栗子峠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国道13号標識
栗子峠
Nishikuriko-tunnel.jpg
西栗子トンネル米沢側坑口
所在地 山形県米沢市
位 置 北緯37度50分11秒 東経140度15分20秒 / 北緯37.83639度 東経140.25556度 / 37.83639; 140.25556座標: 北緯37度50分11秒 東経140度15分20秒 / 北緯37.83639度 東経140.25556度 / 37.83639; 140.25556
標 高 620 m
山 系 奥羽山脈
通過路 Japanese National Route Sign 0013.svg国道13号西栗子トンネル
Tohoku-Chuo Expwy Route Sign.svg東北中央自動車道栗子トンネル
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

栗子峠(くりことうげ)は福島県福島市から山形県米沢市にかけてあるで、国道13号東北中央自動車道が経由している。

概要[編集]

近くの板谷峠奥羽本線山形新幹線)などが経由している。

歴史[編集]

万世大路[編集]

万世大路は、栗子峠の通称の一種で、1881年(明治14年)に明治天皇が栗子峠開通式に出席した際に名づけられたものである。(当時の表記では萬世大路)栗子峠付近は、栗子山隧道で抜けていた。現在も、道路地図などで栗子峠付近の国道13号をこう表記していることが多い。

旧道(昭和初期改修工事後の道)[編集]

二ツ小屋隧道の福島側坑口。ヴォールト内に崩壊の跡が影となって見えている。
栗子隧道の福島側坑口。扁額には「昭和十年竣工」と改修時の年号が刻まれている。坑口前には土砂が堆積している。

ここでは、道路の経路と、現状について福島側から順に述べる。

まず旧道は、現国道13号の大滝第2トンネル500m先で現道と分岐する。分岐後、新沢橋を経て、現道の北側をつづら折れ(ヘアピンカーブ)を繰り返しながら進む。数回つづら折れを繰り返した後、南側から道が合流する。この道は、現道の東栗子トンネル福島側坑口付近に連絡している。合流後、2回大きなつづら折れを経た後、二ッ小屋隧道1934年(昭和9年)竣工)がある。

トンネルを抜けると、鳥川橋があり、つづら折れの道が続く。その先標高約770mの地点には小さな盆地状の場所がある。これが大平集落跡である。現在は無人で、集落があった痕跡すらないほどである。その先には、大平橋杭甲橋、連続したつづら折れがある。これらを過ぎると、栗子隧道の福島側坑口がある。栗子隧道内部は1972年(昭和47年)に起きた大崩落により現在、通行不能になっている。

山形側坑口を出ると、再びつづら折れが続く。標高750m付近になると、つづら折れがないやや平坦な道になる。しかし、標高700m付近からまたつづら折れになり、急激に標高を下げる。瀧岩上橋1932年(昭和7年)竣工)を過ぎるとほどなく標高450m付近で現道と合流する。

現状[編集]

東北中央自動車道(E13) 栗子トンネル山形県側坑口。トンネル上部に見える道路は国道13号線現道。
東北中央自動車道(E13)栗子トンネル福島県側坑口。左側は本坑。右側のトンネルは避難坑入口。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]