祇園町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記Kanji for another OS version - gi.svgと異なる可能性があります。
ぎおんちょう
祇園町
廃止日 1972年8月27日
廃止理由 編入合併
祇園町 → 広島市
現在の自治体 広島市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 広島県
安佐郡
団体コード 34341-2
面積 15.07km²
総人口 42,505
(1971年10月1日)
隣接自治体 広島市、安佐郡安古市町
祇園町役場
所在地 広島県安佐郡祇園町
Ex Gion town office.JPG
特記事項 当時の町役場は、現在は広島市安佐南区役所祇園出張所などで使用されている。
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

祇園町(ぎおんちょう)は、かつて広島県安佐郡に存在した町である。1972年8月27日広島市に編入されて消滅した。

地理[編集]

河川
  • 太田川
  • 太田川放水路
  • 古川
  • 山本川
  • 火山(標高488.3m)
  • 丸山(標高457.6m)
  • 武田山(標高410.9m)
  • 宗箇山(標高356m)
大字

歴史[編集]

  • 1889年4月1日 - 市町村制施行。後の祇園町域には当時いずれも沼田郡に属する祇園村長束村西原村(のちの原村)、東原村(のちの原村)、山本村の各村があった。
  • 1898年10月1日 - 高宮・沼田両郡が統合して安佐郡が成立したことに伴い、祇園・長束・西原・東原・山本の各村は安佐郡に属する村になる。
  • 1920年4月1日 - 西原・東原両村が対等合併して原村が成立する。
  • 1938年1月1日 - 祇園村が町制施行して祇園町(初代)になる。
  • 1943年11月3日 - 祇園町(初代)と長束・原・山本の各村が対等合併して祇園町(2代)が成立する。
  • 1972年8月27日 - 広島市に編入されて消滅する。

経済[編集]

産業[編集]

  • 農業
『大日本篤農家名鑑』によれば、祇園村の篤農家は「田中潤一、森岡盛一」、山本村の篤農家は「瀬川卯一」、長束村の篤農家は「橋本保吉」、西原村の篤農家は「増田柳太郎、西川松太郎、繁竹徳太郎」などである[1]

企業[編集]

地域[編集]

教育(1972年8月26日当時のデータ)[編集]

小学校
  • 祇園町立祇園小学校
  • 祇園町立長束小学校
  • 祇園町立原小学校
  • 祇園町立山本小学校
中学校
  • 祇園町立祇園中学校
  • 祇園町立祇園東中学校
高等学校
大学

交通(1972年8月26日当時のデータ)[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

国道
主要地方道

町内は通っていない。

一般県道

名所・旧跡[編集]

  • 銀山城(かなやまじょう)跡 - 安芸国守護・武田氏が拠った山城の跡。広島県では福山市山手町にも同名の山城があるが、そちらは「ぎんざんじょう」と読む。

出身人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年、148頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年4月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 地域散歩 - 祇園西公民館Web情報ステーション(広島市未来都市創造財団ひと・まちネットワーク部)
  • 歴史情報 - 祇園西公民館Web情報ステーション(広島市未来都市創造財団ひと・まちネットワーク部)