広島市消防局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
広島市消防局
情報
管轄区域 広島市
安芸郡海田町熊野町坂町
山県郡安芸太田町
廿日市市吉和地区
消防署数 8
出張所数 30
所在地 730-0051
広島県広島市中区大手町五丁目20番12号
リンク 広島市消防局
テンプレートを表示

北緯34度22分49.7秒
東経132度27分8.2秒

広島市消防局(ひろしまししょうぼうきょく)は、広島市の消防部局(消防本部)。

沿革[編集]

参考文献 : 平成24年版消防年報(広島市消防局刊)

組織[編集]

  • 本部
    • 総務課
    • 消防団室
    • 職員課
    • 施設課
    • 危機管理部
    • 警防部 : 警防課、救急課
    • 予防部 : 予防課、指導課
  • 消防署

主力機械[編集]

  • 平成26年(2014年)版消防年報より
    • 231台の消防車が配備されている。
  • 消防ポンプ車
    • 全消防署及び出張所配備。普通ポンプ車を6台、中型ポンプ車を36台、水槽付きポンプ車を36台の計78台を保有している。
  • 救助工作車
    • 各消防署に1台ずつ配備。なお、中・東両署にはIII型を配備。中消防署の車両は特別高度救助隊(ハイパーレスキューひろしま)運用しており電磁波人命探査装置も積載している。
特別高度救助隊運用車両
メルセデス・ベンツ310D
トラックベース
ハイメディック
  • 化学消防自動車
    • 南消防署青崎出張所・西消防署井口出張所・安芸消防署坂出張所にそれぞれ1台ずつ計3台配備。
  • はしご車
    • 13台配備している。
  • 特別高度工作車
  • 特殊災害対応車
  • 屈折放水搭車
    • 1台。東消防署に配備。
  • 大型水槽車
    • 1台。安佐南消防署に配備。
  • 照明電源車
    • 1台。南消防署日字那出張所に配備。
  • 指揮車
    • 11台。指揮車両の多くはマツダの車両が占める。
  • 消防艇
    • 消防艇「ひろしま」。広島港似島金輪島などの消防防災体制の強化を目的に、1979年(昭和54年)12月に配備。現在のものは1998年(平成10年)4月に配備された2代目。南消防署水上出張所に配備。
  • 消防ヘリコプター
    • 消防ヘリ「ひろしま」を1機配備。ヘリコプターを県内で共同利用する「広島県下市町共同利用方式」によって、県内のうち広島市以外の全市町は経費の3分の1を市に支払っている。
  • その他車両
    • このほか、支援車やホース延長車等も配備。
  • 可搬式ポンプ

消防署[編集]

安佐南消防署は震度7の地震に耐えられる免震構造が採用され、広島市役所本庁舎や広島市消防局が被災して機能しない場合に、対策本部を置くことができるようになっている[1]

消防署 住所 出張所
中消防署 中区大手町5-20-12 白島 : 中区白島九軒町12-20
基町 : 中区基町20-8
江波 : 中区舟入南6-2-1
東消防署 東区光町2-12-6 福田 : 東区福田7-2-10
温品 : 東区温品5-3-1
戸坂 : 東区戸坂出江2-9-11
南消防署 南区的場町2-5-14 水上 : 南区宇品海岸2-23-39
青崎 : 南区青崎1-7-12
東本浦 : 南区東本浦町23-6
日宇那 : 南区日宇那町3-6
宇品 : 南区宇品東2-1-46
似島 : 南区似島町家下752-74
西消防署 西区都町43-10 三篠 : 西区三篠町3-16-23
己斐 : 西区己斐中3-14-2
庚午 : 西区庚午中4-21-19
井口 : 西区商工センター4-1-1
安佐南消防署 安佐南区緑井1-10-3 上安 : 安佐南区上安5-8-14
祇園 : 安佐南区祇園2-48-11
沼田 : 安佐南区沼田町大字伴6301-1
安佐北消防署 安佐北区可部南4-26-13 可部 : 安佐北区可部7-7-16
白木 : 安佐北区白木町大字市川1533-5
高陽 : 安佐北区真亀1-3-6
安佐 : 安佐北区安佐町大字飯室3052-1
安芸太田 : 山県郡安芸太田町大字中筒賀345-2
佐伯消防署 佐伯区五日市中央7-25-18 八幡 : 佐伯区利松1-5-24
海老園 : 佐伯区海老園1-2-54
湯来 : 佐伯区湯来町大字和田224
安芸消防署 安芸郡海田町堀川町3-12 瀬野川 : 安芸区中野東7-14-23
矢野 : 安芸区矢野西2丁目16-1
熊野 : 安芸郡熊野町萩原5738-1
坂 : 安芸郡坂町横浜中央1丁目1-11

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 安芸区は飛び地のため海田消防の管轄だった。
  2. ^ 本署は安佐北署安芸太田出張所に改称、湯来出張所はそのまま佐伯署に移管。

出典[編集]

外部リンク[編集]