尾幌駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
尾幌駅
駅舎(2013年9月)
駅舎(2013年9月)
おぼろ
Oboro
上尾幌 (9.2km)
(9.2km) 門静
所在地 北海道厚岸郡厚岸町尾幌
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 根室本線(花咲線)
キロ程 340.9km(滝川起点)
電報略号 オホ←ヲホ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1917年大正6年)12月1日
備考 無人駅
テンプレートを表示

尾幌駅(おぼろえき)は、北海道厚岸郡厚岸町尾幌にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線(花咲線)の電報略号オホ

歴史[編集]

1977年の尾幌駅、周囲約500m範囲。右が根室方面。千鳥状にずれた形の単式ホーム2面2線、駅裏に貨物用の留置線を1本、駅舎横釧路側に貨物ホームと引込み線を有している。貨物取扱廃止後で駅裏のストックヤードは草生しているが、上尾幌駅と同じく周囲の山林から伐採された木材の搬出が盛んであった。駅の左下に見える木工場が、かつての活況を物語っている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅名の由来[編集]

当駅の所在する地域名(名)より。地域名はアイヌ語の「オポロペッ(o-poro-pet)」(川尻の・大なる・川)に由来する[4]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線のみの地上駅車掌車改造の待合室がある。無人駅

利用状況[編集]

2012 - 2016年(平成24 - 28年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は11.0人[5]

駅周辺[編集]

駅前は、車が何台か止められるほどの広さがある。国道からは奥まったところにある。尾幌の集落がある。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
根室本線(花咲線)
快速「はなさき」・快速「ノサップ」
通過
普通
上尾幌駅 - 尾幌駅 - 門静駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e JR釧路支社「鉄道百年の歩み」北海道旅客鉄道株式会社釧路支社 平成13年12月発行。
  2. ^ 「釧路鉄道電気史」1991年
  3. ^ 北海道630駅 小学館 1993年発行。
  4. ^ アイヌ語地名リスト オニシベ~キタ P31-40P”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月19日閲覧。
  5. ^ 根室線(釧路・根室間), (日本語) (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区) (北海道旅客鉄道), (2017年12月8日), オリジナル2017年12月9日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20171209102705/http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/senku/pdf/senku/05.pdf 2017年12月10日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]