ポスカ (飲料)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ポスカ(英語:Posca)は、古代ローマの兵士、奴隷、低層民に飲まれていた酢と水を混ぜた飲み物である。

語源[編集]

poscaという単語は、ラテン語のpotor(飲み物)またはギリシャ語のepoxos(非常に鋭い)のいずれかに由来する[1]。ギリシア語にはもともとなかった言葉で、聖書などではοξος(oxos、酢)という語で置き換えられていた。東ローマ帝国の軍隊がphouskaと名付けたものを飲むローマの伝統を続けたので、その後6世紀頃からギリシャ語に流入した。

エピソード[編集]

将軍と皇帝が行軍中、兵士たちと同じように飲み連帯感を高めるのに用いた。

キリストが磔刑にされた際、スポンジに含ませて飲ませた話がある。

哲学者ジェロラモ・カルダーノは、1562年に記した Encomium Neronis において、ローマ軍の優秀さの理由を以下の3点、すなわち莫大な給料、トレーニングによって培われた頑健さと重量物の運搬能力、そして塩漬けの豚肉・チーズ・ポスカといった良質な飲食物、に集約している。

出典[編集]

  1. ^ Roth, Jonathan. The Logistics of the Roman Army at War (264 B.C.-A.D. 235), pp. 37-38. BRILL, 1999. 90-04-11271-5

関連項目[編集]

  • オキシメル英語版 - 酢と蜂蜜を混ぜた薬。
  • スウィッチェル(en:Switchel) - イギリスの酢と水、まれにしょうがを混ぜた飲み物。