北花田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北花田駅
1号出入口
1号出入口
きたはなだ
Kitahanada
M27 あびこ (1.9km)
(1.6km) 新金岡 M29
所在地 堺市北区北花田町二丁14-3
駅番号  M28 
所属事業者 大阪市高速電気軌道 (Osaka Metro)
所属路線 御堂筋線
キロ程 21.4km(江坂起点)
千里中央から27.3km
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
12,153人/日(降車客含まず)
-2017年-
乗降人員
-統計年度-
24,113人/日
-2017年-
開業年月日 1987年昭和62年)4月18日[1]
テンプレートを表示

北花田駅(きたはなだえき)は、大阪府堺市北区北花田町二丁にある大阪市高速電気軌道 (Osaka Metro) の駅番号M28

歴史[編集]

駅構造[編集]

コンコースにある大和川を模したタイル壁画

島式1面2線ホームの地下駅である。改札口は1ヶ所のみ。

昇降設備は、ホームから改札へは上りエスカレーターとエレベーターがあり、改札から地上へは改札近くにエレベーターがあり、エスカレーターはない。

トイレは改札内にあり、オストメイトに対応した多機能トイレがある。

当駅は、天王寺管区駅に所属しており、新金岡駅の被管理駅である。

改札口の前には大和川を模したタイル壁画がある。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 M 御堂筋線 なかもず方面[2]
2 天王寺なんば梅田千里中央方面[2]

利用状況[編集]

2017年11月14日の1日乗降人員24,113人(乗車人員:12,153人、降車人員:11,960人)である[3]。イオンモール堺北花田店開業などにより乗降人員が増加していたが、近年は微減傾向である。御堂筋線の単独駅では新金岡駅西田辺駅に次いで3番目に少ない。

年度別利用状況(大阪府統計年鑑より)
年度 調査日 乗車人員 降車人員 乗降人員
1987年 11月10日 5,667 5,444 11,111
1990年 11月06日 7,154 6,737 13,891
1995年 [注 1]2月15日 7,177 7,090 14,267
1998年 11月10日 8,083 7,292 15,375
2007年 11月13日 11,756 11,558 23,314
2008年 11月11日 11,880 11,813 23,693
2009年 11月10日 11,889 11,684 23,573
2010年 11月09日 11,815 11,770 23,585
2011年 11月08日 11,898 11,876 23,774
2012年 11月13日 12,097 11,944 24,041
2013年 11月19日 12,396 12,358 24,754
2014年 11月11日 12,603 12,590 25,193
2015年 11月17日 12,405 12,385 24,790
2016年 11月08日 12,265 12,211 24,476
2017年 11月14日 12,153 11,960 24,113

駅周辺[編集]

北花田駅周辺遠景

イオンモールのような大型SCが建設され、また他にも飲食店やコンビニ等各種店舗が増加傾向にあり繁華街化が進んでいる。

バス[編集]

南海バス

隣の駅[編集]

大阪市高速電気軌道 (Osaka Metro)
M 御堂筋線
あびこ駅 (M27) - 北花田駅 (M28) - 新金岡駅 (M29)
  • ( ) 内は駅番号を示す。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1996年に行われた調査であるが、会計年度上は1995年度となる。

出典[編集]

  1. ^ a b 鉄道ジャーナル』第21巻第8号、鉄道ジャーナル社、1987年7月、 122頁。
  2. ^ a b Osaka Metro|あびこ” (日本語). www.osakametro.co.jp. 2018年8月12日閲覧。
  3. ^ 路線別駅別乗降人員(平成29年11月14日 交通調査日) (PDF) - Osaka Metro

関連項目[編集]

外部リンク[編集]