佐東町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さとうちょう
佐東町
廃止日 1973年3月20日
廃止理由 編入合併
安芸郡瀬野川町、安佐郡高陽町、佐東町、安古市町 → 広島市
現在の自治体 広島市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 広島県
安佐郡
団体コード 34343-9
面積 16.04km2
総人口 16,441
(1971年10月1日)
隣接自治体 広島市、安佐郡高陽町、安古市町
佐東町役場
所在地 広島県安佐郡佐東町
Ex Sato town office.JPG
特記事項 当時の町役場は、現在は
広島市安佐南区役所佐東出張所として使われている。
 表示 ウィキプロジェクト

佐東町(さとうちょう)はかつて広島県安佐郡に存在した町である。

1973年3月20日に安佐郡の高陽安古市両町及び安芸郡瀬野川町とともに広島市に編入されて消滅した。この合併をもって高宮沼田両郡の統合(1898年10月1日)の結果設置された安佐郡は消滅し、約75年の歴史にピリオドを打った。

町名の由来[編集]

1664年(寛文4年)まで存在した郡(佐東郡)の名前に由来する。1664年に佐東郡は沼田郡に改称するが、佐東町域を構成した川内中調子、川内温井、緑井、八木の各村はいずれも佐東郡に属していた。なお、安芸国には佐西郡も存在し、そちらは1664年に佐伯郡2005年11月3日消滅)に改称している。

沿革[編集]

  • 1889年4月1日 - 市町村制施行。佐東町域には当時いずれも沼田郡に属する川内・緑井・八木の各村が存在した。
  • 1898年10月1日 - 高宮・沼田両郡が統合して安佐郡が成立する。これにより川内・緑井・八木各村は安佐郡に属する村になった。
  • 1955年7月1日 - 川内・緑井・八木各村が対等合併して佐東町が成立する。
  • 1973年3月20日 - 安佐郡高陽・安古市両町および安芸郡瀬野川町とともに広島市に編入されて消滅する。同時に安佐郡も消滅する。

主要施設[編集]

地理[編集]

河川
  • 阿武山(標高586.4m)
  • 権現山(標高397.1m)

産業[編集]

名産の広島菜漬の原料になる広島菜の栽培が行われていた。

大字[編集]

  • 川内中調子(かわうちなかじょうし)
  • 川内温井(かわうちぬくい)
  • 緑井(みどりい)
  • 八木(やぎ)

交通(1973年3月19日当時のデータ)[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

国道
主要地方道

町内は通っていない。

一般県道

教育(1973年3月19日当時のデータ)[編集]

小学校
中学校

関連項目[編集]