Dレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Dレーション (D-Ration) とは、チョコレートカカオ油脂をベースとして栄養(特にカロリー面)を強化した個人携帯用非常食で、主に第二次大戦中に米軍で使用された特殊レーションである。

概要[編集]

緊急時、早急に空腹感を満たし活動に必要なカロリー摂取を目的とした物で、小型・軽量のスナックバーヌガーバーシリアルバー等)を原型とした、非常用携帯食である。

栄養バランスに富んで食する楽しみをも満足させるCレーションとは異なり、開発段階から高温時の溶出防止に耐熱性が重視され、味覚や食感は考慮されていない。遭難や補給線の分断など通常のレーション供給が不可能な状況時の飢餓による士気低下防止目的に開発され、1932年に開発された緊急用レーションを原型として約110グラムのブロック状の食品が完成し、1938年に制式採用される。

チョコレート・砂糖脱脂粉乳ココアバターオート麦香料を原材料として作られた物で、パラフィン紙・または紙で包まれた上で紙箱に収められる。一食分で熱量約600kcalを有し、平静時成人男子1日当たりの必要熱量1800kcal相当である3個が1日単位として包装される。1日4個の摂食により、活発に活動する成人男子1日当たりの必要熱量2400kcalを充足可能だが、風味の貧弱さから餓死を忌避する程度しか摂食出来なかった。

1940年代、数億個とも喧伝されるほどの過剰生産により第二次大戦中を通じて一般食として支給され、兵員たちの評判は最悪を極め士気にも関わった。1944年に製造を終了し、メニュー豊富で栄養バランスが重視された一般的な屋外配給食であるCレーションや、軽量コンパクトにまとめられ落下傘降下部隊用に開発された特殊レーションの改良型であるKレーションへ代替された。本品の評価は低いが今日のレーションには本品小型版が付属された物もあり、副食として一定の評価がある。詳細はアメリカ軍用チョコレートを参照のこと。現代では簡便に空腹感を充足させる本品類似の食品も広く市販されている。

関連項目[編集]