グロッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グロッグ(Grog)は、ラムを水で割った飲み物。近年では、下記のようなカクテルとしても飲まれている。カクテル名は水割りラムを考えた提督のあだ名から付けられた。

由来[編集]

大航海時代、長期の航海では樽に入れた飲み水にが生えて飲めなくなるため、船員への水分補給に酒を配給しており、1655年ジャマイカ征服後は、ビールブランデーの代わりにラムが飲まれるようになっていった。

イギリス海軍エドワード・バーノン(英語版)提督は、何日か分の酒を一気に飲み干した者がいたため、ラムを水で割って配給する事にした(1740年8月21日)。船員には不評で、提督のあだ名"Old Grog"からこの酒は"Grog"と呼ばれる(ラム酒の項参照)。

後にレシピにレモン等シトラス系の果汁が入ったのは、壊血病を防ぐビタミンCを摂るため。イギリス海軍では1970年までグロッグの配給を続けた。また、ロバート・スミスによってアメリカ海軍にも採用され、採用者のあだ名で呼ばれた事にちなみ、グロッグを『ボブ・スミス (Bob Smith) 』と呼んだ(通常、Robertの愛称はBobになる)。

北欧諸国などではグリューワイン(ホットワイン)を「グロッグ」(: Gløgg: Gløgg)と称す。

また、酔ってふらふらの状態をグロッキーと呼ぶ事があるが、グロッグを飲み酩酊状態に陥った者という意味の『 グロッギー(groggy)』が由来である。

標準的なレシピ[編集]

作り方[編集]

  1. 温めたタンブラーに、ラム、レモン・ジュースを注ぐ。
  2. 角砂糖、シナモン・スティックを入れる。
  3. 熱湯で満たす。
  4. ステアする。
  5. クローブ3、4粒を浮かべる。

備考[編集]

  • 各材料の割合は、飲む人の好みに応じて増減される場合もある。

バリエーション[編集]

コーヒーにラムを入れたもの(ラムのコーヒー割り)を、コーヒー・グロッグと呼ぶ。 ただし、通常はラムの他に、適量の砂糖やバターを加える [1] 。 このコーヒーにラムを入れるという飲み方は、特に北ヨーロッパで好まれている [2] 。 なお、バターの代りに、生クリームを使う場合もある [1]

出典[編集]

  1. ^ a b 柄沢 和雄 『コーヒードリンク246』 p.49 柴田書店 1995年8月10日発行 ISBN 4-388-05755-X
  2. ^ 柄沢 和雄 『コーヒードリンク246』 p.153 柴田書店 1995年8月10日発行 ISBN 4-388-05755-X

参考文献[編集]

  • 社団法人日本バーテンダー協会編著 『ザ・カクテルブック』発行:株式会社柴田書店 1991年12月10日初版(ISBN 4-388-05666-9)

外部リンク[編集]