星澤幸子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2011年11月29日、「ポテト・アクションin北海道」にてレシピを紹介する
2010年2月27日、「米粉フェア2011~食卓へ広がる新しい粉食~」で鹿野道彦農林水産大臣(前列中央)らと(星澤は鹿野の真後)

星澤 幸子(ほしざわ さちこ、1951年4月10日[1][2] - )は、北海道を中心に活動している料理研究家。北海道空知郡南富良野町出身[2][3]北海道富良野高等学校[2]名寄女子短期大学(現・名寄市立大学)卒業[4]。星澤クッキングスタジオ、有限会社星澤フードサービス、株式会社幸コーポレーション代表[2]YOSAKOIソーラン祭りの審査員の一人。

人物[編集]

南富良野町の農家の家庭に生まれ、少女時代は頑張り屋で勉強家な性格を持ち芋餅など実家の家庭料理を好み[2]、また実家で取れた卵の行商を行いつつ母の手伝いやケーキ作りなどを行う中で料理の腕前を磨く[5]。中学時代に家庭科の授業で卵の泡立ての腕を教師から褒められたことをきっかけに、今まで雑誌のレシピカードをもとに料理を作っていた経験とあわせ「レシピカードを作る側の人間になりたい」という思いから料理研究家を志す[5]

名寄女子短期大学卒業後、料理教室がブームとなっていたこともあり札幌の料理教室に助手として就職し23歳で初めてのテレビでの料理紹介としておせち料理の紹介を行った事をきっかけに札幌テレビ放送でレギュラーコーナーを持つ[2]。その後夫の転勤により1984年に広島に移住し広島のテレビ局でも料理コーナーを持つも、3人の子供の子育てを優先し短期間で降板[2]

1991年に北海道へ戻り、札幌テレビのプロデューサーと再会し「どさんこワイド」の料理コーナーのオファーを受け、「奥様ここでもう一品」として長寿企画となる[2]。北海道の食材にこだわりつつ手軽に作れる料理を紹介し、誰でも楽しく料理ができる独特の表現スタイルを確立し北海道内では著名な人気を博す[5]

経歴[編集]

エピソード[編集]

  • 札幌テレビ『どさんこワイド』料理対決企画での共演。
  • 日本テレビザ!鉄腕!DASH!!』に出演。自身初の全国放送。
  • 日本テレビ『ニュースの女王決定戦』に出演。
    • 最初は、ローカルNG集として、度々出演。その後、自身のNG集コーナー『星澤幸子特集』が出来た程である。スタジオにも出演し、賞も受賞した。
  • 2009年12月8日日本テレビ『SUPER SURPRISE火曜日』に出演。
  • 2013年4月28日日本テレビ『有吉反省会』に出演。
    • 「料理研究家なのに料理の仕方が大雑把すぎるのではないかと言われた」事を反省。
  • 読売テレビ秘密のケンミンSHOW』に食文化専門家として以下のVTRに出演。
    • 2011年1月20日「北海道民は、真っ黒な真ダラの卵『真だら子』を食べる!?」
    • 2012年3月8日「北海道民は、ホッケフライにして食べるのが大好き!?」
    • 2015年2月12日「北海道民は、ジャガイモだけで出来た『いももち』が大好き!?」
    • 2017年8月17日「へぇ~!そうだったのか!?県民熱愛グルメ『北海道 ラムしゃぶ』」
    • 2019年11月14日「へぇ~!そうだったのか!?県民熱愛グルメ『北海道 すじこ』」
  • 2017年2月14日日本テレビ『ZIP!』に出演。
    • 「HATE NAVI(ハテナビ)」のコーナーで「自慢の地元スターを調査!」というテーマでVTR出演し、簡単スイーツとして、チョコいちごを紹介した。
  • 食べ物に対して敬称を付けることがよくある。また彩が必要として、毒草のスズランを皿に乗せたことがある。

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

CM[編集]

関連情報[編集]

料理本[編集]

  • 大地のレシピ(ISBN 4-90-083520-X
  • しあわせのひとりごはん(ISBN 4-04-894701-X
  • 美味しくたべよ No.1
  • 美味しくたべよ No.2
  • わくわくレシピ 手軽で簡単すぐおいしい 編
  • わくわくレシピ あっという間の酒の肴 編
  • わくわくレシピ おいしい料理はヘルシー 編
  • 星澤幸子のあさ!ひる!ばん!ごはん(2006年4月 イエローページ ISBN 978-4900835320
  • 私たちが食べ伝えたい 北海道郷土料理(2018年7月 中央公論新社 ISBN 978-4120050954
  • 身につく料理 もうネットで調べなくていい! (2018年8月 KADOKAWA ISBN 978-4046024534

レシピ・エッセイ[編集]

  • げんき元気
  • すてきな人はよく食べる
  • 食べてわかった昆布パワー - 元北海道大学名誉教授 館脇正和 共著
  • あなたに贈る食の玉手箱(2013年9月 ワニブックス 978-4847091902)鳴海周平との共著

ゲームソフト[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 星澤幸子のプロフィール・画像・写真”. WEBザテレビジョン. 2022年9月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h “<伸びゆく君へ>今日の食事が将来の自分を作る 料理研究家・星沢幸子さん”. 北海道新聞 どうしん電子版. (2022年7月26日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/709972 2022年9月21日閲覧。 
  3. ^ a b プロフィール - 星澤幸子オフィシャルサイト”. 星澤幸子 (2018年7月21日). 2020年8月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年5月12日閲覧。
  4. ^ 星澤幸子オフィシャルサイト (2010年2月26日). “母校名寄市立大学訪問” (日本語). 星澤幸子オフィシャルサイト. 2020年11月20日閲覧。
  5. ^ a b c 北海道愛が半端ない!料理研究家の”星澤幸子先生” - Re・rise News
  6. ^ 「名寄ふるさと大使」を委嘱しました!!”. 広報なよろ第37号. 2022年9月21日閲覧。
  7. ^ 星澤幸子さんが故郷・南富良野に味噌汁とお結びの店、「道の駅南ふらの」新設商業施設フードコート内に - 北海道リアルエコノミー
  8. ^ 2022年版 新TVCM放送開始 - リノベーション

外部リンク[編集]