市立病院前駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
市立病院前駅
市立病院前駅(2012年8月16日) 写真左が駅名の由来となった那覇市立病院
市立病院前駅(2012年8月16日)
写真左が駅名の由来となった那覇市立病院
しりつびょういんまえ
Naha City Hospital
12 古島 (0.9km)
(1.0km) 儀保 14
所在地 沖縄県那覇市字古島172-2
駅番号 13
所属事業者 沖縄都市モノレール
所属路線 沖縄都市モノレール線(ゆいレール)
キロ程 10.9km(那覇空港起点)
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
972人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 2003年平成15年)8月10日
テンプレートを表示

市立病院前駅(しりつびょういんまええき)は、沖縄県那覇市古島にある沖縄都市モノレール線(ゆいレール)のである。駅番号13

計画当時の仮称は「末吉駅(すえよしえき)」であった。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線。エスカレーター・エレベーター・那覇市立病院との連絡通路あり[2]

のりば[編集]

市立病院前駅プラットホーム
番線 路線 行先
1 沖縄都市モノレール線 首里てだこ浦西方面
2 おもろまち牧志県庁前小禄那覇空港方面

駅設備[編集]

  • コインロッカー - 改札内
  • 公衆電話 - 改札内
  • 自動販売機(飲料) - 改札外
  • トイレ - 改札内

利用状況[編集]

2018年(平成30年)度の1日平均乗車人員972人である[3]

開業後の1日平均乗降人員および乗車人員の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[統計 1][統計 2]
年度 1日平均
乗降人員[4]
1日平均
乗車人員[4]
出典
2003年(平成15年) 1,569 854 [* 1]
2004年(平成16年) 1,578 848 [* 2]
2005年(平成17年) 1,646 892 [* 3]
2006年(平成18年) 1,610 879 [* 4]
2007年(平成19年) 1,540 821 [* 5]
2008年(平成20年) 1,599 845 [* 6]
2009年(平成21年) 1,540 824 [* 7]
2010年(平成22年) 1,529 807 [* 8]
2011年(平成23年) 1,596 846 [* 9]
2012年(平成24年) 1,592 844 [* 10]
2013年(平成25年) 1,604 861 [* 11]
2014年(平成26年) 1,560 830 [* 12]
2015年(平成27年) 1,562 818 [* 13]
2016年(平成28年) 1,603 844 [* 14]
2017年(平成29年) 1,671 881 [* 15]
2018年(平成30年) 972

駅周辺[編集]

市立病院前駅と那覇市立病院
  • 那覇市立病院 - 駅直結
駅連絡口の利用時間は7:00 - 21:00

バス路線[編集]

路線詳細は沖縄本島のバス路線を参照。

那覇市立病院前バス停
  • 11番・安岡宇栄原線 (那覇バス
  • 33番・糸満西原(末吉)線 (那覇バス)

その他[編集]

駅到着時の車内チャイムは、宮古民謡「クイチャー」を編曲したものが流れる[5]

隣の駅[編集]

沖縄都市モノレール
沖縄都市モノレール線(ゆいレール)
古島駅 (12) - 市立病院前駅 (13) - 儀保駅 (14)

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

出典[編集]

  1. ^ “来月20日から「オキカ」稼働 モノレールのIC乗車券”. 琉球新報. (2014年9月1日). オリジナルの2018年11月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181101015316/https://ryukyushimpo.jp/news/prentry-230943.html 2019年8月17日閲覧。 
  2. ^ えきガイド 市立病院前駅 - 沖縄都市モノレール株式会社、2015年4月8日閲覧。
  3. ^ 1日平均駅別乗客数年度比較 (PDF) - 沖縄県
  4. ^ a b 駅別乗降客数 (PDF) - ゆいレール
  5. ^ オンライン美術館 ゆいレールサウンド - 沖縄都市モノレール株式会社、2015年4月8日閲覧。

利用状況[編集]

  1. ^ 沖縄県統計年鑑 - 沖縄県
  2. ^ 那覇市統計書 - 那覇市
那覇市統計書

関連項目[編集]

外部リンク[編集]