月 院内保育所工事完了。
  • 1980年4月27日 落成式および開院式。
  • 1980年5月1日 開院(12科診療を開始)、看護師宿舎供用開始。
  • 1984年10月 病院2期工事(伝染病隔離病舎・救急診療所)起工式。
  • 1985年4月 那覇市救急診療所を院内に移設・診療を開始。
  • 1986年2月 増築工事および伝染病隔離病舎新築工事を完了。
  • 1986年4月 増築工事および伝染病隔離病舎落成式。
  • 1990年5月 創立10周年。
  • 1999年4月 那覇市救急診療所を廃止し、那覇市立病院急病センターを開設。
  • 2004年8月 ICU(集中治療室)開所式。
  • 2008年 地方独立行政法人(非公務員型)となる。
  • 2009年3月5日 院内にファミリーマートが開店。同社にとっては初の病院内への開店となる。
  • 2023年度 建て替えにより新病院完成予定。

アクセス[編集]

市立病院前駅

周辺[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]