岡山ネットワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡山ネットワーク
基本情報
団体名 岡山ネットワーク株式会社
略称 oniビジョン
コミュニティ
チャンネル愛称
oniチャンネル
MSO 独立
系列 独立
デジタル放送上位事業者 JC-HITS(ジャパンケーブルキャスト株式会社)
エリア内地方自治体
2 町
岡山市 4 区
配信チャンネル数
地デジ自主放送 (12(121)(122)番)
通信サービス種別
公式ホームページ
トップページ
ケーブルテレビサービス https://www.oninet.ne.jp/onitv
インターネット接続サービス https://www.oninet.ne.jp/oninet
プライマリ電話サービス https://www.oninet.ne.jp/catv_tel
テンプレートを表示
岡山ネットワーク株式会社
Okayama Network Inc.
種類 株式会社
略称 oniビジョン
本社所在地 日本の旗 日本
700-0986
岡山県岡山市北区新屋敷町1丁目1番18号 山陽新聞製作センター3階
設立 1983年(昭和58年)9月6日
業種 情報・通信業
法人番号 8260001001245 ウィキデータを編集
事業内容 ケーブルテレビ事業、インターネット事業 他
代表者 代表取締役社長 石井正人
資本金 25億2,270万円
主要株主 山陽新聞社
山陽メディアネット
 (旧・山陽折込広告センター)
テレビせとうち
岡山市
大本組
荒木組
成通
中国銀行
中国電力
中電工
双葉電機
加計学園
外部リンク http://www.oninet.ne.jp/
テンプレートを表示

岡山ネットワーク株式会社(おかやまネットワーク、英称:Okayama Network Inc.、愛称:oniビジョン)は、岡山県岡山市北区に本社がある山陽新聞グループのケーブルテレビ局である。岡山市からの資本も受けている第3セクターである。

概要[編集]

中鉄バスグループ(岡山市)を中心に、地場企業など22社2団体と岡山市が出資する第三セクター方式[1]の企業として1983年に設立。中国地方4番目となる都市型ケーブルテレビ局として1993年平成5年)4月1日、同じ中鉄グループであったテレビ東京系地上波テレビ局、テレビせとうちの当時の本社(岡山市野田5丁目、現存せず)内に開局した。

しかし契約者数の伸び悩みとバブル景気崩壊に伴う中鉄グループの経営悪化で業績不振が続き、1995年から翌年にかけて労働争議も発生。開局5年目の1997年度には累積赤字が15億6000万円あまりに達した[2]。このため山陽新聞社が1996年12月、当時の筆頭株主だったセコムの全持ち株7888株(3億9440万円)を譲受して新たに筆頭株主(持ち株比率33.8%)となり[3][4]、さらに各地のCATV会社を傘下に持つジュピターテレコム(東京)の資本参加を受けるなどして[3]経営再建を行った。

自主制作放送であるコミュニティーチャンネルでは一時期、山陽新聞社や、岡山ネットワークと同時期に山陽新聞社傘下に入ったテレビせとうちの社員が制作や出演に加わっていた。

2000年にインターネット接続サービスを、2008年にケーブルプラス電話サービスをそれぞれ開始している。デジタル放送の専門チャンネル配信にはJC-HITSを利用している。2007年からはJC-HITS利用局としては初となる地上デジタル放送でのコミュニティチャンネルにおけるデータ放送を開始している。実施チャンネルである121chでは行政情報・防犯情報などCATVの特性を生かしたデータ放送サービスを実施中である。

また2003年から赤磐郡瀬戸町(現・東区瀬戸町)、2005年から御津郡建部町(現・北区建部町)、2008年から北区御津地域(旧・御津郡御津町)でもCATV網の整備と放送を行っているほか、久米郡美咲町が運営するケーブルテレビ局「みさきネット」へも2007年から、チャンネルの一部配信(オプションサービス「美咲多チャンネルパック」で提供)を実施している。

サービスエリア[編集]

主な放送チャンネル[編集]

地上波系列別の再送信局一覧[編集]

テレビ
NHK-G NHK-E NNS ANN JNN TXN FNS JAITS
NHK岡山 西日本放送 瀬戸内海放送 RSK山陽放送 テレビせとうち 岡山放送 サンテレビ
FMラジオ
NHK-FM JFN JFL コミュニティFM
NHK岡山 FM岡山
FM香川
Kiss FM KOBE
FM大阪
FM802 Radio MOMO
FMくらしき

テレビ局[編集]

アナログサービスでは2011年7月まで地上アナログ6局7波のほか、アナログCATVチャンネルでNHK-BS1アナログ、NHK-BSプレミアム・アナログ、お天気チャンネル、サンテレビ・アナログを送信・再送信。さらに2015年3月まで地上デジタル6局7波のみを「デジアナ変換」で再送信していた。 2009年(平成21年)3月31日までのチャンネル一覧は、以下の通り。

※略号凡例

  • 放送サービスの種類
    • CA CATVアナログ放送(一部の専門チャンネル等はホームターミナルを経由せずにアナログCATV対応機器で直接視聴可能だった。)
    • TD 地上デジタル放送(Dは地上デジタル放送対応機器で直接視聴する場合の受信チャンネル。かっこ内はリモコン番号)
    • BS BSデジタル放送
    • JC デジタル専門チャンネルおよびCSデジタル放送(JC-HITS)
  • 料金区分
    • 無印 基本契約のみで視聴可能
    • NHK NHK受信料は利用料に含まれない。NHKとの直接契約かoniビジョン団体一括支払契約が可能
    • B有 BS有料放送
    • C有 CS有料放送
    • PPV PPV放送
料金区分 アナログ デジタル STB 放送局
NHK 5 TD011 - 013 D011 - 013 (1) NHK岡山総合
NHK 3 TD021 - 023 D021 - 023 (2) NHK岡山教育
(C41) TD031 - 032 D031 - 032 (3) サンテレビ
9 TD041 - 043 D041 - 043 (4) 西日本放送
10 TD051 - 053 D051 - 053 (5) 瀬戸内海放送
11 TD061 - 063 D061 - 063 (6) RSK山陽放送
1 TD071 - 073 D071 - 073 (7) テレビせとうち
12 TD081 - 082 D081 - 082 (8) 岡山放送
2 瀬戸チャンネル[6]
2 建部チャンネル[7]
4 TD121 D121 (12) oniチャンネル[8]
NHK 17 (C20) BS101 BS101 NHK BS1
NHK 18 (C21) BS103 BS103 NHK BSプレミアム
BS141 - 143 BS141 - 143 BS日テレ
BS151 - 153 BS151 - 153 BS朝日
BS161 - 163 BS161 - 163 BS-TBS
BS171 - 173 BS171 - 173 BSテレ東
BS181 - 183 BS181 - 183 BSフジ
B有 BS191 BS191 WOWOWプライム
B有 BS192 BS192 WOWOWライブ
B有 BS193 BS193 WOWOWシネマ
B有 BS200 BS200 スター・チャンネル ハイビジョン
BS211 BS211 BS11
BS222 BS222 TwellV
C有,PPV JC150 JC150 パワープラッツ
C有,PPV JC171 JC171 スカチャン171
C有,PPV JC172 JC172 スカチャン172
C有,PPV JC173 JC173 スカチャン173
C有,PPV JC174 JC174 スカチャン174
JC700 JC700 (エラボ)ウェルカムチャンネル
JC710 JC710 ショップチャンネル
(C13) JC711 JC711 QVC
35 (C30) JC712 JC712 お天気チャンネル
C有 JC721 JC721 フジテレビTWO
JC722 旅チャンネル/MONDO TV(混成放送)
JC724 囲碁・将棋チャンネル
JC725 LaLa TV
JC730 J sports 3
JC731 J sports 1
JC732 J sports 2
C有 JC733 JC733 J sports 4
JC734 スカイA
40 (C40) JC735 GAORA
42 (C29) JC736 日テレG+
48 (C48) JC737 ゴルフネットワーク
JC739 JC739 フジテレビONE
C有 JC740 JC740 FIGHTING TV サムライ
JC741 釣りビジョン
22 (C46) JC750 チャンネルNECO
26 (C44) JC751 ファミリー劇場
JC752 日本映画専門チャンネル
27 (C43) JC753 時代劇専門チャンネル
JC754 FOX
25 (C50) JC755 スーパー!ドラマTV
JC757 AXN
C有 JC760 JC760 スター・チャンネル
C有 JC761 JC761 スター・チャンネル プラス
C有 JC762 JC762 スター・チャンネル クラシック
C有 JC763 JC763 衛星劇場
C有 JC764 JC764 東映チャンネル
JC765 TBSチャンネル
JC766 テレ朝チャンネル
JC767 日テレプラス
JC768 ホームドラマチャンネル
JC769 V☆パラダイス
43(C45) JC770 スペースシャワーTV
JC774 歌謡ポップスチャンネル
24 (C22) JC781 キッズステーション
JC782 アニマックス
32 (C51) JC790 日経CNBC
JC793 日テレNEWS24
31 (C34) JC795 テレ朝チャンネル2
49 (C35) JC798 ヒストリーチャンネル
JC799 ナショナルジオグラフィックチャンネル
C有 JC810 グリーンチャンネル
C有 JC811 グリーンチャンネル2
C有 JC812 SPEEDチャンネル
C有,PPV JC950 JC950 プレイボーイチャンネル
C有,PPV JC951 JC951 レインボーチャンネル
C有,PPV JC952 JC952 ミッドナイトブルー
C有,PPV JC953 JC953 パラダイステレビ
C有,PPV JC954 JC954 ピンクチェリー
PPV JC959 JC959 パワープラッツ・ナイト
PPV JC960 JC960 パーフェクトチョイス110
28 (C38) カートゥーンネットワーク
30 (C42) CNNj
44 (C47) MTV JAPAN

2010年(平成22年)4月からはスカイ・A sports+、FOX、ナショナルジオグラフィック、ホームドラマチャンネルとFIGHTINGサムライが終了し、ザ・シネマ、ミステリチャンネルとフジテレビNEXTが追加された。その他、詳細は以下の通り。

  • フジテレビONEとTWO(739と721の4月からの名称)が4月からオプション料金無しで受信可能に。
  • ヒストリーチャンネルが4月からデラックスコースに移行。
  • ミステリチャンネルはデラックスコースに追加。フジテレビNEXTはオプションチャンネルとして追加。
  • 2010年(平成22年)3月、デジタルコース加入者全員に「アダルトビデオ専門チャンネルとペイパービュー・チャンネルの放送終了と、別チャンネル追加のお知らせ」が、月刊番組表雑誌とは別に送付された。しかし、2010年5月14日現在、まだ視聴できる状態になっている。

地上デジタルテレビジョン放送は同一周波数パススルー方式のため、地上デジタル放送対応機器のみでoniビジョンのケーブルに直接接続して視聴が可能。

お天気チャンネルのEPG(電子番組表)でウェザーニューズの番組を放送する時間帯が掲載されているが、ウェザーニューズの番組が放送された事は一切無い。(BSデジタルデータ放送910chやパソコン向け動画配信で視聴可)

ケーブルテレビ局自主制作チャンネル[編集]

  • 121チャンネルと122チャンネルで放送されている。
  • 2018年7月5日までは6:00~24:00までは121チャンネルだけのハイビジョン画質放送で0:00~6:00が121チャンネルと122チャンネルの2分割されて標準放送であった。
  • 2018年7月6日からは24時間常時2チャンネル化を行い121チャンネル、122チャンネル両方ともハイビジョン画質での放送になった。音声は両チャンネルとも圧縮Bモードステレオである。

121チャンネル

6:00~24:00 自主制作番組の放送時間

0:00~6:00 ショップチャンネルのサイマル放送

122チャンネル

6:00~24:00 ショップチャンネルのサイマル放送

0:00~6:00 QVCのサイマル放送

ラジオ局[編集]

MHz 放送局
76.8 FM岡山
77.6 Kiss FM KOBE
78.2 FM香川
79.0 Radio MOMO
80.2 FM802
82.8 FMくらしき
85.1 FM大阪
85.8 NHK岡山FM

FM COCOLOは再送信されていない。

電話サービス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「岡山ネット、岡山に初のCATV 秋から試験放送」『日刊工業新聞』1992年1月8日付31面、日刊工業新聞社
  2. ^ 「三セクの暗雲 自治体を覆う バブルの果て 破たん相次ぐ 中国地方の第三セクター 306社の経営状況 岡山(その1)」『中国新聞』1998年10月27日付朝刊、中国新聞社
  3. ^ a b 「岡山ネットワーク 社長に小山氏起用 山陽新聞主導で再建」『中国新聞』1997年1月8日付朝刊、中国新聞社
  4. ^ 中鉄バスグループは1999年、岡山ネットワークおよびテレビせとうちの保有全株式を山陽新聞社に譲渡してテレビ事業から撤退した。
  5. ^ 久米南町oniビジョン加入契約約款
  6. ^ 東区瀬戸地域(旧瀬戸町域)向け自主制作チャンネル(愛称:瀬戸チャンネル)、2011年7月23日をもって放送終了し、Oniチャンネルに移行される予定である。
  7. ^ 岡山市北区役所建部支所が運営する建部地域(旧建部町域)向け自主制作チャンネル。建部地域のみ視聴可能。)、2011年7月23日をもって放送終了し、Oniチャンネルに移行される予定である。
  8. ^ 全エリア向け自主制作チャンネル(KCT倉敷ケーブルテレビでも「oniビジョン」のチャンネル名称で放送。また、一部の番組はみさきネットのコミュニティチャンネルでも放送される。)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]