福島西道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
国道13号標識

福島西道路(ふくしまにしどうろ)は、福島県福島市の市街地の西側を沿うように走る国道13号バイパス道路である。単に西道路とも呼ばれる。

概要[編集]

福島市中心部の国道4号、国道13号、特に両国道が接続する舟場町交差点から福島駅前にかけての混雑緩和のために1982年度から事業が開始された環状道路である。当初は福島西部環状道路という名で計画が勧められていた。1984年度から用地着手、1987年度から工事着手され1997年に国道115号から国道13号にかけての区間が一旦全線開通した。その後南進する計画が進められ、現在に至っている。

路線データ[編集]

  • 起点:福島県福島市大森
  • 終点:福島県福島市南矢野目
  • 全長:7.5km
  • 車線数:片側2車線
  • 将来は国道4号につながる予定になっている。

歴史[編集]

  • 1982年昭和57年)度 - 事業計画策定
  • 1984年(昭和59年)度 - 用地買収着手
  • 1987年(昭和62年度) - 工事着手
  • 1989年平成元年)3月31日 - テレビユー福島東交差点~由添団地入口交差点 開通
  • 1993年(平成5年)10月13日 - 松木内交差点~テレビユー福島東交差点 暫定2車線開通
  • 1995年(平成7年)
    • 6月12日 - 八幡西交差点~松木内交差点 暫定2車線開通
    • 10月4日 - 由添団地入口交差点~飯坂街道交点 暫定2車線開通
  • 1997年(平成9年)3月30日 - 泉高架橋~西道路入口交差点 暫定2車線開通
  • 2000年(平成12年)3月23日 - 谷地北交差点~テレビユー福島東交差点 4車線化
  • 2001年(平成13年)3月27日 - 由添団地入口交差点~清水支所入口交差点 4車線化
  • 2003年(平成15年)
    • 3月25日 - 清水大橋北詰~西道路入口交差点 4車線化
    • 8月8日 - 松木内交差点~谷地北交差点4車線化
  • 2005年(平成17年)11月30日 - 泉高架橋 4車線化
  • 2007年(平成19年)3月24日 - 大森街道端~八幡西交差点 暫定2車線開通、清水大橋 4車線化
  • 2009年(平成21年)3月31日 - 南福島停車場線交点(現在の起点)~大森街道端交差点 暫定2車線開通
  • 2010年(平成22年)3月27日 - 起点~松木内交差点 4車線化

特徴[編集]

住宅地を貫くが、立体交差や側道により交差点が少ない設計となっている。

沿道にイオン福島店ヨークベニマルなどの大型商業施設やロードサイド店舗が立ち並び、矢野目地区は福島市の一大商業地となった。このため、これらの店に対し駐車場の確保しにくい中心市街地の衰退が一層深刻化してきている。

碁盤の目のような形状の住宅地を斜めに貫くため、デッドスペースが多く生まれた。そのスペースはポケットパークと呼ばれる小規模な公園や植裁に使われている。

平成20年代後半には、福島南バイパスの福島県立医科大学周辺まで延伸される計画が決定された。国道4号近くの丘陵部をトンネルで抜けるか、高架橋で抜けるか案が分かれていたが、維持管理費(事業費は同程度[1])や冬期の安全性の観点から優位なトンネル案が概略計画として確定した[2]

2010年(平成22年)3月27日国道115号を立体交差で越え、都市計画道路小倉寺大森線を経由して国道4号福島南バイパス黒岩交差点までのルートが開通した。

橋梁[編集]

  • 大森川橋(全長24.8m 大森川)
  • 吉倉跨道橋(全長48.5m 国道115号福島西バイパス)
  • 馬川橋(全長10.0m 馬川)
  • 西大橋(全長414.5m 荒川
  • 吾妻高架橋(全長371.3m JR奥羽本線・福島県道310号庭坂福島線)
  • 泉高架橋(全長340.0m 福島県道3号福島飯坂線・福島交通飯坂線
  • 清水大橋(全長266.0m 松川

主な接続路線[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]