弥永英晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

弥永 英晃(やなが ひであき)は日本の心理カウンセラー・催眠心理療法士・看護師作家エッセイスト[1]

福岡県生まれ 大分市在住

概要[編集]

看護師として救急救命外科内科整形外科脳外科終末期医療訪問看護の経験、病院・クリニックの心療内科精神科病院カウンセラーとして勤務。 心療内科・神経科・精神科思春期外来カウンセリング経験を経て、独立。

精神科看護師時代にうつ・パニック症を発症 心理療法で完治したことから日本初の「薬に頼らないカウンセラー看護師」として活動。 主に日本における催眠療法瞑想法マインドフルネス心理療法代替医療健康法形而上学医療心理専門家であり、多くの芸能人有名人を改善させている。現在までに1万人以上の経験を持つ[2][要高次出典] 芸能人の交流関係では歌手Be-B(和泉容)を「ファンであり、交流がある」と書籍の中で述べている[3] 出版社イースト・プレスメディア文芸誌MATOGROSSO著者インタビューカウンセリングについて[4]話している。

2015年 青月社10周年プロジェクト第1回 作家オーディションに合格[5]作家としても著作を出版。

2016年 大分朝日放送 番組名JOKER DXで放送した吉本興業所属の芸能人に行った催眠療法VTR(映像作品)が、2016年「JOKER DXベストセレクション第1位」にノミネートされ受賞[6]吉本興業所属のよしもと住みます芸人 野良レンジャー首藤将太から「Dr.リロ」と呼ばれている。

受賞歴[編集]

著書[編集]

実用書[編集]

  • 薬に頼らずラクになる-やさしいうつの治しかた (2015年 パブラボ)- 帯推薦に安西ひろこ[7] 推薦にBe-B(和泉容)[8] 本文中の『推薦の言葉』として医学博士内科医石原均[9]が推薦文を寄稿
  • もうダメだと心が折れそうになったとき 1分でラクになる心の薬箱(2016年 青月社)

エッセイ[編集]

漫画化作品 [編集]

共著[編集]

  • もういやだ!この疲れた心を休め、甦らせてくれる心の専門家50人(2009年、三楽舎)
  • あなたを癒す心の治療家に出会う本〜心身の悩み・不調を解決する10人のスペシャリスト (2010年、現代書林)
  • 脱・引き寄せの法則ワークブック〜引き寄せの法則難民を脱出するための7つの秘密 (2013年、デザインエッグ社) - 帯推薦に精神科医宮島賢也[10]


イベント出演[編集]

テレビ出演[編集]

音楽[編集]

  • 天から降りてきた奇跡の声 魂を深く癒す 倍音レイキ スピリチュアルヴォイス「祈り-Prayer-」/ヒプノセラピー瞑想CD(2016年3月2日)
  1. 1曲目 「祈り-prayer-」作詞:作曲:編曲 弥永英晃
  2. 2曲目 「healing-healer」作詞:作曲:編曲 弥永英晃
  3. 3曲目 ヒプノセラピー誘導によるリラクゼーション瞑想セラピーCD 声:スクリプト:編曲 弥永英晃

脚注[編集]

  1. ^ [1] 出版社KADOKAWAが運営する『ダ・ヴィンチニュース』にて新刊記事紹介-「猫×ジョセフ・マーフィーの名言。心に癒しを、明日に希望を」 
  2. ^ [2] 商品の説明 著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より) - Amazon.co.jp
  3. ^ [3] Hard Rock流しBe-B(和泉容)Official Blog
  4. ^ [4]出版社イースト・プレスのメディア文芸誌『マトグロッソ』著者インタビューにて
  5. ^ [5] 青月社Facebookページ
  6. ^ [6] JOKER DX 2016年ベストセレクション第1位受賞しました
  7. ^ [7]安西ひろこさん推薦 「私は8年間、地獄のような日々を過ごしてきました。だから、がんばらなくてもいいし、無理しないでもいい。自分のペースで進んでみて」(タレント・モデル安西ひろこ)
  8. ^ [8] 「本との出逢いは、人との出逢い。本に、文章に、救われる、それは、人に救われるということ この本を読んで、ワークを実践したら、著者に「ありがとう」って、言いたくなると思います。とてもわかりやすく、やさしく、親切なワークブックだと思います。独りで悩んでいないで、ぜひ、読んでみてほしいです」(歌手Be-B(和泉容))
  9. ^ [9] 「心身ともに健やかに生きるための最適な手引き書です」(医学博士・内科医 石原均)
  10. ^ [10] 薬を使わない精神科医 みやじっちのメンタルセラピーBlog
  11. ^ [11] YSこころのクリニック 精神科医 宮島賢也プロフィール欄 みやざき中央新聞2014年10月13日 大分の薬に頼らないカウンセラー看護師・弥永英晃先生とのコラボ講演の取材が掲載
  12. ^ [12] 紀伊國屋書店ホームページより

外部リンク[編集]