兵糧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

兵糧(ひょうろう、兵粮軍糧とも)とは、戦争時における軍隊食糧のこと。日本においては主食であるについて論じられる事が多く、兵糧米(ひょうろうまい・兵粮米)などとも呼ばれている。米の他にも大豆の食糧(馬糧)としても重要視された)なども含まれている。

律令時代(古代)[編集]

古来から従軍する兵士には兵糧携帯の義務があり、律令法においては6斗及び塩2升の自弁が定められていたが、実際には60日分に過ぎず、かつ大量の兵糧携帯は場合によっては行軍の妨げになる可能性もあった。そこで、蝦夷討伐に際しては東国からの調達が許され、『延喜式』においては長門国公出挙稲4万束が兵粮料として充てることが定められている。また、実際の軍事行動の際には地元有力者からの献納や徴発に頼ることが多かった。

平安末期-鎌倉時代(中世)[編集]

中世以後は一国平均役の一環として徴収される例が見られ、特に源平合戦(治承・寿永の乱)においては平家源氏双方が兵粮米の賦課を行っている。だが、現地における兵粮米の賦課・徴発は兵士による濫妨を招く可能性があった。文治元年(1185年)に源頼朝守護地頭の設置求めて文治の勅許を受けると、同時に荘園国衙領の田1段から兵粮米5升を徴収する権利を得た。だが、国司荘園領主達の反発が強く、翌年には撤回された。

南北朝-戦国時代(中世)[編集]

南北朝時代に入ると、北朝室町幕府)は 兵粮料所半済令参照のこと)を、南朝朝用分を設定して兵糧確保にあたった。室町幕府や守護大名の職制では、御蔵奉行が兵糧確保の任務にあたっていたが、 戦国時代には、平時より蔵入地を設置して兵粮確保に力を注ぎ、戦時に際して小荷駄奉行とその下に小荷駄隊を設けるのが一般的となった。

上泉信綱伝の『訓閲集』(大江家兵法書を戦国風に改めた書)巻六「士鑑・軍役」の「小荷駄奉行のこと」の項目には兵糧を3つに分類しており、「公儀の糧(腰につけ、帰る時に食べる)」、「主人の糧(着陣1前に食べる)」、「私の糧(主人より渡される昼飯で何時でも食べる)」と記し、また、上兵には白米、下兵には黒米を渡すことなどが記述されている。

敵方城下の兵糧を買い占めるなどして兵糧を断つ戦術を「兵糧攻め」といい(『広辞苑』)、例として、『信長公記』には豊臣秀吉鳥取城に行ったことが記されているが(「鳥取城」も参照)、大大名の財源あって可能な戦術であり、逆に商人との交渉で兵糧米の買い入れに失敗した事例としては、永禄7年(1564年)に国府台城里見義弘太田康資が商人との交渉で価格が折り合わず、岩槻城向けの兵糧を調達できなかった話がある[1]

近世[編集]

豊臣政権によって兵農分離が進められると、武士が兵士としての役目を行うことが原則となるとともに兵糧携帯の義務が廃されて、代わりに兵糧の調達・運搬は農民ら領民の義務とされた。また、大名は戦時に備えてあらかじめ米や塩・味噌などの調達・輸送計画を立案してこれに基づいた兵糧調達・購入が行われ、円滑な軍隊動員が行われるようになった。これと同時に現地における兵糧調達は原則として禁止されて濫妨や刈田軍律によって厳しく禁じられることになった。

大日本帝国の陸軍給与令の兵食[編集]

兵営内で炊爨し、在営中の下士官兵およびその他特に定められた者に給される。 陸軍における兵食の給与量は、平時は主食として精米600g 、精麦186g を給し、副食物はその地方の物価その他の状況を顧慮して定められた定額を現在人員に対して部隊に交付し、該部隊において適宜調弁して炊爨調理のうえ給与し、演習あるいは特殊の労務に服する者にはこのほか増賄をなす。

糧食および食料
日額
食糧 賄料
精米 精麦 金額 地方区分
600g 186g 19銭1厘 第一区
18銭8厘 第二区
18銭5厘 第三区
18銭2厘 第四区
野外増賄料 4銭2厘
増賄料 6銭5厘
夜食料 1食分6銭

(上の表について)(1)地方区分は、別に定めがある。(2)各区内の賄料は、土地の状況または兵員の多少によって増減することがあるが、1人1日の平均額は、表の金額を超過しない。(3)賄料は、表の金額の範囲内において別に規定するところにより現品で交付することがある。

また拘禁中、留置懲罰中の者には減給の規定がある。 なお平時は上記糧食のかわりに乾パン、缶詰肉などを用いる場合がある。

平時食糧換用品
品目 数量
乾パン 675g
缶詰肉 150g
食塩 12g
醤油エキス 18g

戦時には給養が確実にするために出征部隊にはすべて現品で定量が支給される。

野戦食糧および加給品
区分 基本定量 代用定量
品種 1人1日の定量 品種 1人1日の定量
野戦食糧 主食 精米
精麦
640g
200g
精米
パン
乾パン
855g
1020g
675g
うち1種
副食 肉類 缶詰肉 150g 骨付生肉
骨付塩肉
無骨生肉
無骨塩肉
骨付乾燻肉

無骨塩燻肉
200g
200g
150g
150g
150g
150g
120g
うち1種
野菜類 乾物 110g 生肉 500g
漬物類 梅干
福神漬
40g
40g
うち1種 糠漬
塩漬
60g
60g
うち1種
調味料 醤油エキス
食塩
粉味噌
砂糖
20g
12g
40g
15g
醤油
味噌
0.1l
75g
飲料 3g
加給品 清酒
火酒
甘味品
0.4l
0.1l
120g
うち1種
紙巻煙草 20本

(上の表の野戦食糧について)(1)現地で調弁し得るときは、無骨生肉または卵をそれぞれ260g、骨付生肉を340gまで給することができる。 (2)パンを給する場合は、1食につき砂糖(またはジャム)を35gまで給することができる。 (3)現地調弁の野菜で製造した漬物は、1人1日の定量を100gまでとし、これに要する食塩は適宜使用することができる。 (4)酢、ソースは、醤油と同一割合で換給することができる。 (5)この表のほか所要の香辛料および脂油を給することができる。 (6)特別の状況によって清水の給与を要するときは、飲料および調理用(洗浄その他雑用を含まない)をあわせ1人1日量4lを標準とする。 (7)給与上特別の必要のある場合にかぎりこの表の品種の一部に対し他の品種で換給することができる。その品種定量は戦地の最高等司令官の定めるところによる。

(上の表の加給品について)他の品種で換給する場合にはこの表の品種の価格を標準とする。

さらに状況に応じて一定の増額を行なうほか滞陣間、定量の一部を金額で支給することがある。 また非常の場合には携帯口糧で一時の飢えを凌ぐことになっている。

野戦携帯口糧
品種 1人1日の定量
精米 6合 うち1種
乾パン 180匁
缶詰肉 40匁
食塩 3匁

(上の表について)缶詰肉は騎兵および騎兵隊と行動をともにする部隊の乗馬者は20匁とする。現地で調弁することができるときは野戦糧食の定量まで給することができる。

日本陸軍の身体健康な兵が中程度の兵業に従事した場合の1日の体内消費エネルギー量は平均2769カロリーであり、野外演習、戦闘教練などにおいては5000ないし7000カロリーとされた。 そして諸点を考えると、少なくとも兵1人1日の給与量は3100カロリー以上が必要であるとされた。

陸軍の平時定量は約3160カロリー、戦時定量は3643ないし3797カロリー、携帯口糧(乾パンの場合)は2639カロリーであった。

部隊の給与については、衛生部員ならびに経理委員は廉価で滋養豊富な食品を選択し、品質を毎日検査し、食品の配合ならびに調理法を考究し、時々各人の嗜好を調査考慮して食味の単調を避け、食欲を良好にして兵業に堪え得る立派な体力と健康を保持し、きわめて旺盛な士気を発揚させることに努めなければならないとされた。

馬糧[編集]

馬糧については、軍記物の記述(後述)として、米糠大豆が挙げられる。一例として、『小田原北条記』巻五「松山合戦」内の記述として、米糠と藁を馬の糧として出している他、同書巻七の逸話では、戦国時代に甲斐黒という馬は1日1(明治期の基準では18リットル超)も大豆を食したと語られている(この内容はあくまで和種馬に対する記述である)。

近代期の日本軍における軍馬の馬糧に関しては、「糧秣」「携帯糧秣」も参照。

第二次世界大戦時では、国民が総動員されたため、子供も軍馬の馬糧となる干し草作りを課されたとされ、一例として、群馬県東村(現伊勢崎市)では、昭和17年、夏休みとなると、軍馬用の干し草作りを課された(五十嵐富夫 『群馬県の歴史シリーズ5 図説伊勢崎・佐波の歴史』 あかぎ出版 p.181.)。

世界の兵糧[編集]

日本において、凱旋と出陣時に、勝ち栗、打ちアワビ、昆布を(敵に打ち勝ち、よろこぶ)にかけて儀式と共に食べられた。

城の敷地内に、食料や燃料となる食物を育てる例が見られる。熊本城では、庭に銀杏、畳に芋茎、壁に干瓢、堀に蓮根が備えられていた。柿は干し柿にして保存された。栗は勝ち栗ともなり、保存も出来たことから保管された。松は燃料となり、非常食の松皮餅ともなった。梅は食料保存や傷の消毒ともなり奨励された。徳川家康は駿府城に食料となるようにミカンを植えた。米は乾燥させ干飯とした。そして数多くの味噌と、それらを使った兵糧丸が考案された。

ヨーロッパ
  • 出陣側:荷物を運ぶ牛(運んだあとに食料となる)、クラッカーや乾パン、塩漬け食料、ピクルス、ラード、乾燥マメ、チーズ、ビール・ワイン。キリスト教の戒律で肉を食べない日もあったので、乾燥または塩漬けされた魚(特にタラの塩漬けであるバカラオ大航海時代も支える優秀な食料であった。)他、酢、オリーブオイル、コショウ、サフラン、生姜。
十字軍の時代になると、ナツメヤシレーズンなどのドライフルーツがヨーロッパにもたらされた。
ナポレオン軍
ナポレオンの時代、「24オンスのパン、0.5ポンドの肉、1オンスの米、または2オンスの乾燥豆またはエンドウ豆またはレンズ豆、1クォートのワイン、ブランデー1ギル(約4分の1パイント)、0.5ギルのビネガー」が配給された。またフランスパンが細長いのは、ナポレオンが兵士のズボンのポケットに入れられるよう作れと命令したためだと言われている。そして、兵糧のためにナポレオンが懸賞をかけて缶詰が発明された。
たまねぎも食べられており、ナポレオンが擲弾兵に何をパンに擦り付けているか聞いたことから生まれたという行進曲『たまねぎの歌(邦題:クラリネットをこわしちゃった)』がある[2]
中国[3]
中国では、兵糧を干粮という。
漢王朝以前や中国北部では、米や小麦に比べて保存が効きやすい(キビ)が重宝され、塩・野菜の漬物・発酵漬けされた魚英語版・豆から作った調味料などが加えられた粥(小米粥)として供された。漢王朝以後は、種無しパンが食べられるようになり、そのままだと硬いため、茶やスープと共に食べられるようになった。
明になると、真ん中に穴が開いた乾パンを紐を通して持ち運び食べられた。これら乾パンは軍用のみ作られた。
唐・宗になると、烧饼大饼、麻饼・キビ餅・雑餅がたべられた。特に有名な物は「锅盔饼」である。
中国南部では、粟を食べる習慣が無かったので、干飯が食べられた。
主食以外は悲惨で、味噌と漬物、豆を粉にしたものを茹で乾燥させ固めた物で、新鮮な肉や野菜が無かった。もし村から耕作用の牛を取ってきて食べようとした場合は死罪であった。そのため、肉を手に入れるには、敵や味方であった人間を調理する必要があった。
遠征前には豪勢な宴会が開かれ、牛酒がふるまわれた。
元(モンゴル)では、肉を乾燥させた乾燥肉を牛の膀胱に詰めたボルツが食べられた。また、食料用の家畜と共に行動し、時には狩りを行った。これらの食料や新鮮な馬の乳は、栄養が豊富であったため兵站を無くし機動的な戦闘を行うのに重宝した。
中東
オスマン帝国時代の常備軍イエニチェリは、トルコ歴史学の研究者Virginia H. Aksan英語版によると「焼きたてのパン、パンが手に入らないときはビスケット。毎日約200グラムの肉(羊肉)、蜂蜜、コーヒー、米、そして馬のための大麦とブルグル」が配給されていたと述べている。
近代
  • 缶詰が発明されたあとも、様々な調理技術によってレーションが開発された。

栄養失調[編集]

単調な偏った食事に起因する栄養失調になるため、過去の多くの軍で脚気ペラグラなどの病気や、ウイルス抵抗力低下による病気罹患率の上昇が発生した。飽きて食料を捨ててしまう人もいたので、更に摂取カロリーの低下も招いた。こういった飢餓についての貴重な資料として、ミネソタ飢餓実験が報告されている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 広島市郷土資料館編集 『近代の「兵食」と宇品陸軍糧秣支廠』 広島市教育委員会発行、2003年10月