損保ジャパン日本興亜DC証券

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
損保ジャパン日本興亜DC証券株式会社
Sompo Japan Nipponkoa DC Securities Inc.
Shinjuku-Center-Building-01.jpg
本社が入居する新宿センタービル
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
163-0650
東京都新宿区西新宿1-25-1
新宿センタービル50階
設立 1999年5月10日
業種 証券、商品先物取引業
法人番号 3011101027812
事業内容 確定拠出年金運営管理業、金融商品取引業
代表者 取締役社長 北 修一
資本金 30億円(2018年3月31日現在)
営業利益 3億7966万4千円(2018年3月期)
純利益 3億3196万6千円(2018年3月期)
純資産 27億9198万7千円(2018年3月31日現在)
総資産 33億7947万2千円(2018年3月31日現在)
従業員数 131人(2018年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 損害保険ジャパン日本興亜株式会社:100%
主要子会社 なし
外部リンク https://www.sjnk-dc.co.jp/
テンプレートを表示

損保ジャパン日本興亜DC証券(そんぽジャパンにっぽんこうあディーシーしょうけん)は、損害保険ジャパン日本興亜が100%出資している証券会社

証券会社ではあるが、企業への導入支援や金融商品(投資信託など)の情報提供、年金の記録管理まで、確定拠出年金に関するすべてのサービスを一手に担う専門の会社でもある。このサービスはアメリカ401Kを参考に当社が独自に確立したものである。

沿革[編集]

  • 1999年5月 - 安田火災海上保険株式会社の子会社として、安田火災シグナ証券株式会社を設立
  • 2001年11月 - 確定拠出年金運営管理機関として登録される
  • 2002年7月 - 親会社の合併により株式会社損害保険ジャパンが発足したことに伴い、損保ジャパン・シグナ証券株式会社に社名変更
  • 2003年9月 - 完全子会社化
  • 2003年10月 - 損保ジャパンDC証券株式会社(初代)に社名変更
  • 2006年9月 - 個人情報保護に関する認証「プライバシーマーク」取得
  • 2014年9月 - 親会社の合併により損害保険ジャパン日本興亜株式会社が発足したことに伴い、損保ジャパン日本興亜DC証券株式会社に社名変更[1]
  • 2019年6月 - 2020年4月1日付で親会社が損害保険ジャパン株式会社へ社名変更するのに合わせ、同日付で損保ジャパンDC証券株式会社(2代目)へ社名変更することを発表[2]。予定通り実施された場合、5年7か月ぶりに以前の社名に戻ることになる。

脚注[編集]

  1. ^ “社名を「損保ジャパン日本興亜DC証券株式会社」に変更いたしました” (PDF) (プレスリリース), 損保ジャパン日本興亜DC証券, (2014年9月1日), https://www.sjnk-dc.co.jp/~/media/sjnkdc/files/news/140901_01.pdf 2019年8月15日閲覧。 
  2. ^ “商号変更について” (PDF) (プレスリリース), 損保ジャパン日本興亜DC証券株式会社, (2019年6月27日), https://www.sjnk-dc.co.jp/~/media/sjnkdc/files/news/20190627_01.pdf 2019年8月15日閲覧。 

外部リンク[編集]