情報維新!やまぐち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
情報維新!やまぐち
ジャンル 報道番組
出演者 平崎貴昭(メインキャスター)
島田莉生(メインキャスター)
大西結依(メインキャスター)
横山真里奈(メインキャスター)
山崎貴裕(気象予報士)
山田奈穂(リポーター)
田邊和佳(リポーター)
製作
制作 NHK山口放送局
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2010年3月29日 -
放送時間平日 18:10 - 18:59
放送分49分
公式サイト
テンプレートを表示

情報維新!やまぐち』(じょうほういしん!やまぐち)は、NHK山口放送局山口県向けに放送している夕方ローカルニュース番組。ここではそのほかの時間帯に設けられた共通レーベルの番組や、2022年度新設の週末版についても述べる。

概要[編集]

NHK山口は1997年度から『ゆうゆうワイド』を13年にわたって放送してきたが、これを一新したものである。

放送時間[編集]

  • 平日 18:10 - 18:59
  • 土日祝日 18:45 - 18:59(後述の通り『情報維新!やまぐち645』のタイトルで放送)
    • 春の大型連休やお盆期間の土日・祝日、年末年始は休止で、18:45 - 18:59(年末年始は18:50 - 19:00)に広島局発の『ニュースちゅうごく645』(年末年始は『NHKニュース』[1]に改題)を放送。
    • また、2018年4月以降平日であっても休止する場合があり[2]、その場合2021年度までは18:45から『NHKニュース』(番組表上の表記タイトルは『山口県のニュース・気象情報』)として代替の県内ニュース・気象情報を放送していた[3]が、2022年度以降こうしたケースに該当する場合は『情報維新!やまぐち645』を放送するようになった。

放送内容[編集]

  • フォーカス
  • sports(下鶴琴音リポーター担当)
  • やまてん(山崎貴裕気象予報士担当)
  • ハチマキTV その一歩に、エールを。 〜NHK山口放送局は開局80年〜
  • お便りさんぽ(藤本珠美リポーター担当)
  • くらしプラス
  • 旬感やまぐち

出演者[編集]

年度 アンカー サブキャスター(隔週) 気象予報士 コーナー担当
2010 安田真一郎 毛利千亜樹[4] 菊池良子 山口久美子[4] 李ボラ[5]
2011 小野原菜美
2012 喜多賢治 長安智子
2013
2014 浅野達朗 長麻未
2015 松苗竜太郎[6] 井本満奈 キム・サンウン[5][7]
2016 渡部圭吾
2017 安藤佳祐[8] 石井資子
2018 大平真理子
2019 北野剛寛[9] 安森彩紀 後藤麻希子
2020 大西結依 山崎貴裕
2021 横山真里奈
2022 平崎貴昭(月~水曜)
島田莉生(木曜・金曜)

情報維新!やまぐち 845[編集]

情報維新!やまぐち 845』(じょうほういしん!やまぐち はちよんご)は平日20:45 - 21:00に放送される[10]。当該枠は2016年4月1日までは『やまぐち845』とされ、持ち回りのアナウンサーが県内関係のニュースや天気予報を伝えていた。

2016年4月4日、夕方枠の改題に合わせて、タイトルを変えたものであり、内容に変更はない。

情報維新!やまぐち 645[編集]

情報維新!やまぐち 645』(じょうほういしん!やまぐち ろくよんご)は土・日18:45 - 18:59に放送される。2018年3月までは県域放送であったが、翌4月から週末の県域ニュースをとりやめ、NHK広島放送局からのブロックネット番組『ニュースちゅうごく645』を放送していたが、2022年度から土曜・日曜夕方6時の県域放送が4年ぶりに復活させる運びとなり[11]、平日版の『情報維新』を流用させている。ただし、5月の大型連休や8月のお盆前後など県域放送体制が縮小される場合は、2021年度以前に準じて広島から『ニュースちゅうごく645』が放送される。

脚注[編集]

  1. ^ EPG上の表記タイトルは『ニュース・気象情報(中国地方)』。
  2. ^ 主に春の大型連休の谷間・お盆・年末(12月28日まで)が該当。
  3. ^ ただし、2020年12月28日は年末特別編成のため山口からの放送が休止となり、広島局発の『ニュースちゅうごく645』が放送された。
  4. ^ a b 前番組からの続投。
  5. ^ a b キョンサン南道だより』担当。
  6. ^ 不在時は松岡孝行・安藤佳祐。
  7. ^ 『やまぐち&ワールド』担当。
  8. ^ 不在時は松岡孝行・平崎貴昭(レノファ&スポーツ担当)。
  9. ^ 不在時は平崎貴昭・大村和輝・島田莉生。
  10. ^ ただし、春の大型連休の谷間やお盆、年末(12月28日まで)に本家『情報維新!やまぐち』が休止となる場合は『情報維新!やまぐち845』も休止となり、当該時間帯は穴埋めとして広島からの中国地方のニュース・気象情報を放送する。
  11. ^ 2022年度前半期 定時番組の部門種別(各地域) (PDF)”. NHKオンライン. 日本放送協会. 2022年3月25日閲覧。

外部リンク[編集]