新庄金山道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国道13号標識

新庄金山道路(しんじょうかねやまどうろ)は、山形県新庄市昭和から同県金山町朴山に至る延長約5.8キロメートル (km) の高速道路国道13号自動車専用道路)である。

東北中央自動車道国土開発幹線自動車道)に並行する一般国道の自動車専用道路として整備される[1]

概要[編集]

  • 起点 : 山形県新庄市昭和(泉田道路終点)
  • 終点 : 山形県最上郡金山町朴山(金山道路起点)
  • 全長 : 約5.8 km

インターチェンジなど[編集]

  • 施設名欄の背景色がである部分は施設が供用されていない、または完成していないことを示す。
  • 未開通区間の名称は仮称。
施設名 接続路線名 相馬
から
(km)
備考 所在地
E13 泉田道路(事業中)
昭和IC 県道319号赤坂真室川線 201.2 山形県 新庄市
金山南IC 県道320号仁田山平岡線 金山町
金山IC 国道344号線 207.0
E13 金山道路(事業中)

沿革[編集]

  • 2013年平成25年)11月 : 計画段階評価着手[2]
  • 2014年(平成26年)
    • 1月・6月 : 事業化に向け建設ルートについて沿線住民へのアンケート実施。アンケートに当たって、「全線自動車専用道路として新設・一部のみ自動車専用道路として新設し残りを現道改良・全区間を現道改良」の3案を提示。
    • 11月 : アンケート結果に基づき、全線自動車専用道路とする建設ルートを決定。
  • 2015年(平成27年)4月 : 事業着手。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国道13号 新庄金山道路 (PDF)”. 国土交通省東北地方整備局 山形河川国道事務所. 2017年8月19日閲覧。
  2. ^ 一般国道13号(東北中央自動車道) 新庄金山道路に係る新規事業採択時評価 (PDF)”. 国土交通省東北地方整備局. 2017年8月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]