厚床駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
厚床駅
厚床駅舎(2005年6月)
厚床駅舎(2005年6月)
あっとこ
Attoko
姉別 (6.6km)
(7.1km) 初田牛
所在地 北海道根室市厚床
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 根室本線(花咲線)
キロ程 398.9km(滝川起点)
電報略号 アト
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
10人/日(降車客含まず)
-2012年度-
乗降人員
-統計年度-
20人/日
-2012年度-
開業年月日 1919年(大正8年)11月25日
備考 無人駅
テンプレートを表示
厚床駅
標津線記念看板(2005年6月)
標津線記念看板(2005年6月)
あっとこ
Attoko
奥行臼 (11.5km)
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 標津線(支線)
キロ程 47.5km(中標津起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1933年昭和8年)12月1日
廃止年月日 1989年平成元年)4月30日
テンプレートを表示
ホームの様子 (2016年7月)
構内踏切跡
ホームの様子 (2010年8月)

厚床駅(あっとこえき)は、北海道根室市厚床にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線(花咲線)のである。電報略号アト。かつては標津線が分岐していたが、1989年に廃止、バス転換された。

2000年には青春18きっぷ(2000年夏)ポスターの撮影地に抜擢された[1]

歴史[編集]

1977年の厚床駅と周囲約1km×1.5km範囲。右の下が根室本線根室方面、上が標津線中標津方面。駅裏釧路側に機関区を持つ。駅舎横に貨物用切り欠きホームと2本の引込み線を持つ貨物積卸場がある。右側に明治乳業根室工場への専用線と貨車が見える。左側、駅前通から牧草地帯へ斜めに直進する軌道跡が殖民軌道風連線(古くは根室線)の跡で、この先で北へ向きを変え、姉別川を渡った。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅名の由来[編集]

駅名はアイヌ語の地名に由来する。その意味については「アッ・トゥク・ト(オヒョウニレの伸びている沼)」とする説がある。

駅構造[編集]

1面1線のホームを有する地上駅無人駅
かつては単式ホーム島式ホーム複合型2面3線を有する列車交換可能な交換駅であった。駅舎側単式ホームの1番線が根室本線の下り本線、島式ホーム内側の2番線が標津線、外側の3番線が根室本線の上り本線となっており、互いのホームは駅舎側ホーム中央部分と島式ホーム西側を結んだ構内踏切で連絡していた。その他、1963年(昭和38年)時点では3番線の外側に貨物側線を3線有していた[新聞 1]。標津線廃止の際に2番線の線路が撤去され単式ホーム2面2線となり、3番線が新たに2番線に改称された(貨物側線の撤去時期は不明)。その後2016年(平成28年)3月25日までは、当駅にて列車交換がある場合のみ、釧路方面行上り列車が2番線を使用していたが[新聞 1]、同年3月26日のダイヤ改正に伴う減便で、当駅での交換設備の運用を終了した。現在は2番線の線路及びホームは残っているが、構内踏切跡の階段部分に蓋がされ立入禁止となっている[新聞 1]

現在の駅舎は1989年(平成元年)の標津線廃止後にバス待合所兼用として建て替えられたものであり[4][5]、窓口は根室交通厚床案内所として営業する。 標津線廃止と同時の簡易委託化によりJR乗車券の発売も行っていたが、現在はバス乗車券のみ発売する。

戦前は馬市で活気づき、根室管内全域の馬が集まるほどだった。戦後、軍馬の需要がなくなると、酪農が台頭。1960年代は毎年約20万人が乗降するにぎわいを見せた[新聞 1]

駅弁[編集]

かつて駅前の「田中屋」が「ほたて弁当」を製造販売しており[新聞 1]、日本最東端の駅弁販売駅であった。しかし、1990年頃に厚床駅での販売が中止される一方、2004年から根室駅で駅弁の販売が開始されたため、日本最東端の称号は根室駅に譲ることとなった。駅での販売が中止されたのちも、駅前の「佐々木商店」で取り扱われていたが、2006年に販売終了となった。2012年には、7月21日から8月31日に運行された臨時列車「快速 北太平洋 花と湿原号」の厚床駅停車に合わせて、「ビーフサンダーマウンテン駅弁」が期間限定販売された。厚床駅から約2.5km北にある「明郷伊藤☆牧場」が製造販売を行い、快速運行時間以外でも予約することで牧場内で購入可能だった[6]

駅周辺[編集]

厚床市街地が広がる。しかし、廃屋が多く駅前は寂しい。

バス路線[編集]

根室交通(および共同運行会社)により根室駅方面、別海町中標津町方面(標津線廃止代替路線および中標津空港連絡バス)、釧路市方面および札幌市方面の都市間バスが発着する。

路線詳細は根室交通#路線バスを参照。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
根室本線(花咲線)
快速「はなさき」
浜中駅 - 厚床駅 - (下りのみ初田牛駅) - 根室駅
快速「ノサップ」
浜中駅 → 厚床駅落石駅
普通
姉別駅 - 厚床駅 - (※)初田牛駅 - (※)別当賀駅 - 落石駅
(※)一部列車は初田牛駅を通過し、下り列車はあわせて別当賀駅も通過する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 込山富秀 『「青春18きっぷ」ポスター紀行』 講談社、2015年5月26日、66-67頁。ISBN 978-4-06-219279-8
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m JR釧路支社「鉄道百年の歩み」北海道旅客鉄道株式会社釧路支社 平成13年12月発行。
  3. ^ 釧路鉄道管理局史 昭和47年10月発行。
  4. ^ 根室市 根室市のあゆみ (PDF)
  5. ^ フォト海道(北海道新聞写真データベース)
  6. ^ 駅弁「ビーフサンダーマウンテン」販売、明郷伊藤☆牧場、2012年07月20日更新、2016年6月21日閲覧。

新聞記事[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]