落石駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
落石駅
JR Nemuro-Main-Line Ochiishi Station building.jpg
駅舎(2018年9月)
おちいし
Ochiishi
別当賀 (10.3 km)
(4.0 km) 昆布盛
所在地 北海道根室市落石東
北緯43度11分54.1秒 東経145度31分10.2秒 / 北緯43.198361度 東経145.519500度 / 43.198361; 145.519500
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 根室本線(花咲線)
キロ程 424.8 km(滝川起点)
電報略号 オシ←ヲシ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
22人/日
-2014年-
開業年月日 1920年大正9年)11月10日
備考 無人駅
テンプレートを表示

落石駅(おちいしえき)は、北海道根室市落石東にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線(花咲線)のである。電報略号オシ事務管コードは▲110451[1]

歴史[編集]

1978年の落石駅と周囲約500m範囲。右が根室方面。相対式ホーム2面2線、駅裏に副本線、駅舎横の釧路側に櫛状の貨物ホームと引込み線を有し、隣の別当賀駅を180°回転させたような駅。白い冷蔵貨物車が2台留置されているが、ここも別当賀駅と同じく次年度の貨物取扱い廃止を控えて、ストックヤードには貨物がない。中心地である落石漁港(右下方向)とは少し離れている。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成

駅名の由来[編集]

駅名は、アイヌ語の「オク・チシ(山の尾根のくぼみ)」に由来する。「山の尾根のくぼみ」とは、落石岬が本土につながる所のくぼみのこと。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅保線のための側線も敷設されている。

根室駅管理の無人駅

駅舎には待合所のみ設置されている。根室方面に構内踏切がある。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 根室本線
(花咲線)
上り 釧路方面
2 下り 根室方面

駅弁[編集]

2020年4月6日に、JR北海道が、花咲線区間での「ご当地弁当」を楽しむ取り組みを目的に、茶内駅を発着する一部列車(上下各2本)で、以下の駅弁の出張販売(事前予約制)を行うことを発表した[6]

  • たこ飯弁当

利用状況[編集]

  • 2012 - 2016年(平成24 - 28年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は13.4人[7]
  • 2013 - 2017年(平成25 - 29年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は14.0人[8]
  • 2014 - 2018年(平成26 - 30年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は13.0人[9]
  • 2015 - 2019年(平成27 - 令和元年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は14.0人[10]

1日の平均乗降人員は以下の通りである[11]

乗降人員推移
年度 1日平均人数
2011 32
2012 26
2013 26
2014 22

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
根室本線(花咲線)
快速「ノサップ」
厚床駅落石駅根室駅
快速「はなさき」
別当賀駅 - 落石駅 - 昆布盛駅
普通
厚床駅 - *別当賀駅 - 落石駅 - **昆布盛駅 - 西和田駅
*:下りの一部列車は別当賀駅を通過する。
**:上りの一部列車は昆布盛駅を通過する。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本国有鉄道旅客局(1984)『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』。
  2. ^ a b c d JR釧路支社「鉄道百年の歩み」北海道旅客鉄道株式会社釧路支社 平成13年12月発行。
  3. ^ 『官報』 1920年10月30日 鉄道省告示第113号(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 「釧路鉄道電気史」1991年。
  5. ^ 石野哲(編)『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』JTB、1998年、884頁。ISBN 978-4-533-02980-6
  6. ^ “令和2年度花咲線の取り組み” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2020年4月6日), オリジナルの2020年4月6日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200406093702/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20200406_KU_hanasakisenn.pdf 2020年4月6日閲覧。 
  7. ^ 根室線(釧路・根室間), (日本語) (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区) (北海道旅客鉄道), (2017年12月8日), オリジナルの2017年12月9日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20171209102705/http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/senku/pdf/senku/05.pdf 2017年12月10日閲覧。 
  8. ^ 根室線(釧路・根室間), (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区)(地域交通を持続的に維持するために) (北海道旅客鉄道株式会社): p. 3, (2018年7月2日), オリジナルの2018年8月19日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20180818152757/http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/region/pdf/senku/05.pdf 2018年8月19日閲覧。 
  9. ^ 根室線(釧路・根室間) (PDF)”. 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区)(地域交通を持続的に維持するために). 北海道旅客鉄道. p. 3 (2019年10月18日). 2019年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月18日閲覧。
  10. ^ 根室線(釧路・根室間) (PDF)”. 地域交通を持続的に維持するために > 輸送密度200人以上2,000人未満の線区(「黄色」8線区). 北海道旅客鉄道. p. 3 (2020年10月30日). 2020年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月2日閲覧。
  11. ^ 国土数値情報 駅別乗降客数データ - 国土交通省、2020年9月21日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]