石嶺駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石嶺駅
Ishimine-Station-West-Gate-building.jpg
西口(2020年2月12日撮影)
いしみね
Ishimine
15 首里 (0.9 km)
(1.2 km) 経塚 17
所在地 沖縄県那覇市首里石嶺町二丁目90
北緯26度13分36.84秒 東経127度43分44.04秒 / 北緯26.2269000度 東経127.7289000度 / 26.2269000; 127.7289000座標: 北緯26度13分36.84秒 東経127度43分44.04秒 / 北緯26.2269000度 東経127.7289000度 / 26.2269000; 127.7289000
駅番号 16
所属事業者 沖縄都市モノレール
所属路線 沖縄都市モノレール線(ゆいレール)
キロ程 13.8 km(那覇空港起点)
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
839人/日(降車客含まず)
-2020年-
開業年月日 2019年令和元年)10月1日[1][2]
テンプレートを表示

石嶺駅(いしみねえき)は、沖縄県那覇市首里石嶺町二丁目にある、沖縄都市モノレール線(ゆいレール)のである[3]駅番号16。那覇市の駅では最も東に位置する。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する高架駅である。エスカレーターエレベーター設置[11]

のりば[編集]

石嶺駅プラットホーム
番線 路線 方向 行先
1 沖縄都市モノレール線 下り てだこ浦西方面
2 上り 首里おもろまち牧志県庁前那覇空港方面

利用状況[編集]

2020年(令和2年)度の1日平均乗車人員839人である[12]

開業後の1日平均乗降人員および乗車人員の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[統計 1][統計 2]
年度 1日平均
乗降人員[13]
1日平均
乗車人員[14]
出典
2019年(令和元年) [15]2,045 [備考 1]1,075
2020年(令和02年) [16]3,215 839
備考
  1. ^ 2019年10月1日開業。開業日から翌年3月31日までの計183日間を集計したデータ。

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

石嶺団地入口バス停

  • 7番・首里城下町(久茂地)線 
  • 8番・首里城下町線 
  • 16番・新川石嶺線

金井医院前バス停

  • 9番・小禄石嶺線 
  • 11番・安岡宇栄原線 
  • 13番・石嶺おもろまち線
  • 17番・石嶺(開南)線

その他[編集]

隣の駅[編集]

沖縄都市モノレール
沖縄都市モノレール線(ゆいレール)
首里駅 (15) - 石嶺駅 (16) - 経塚駅 (17)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b “地域の期待乗せ出発 沖縄のモノレール 延長区間4.1キロで開業”. 沖縄タイムス (沖縄タイムス社). (2019年10月1日). オリジナルの2019年12月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191207192452/https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/477981 2020年3月11日閲覧。 
  2. ^ a b “モノレール延長区間が開業 始発に早朝から多くの乗客 ゆいレールの新4駅で駅開き”. 琉球新報 (琉球新報社). (2019年10月1日). オリジナルの2019年12月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191218062849/https://ryukyushimpo.jp/photo/entry-999228.html 2020年3月11日閲覧。 
  3. ^ 沖縄都市モノレール株式会社に係る軌道運輸事業の特許について(別紙) (PDF)”. 国土交通省 (2012年1月25日). 2012年12月11日閲覧。
  4. ^ “ゆいレール延長許可 首里―浦西間”. 琉球新報 (琉球新報社). (2012年1月27日). オリジナルの2012年11月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121121043430/http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-186754-storytopic-82.html 2020年6月23日閲覧。 
  5. ^ “モノレール延長着工 首里から4駅新設”. 沖縄タイムス (沖縄タイムス社). (2013年11月3日). オリジナルの2013年11月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131111212633/http://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-11-03_56124 2013年11月12日閲覧。 
  6. ^ “てだこ浦西、浦添前田など ゆいレール浦添延伸、4駅名決まる”. 琉球新報 (琉球新報社). (2014年12月26日). オリジナルの2019年10月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191001054612/https://ryukyushimpo.jp/news/prentry-236496.html 2020年3月30日閲覧。 
  7. ^ “沖縄都市モノレール(ゆいレール)の浦添延長区間の開業予定日について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 沖縄都市モノレール, (2019年5月24日), オリジナルの2020年7月5日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200705065845/https://www.yui-rail.co.jp/common/uploads/0251d1896602bbee4092a4d0dfb53241.pdf 2020年7月5日閲覧。 
  8. ^ “「Suica」サービスを開始します” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 沖縄都市モノレール, (2020年2月20日), オリジナルの2020年2月20日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200220044719/https://www.yui-rail.co.jp/common/uploads/656e84ca9c8c145822f3427adab4d2e8-1.pdf 2020年3月12日閲覧。 
  9. ^ “Suica、「ゆいレール」での使用始まる 国内外の観光客に便利に”. 沖縄タイムス. (2020年3月10日). オリジナルの2020年3月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200310231333/https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/545305 2020年3月12日閲覧。 
  10. ^ “ゆいレールでSuicaの利用開始 那覇空港駅で記念セレモニー 「シームレスに乗車できるように」”. 琉球新報. (2020年3月10日). オリジナルの2020年3月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200310230629/https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1087706.html 2020年3月12日閲覧。 
  11. ^ 延長事業について - 沖縄県、2014年5月2日、2014年10月26日閲覧
  12. ^ 駅別乗客数 年度比較表(2021年3月末日現在 1日当り平均) (PDF)” (日本語). 沖縄県. 2021年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月13日閲覧。
  13. ^ 駅別乗降客数 (PDF)”. 沖縄都市モノレール. 2019年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月19日閲覧。
  14. ^ 駅別乗客数(1日平均) (PDF)”. 沖縄都市モノレール. 2020年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月29日閲覧。
  15. ^ 移動等円滑化取組報告書(軌道停留場)(令和元年度) (PDF)” (日本語). 沖縄都市モノレール. p. 2. 2020年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月5日閲覧。
  16. ^ 移動等円滑化取組報告書(軌道停留場)(令和2年度) (PDF)” (日本語). 沖縄都市モノレール. p. 3. 2021年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月7日閲覧。
  17. ^ “【Web限定】ゆいレールの車窓から 延伸する新4駅 一足先に乗ってみた”. 沖縄タイムス. (2019年9月18日). オリジナルの2019年9月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190918102646/https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/472076 2019年9月24日閲覧。 

利用状況[編集]

  1. ^ 沖縄県統計年鑑 - 沖縄県
  2. ^ 那覇市統計書 - 那覇市

関連項目[編集]

外部リンク[編集]