損保ジャパン美術財団選抜奨励賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

損保ジャパン美術財団選抜奨励賞そんぽじゃぱんびじゅつざいだんせんばつしょうれいしょう)は、毎年その年に損保ジャパン美術財団が各公募美術団体及び推薦委員による選抜を委託し新鋭作家を集めた損保ジャパン美術財団選抜奨励展を損保ジャパン東郷青児美術館にて開催されこの選抜された作家に授与される賞である。その受賞作の中から審査により特に優れた新人作家へ損保ジャパン美術賞と秀作賞を贈っている。新人画家の登竜門であることから画壇芥川賞と呼ばれている。展覧会のテーマは『リアルタイムの表現が集う。選ばれた新進作家たち』である。

概要[編集]

現在の損保ジャパン美術財団の前進である安田火災美術財団1977年にその役目を終えたとの理由で終了した安井賞の後を日本画壇を守る理由から安田火災美術財団奨励賞として引き継ぐ。2003年からは財団変更により損保ジャパン美術財団選抜奨励賞と改称する。この賞の選抜方法は審査委託した美術団体ごとに1名を選抜し授与している。損保ジャパン美術財団選抜奨励展ではこの受賞者に加え推薦委員による推薦作家を合せコンクールによる審査を行い損保ジャパン美術賞と秀作賞を決定する。また50歳以下という条件があり、新人発掘を重視している現れであり、新人画家の登竜門と言われる由縁である。受賞者には賞状と賞金が授与される。

名称変更以降の受賞作家一覧[編集]

  • 第26回 (2007年
  • 損保ジャパン美術賞
  • 秀作賞

(第30回損保ジャパン美術財団選抜奨励展画集より引用)

選抜を委託されている美術団体と展覧会[編集]

(第30回損保ジャパン美術財団選抜奨励展画集より引用)


関連項目[編集]

損害保険ジャパン

外部リンク[編集]