道路地図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

道路地図(どうろちず、: road map)は、自動車等を用いて道路上を移動する際に活用することを想定した地図である。そのため、道路を主として描いているが、自動車の通行が困難な細い道や歩行者専用道路などは省かれることがある。

概要[編集]

地図に道路を記載し、そこに自動車の運転時に必要となるであろう情報(地名、目標物の他、休憩(道の駅など)、給油、買い物などの地点)を盛り込む。

携帯用のものは主としてA5からA4判サイズ程度の冊子、または大きな地図を折りたたむようになっているものがある。全国を網羅したもの、地方(九州や中四国など)別から、都道府県別、市町村別、さらには特定の市街地専門のものまで、収録地域も用途によって選べる。カーナビゲーションシステムの普及に伴い、紙メディアの道路地図の利用は減ってきているが、コンビニエンスストアでも販売されるなど入手が容易であること、廉価であること、及び一覧性の高さなどから、愛用する者もいる。

簡易な道路地図であってもその多くには、温泉・テーマパーク・景勝地などの主要な観光地点が盛り込まれ、さらに主要市街地はその詳細地図があり、ランドマークガソリンスタンド信号機の位置や交差点名など運転時にあると便利な情報が盛り込まれている。また有料道路カーフェリーの料金表がつくものも多い。

単に道路情報だけではなく、幹線道路の混雑を避けるための、抜け道を描いた地図もある一方、地域住民の安全を確保するために、通学路や住宅密集地を通る抜け道を削除する場合もある。

高速道路やバイパスが建設・延長されたり、コンビニやガソリンスタンドなどの店舗が開店もしくは閉店していたりと、道路やその周辺の環境は常に変化している。そのため、発刊から年数の経過したものでは、必要な情報が十分には得られない場合があるので注意が必要である。

最近では、プロジェクト管理分野においてこの、道路地図を模したロードマップというものが作成されることがある。

電子地図[編集]

カーナビゲーション用などに、道路地図が電子データ(コンピュータ用データ)で存在する。日本の場合、基本的に幅員3.0m以上の道路データの全国整備が1995年に完成した[1]。カーナビゲーション用の道路地図の特徴は、単に道路がベクトル形式で存在することだけでなく、道路と交差点グラフ理論でいうリンクとノードの関係で接続されているである。このデータ構造があるために、ルート検索において、出発点から到達点まで、交差点を経由して道路をたどることができる。

注釈[編集]

  1. ^ 日本デジタル道路地図協会の歩み

関連項目[編集]