京王ライナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
京王ライナー
シンボルマーク
京王ライナーに使用される5000系電車 (2018年2月24日、笹塚駅)
京王ライナーに使用される5000系電車
(2018年2月24日、笹塚駅
概要
種類 座席指定制列車
現況 運行中
地域 東京都神奈川県
運行開始 2018年2月22日
運営者 京王電鉄
路線
起点 新宿駅
終点 京王八王子駅橋本駅
使用路線 京王線相模原線
車内サービス
クラス 普通車
座席 全車指定席
技術
車両 5000系
軌間 1,372 mm
電化 直流1,500 V
テンプレートを表示

京王ライナー(けいおうライナー)とは、京王電鉄2018年2月22日より運行開始した座席指定列車である[1][2]列車種別名も兼ねている[2]

概要[編集]

京王電鉄では初の座席指定列車であり、長距離区間の利用者の着席ニーズに対応し[3]、勤務先・外出先からの帰宅時に便利な列車として、平日・土休日の夜間に新宿駅京王八王子駅行及び橋本駅行として運行される[4]

2017年4〜5月にかけて座席指定列車の愛称投票が行われ、候補に挙げられた「京王ライナー」「京王スマートライナー」「京王プライムライナー」「Luxpress(ラクスプレス)」「WESTAR(ウェスター)」のうち[注釈 1]、最多得票約6,300票(総数約2万4,000票)を獲得した「京王ライナー」が選ばれ[4]、2018年1月24日に発表された[2][3]。この「京王ライナー」とは、京王電鉄の新サービスをシンプルに表現したものである[4]

なお、京王ライナーの運行開始に伴い、関東大手私鉄で運賃とは別に料金が必要な列車を運行していない事業者は相模鉄道のみとなった[注釈 2]

運行形態[編集]

始発の新宿駅停車中では車端部のドアのみ開かれる

平日は20時、土休日は17時から京王八王子行と橋本行がそれぞれ1時間に1本ずつ、計10本運行される[1][2][3]。新宿駅停車中は和田一樹作曲のオリジナルBGMが車内で流される[2]

停車駅[編集]

京王線
新宿駅府中駅分倍河原駅聖蹟桜ヶ丘駅高幡不動駅北野駅京王八王子駅(最速35分)
相模原線
新宿駅→京王永山駅→京王多摩センター駅(最速24分)→南大沢駅橋本駅
  • 新宿駅は2番線から発車する。府中駅・京王永山駅以降の停車駅は特急・準特急と同じ[2]
  • この他に明大前駅に運転停車する[5]

座席指定券[編集]

京王ライナー 座席指定券

新宿駅から乗車する場合は座席指定券が必要で、座席指定券の料金は一律400円(大人小児同額)である[1]。購入せずに乗車した場合は車内料金700円を徴収される。また、車内で購入した場合は着席できない可能性がある。なお、府中駅、京王永山駅より先の各駅から乗車する場合は座席指定券が不要となる[2][3]

座席指定券は発売専用Webサイト「京王チケットレスサービス」、または新宿駅に設置の専用券売機で乗車日当日に購入できる。京王パスポートカードクレジット会員は、「京王チケットレスサービス」での優先予約サービス(乗車日の前日)や購入額の1%分の京王グループ共通ポイントを加算、同月内に4席購入ごとに100ポイントをプレゼント、京王グループ共通ポイントでの決済可能などの特典がある[2]

京王チケットレスサービスの場合は発車15分前まで座席の指定が可能であり発車5分前まで号車と座席タイプ(通路側か窓側)の指定や乗車変更、払い戻しが可能、また改札外の専用券売機では号車の選択が可能である。

使用車両[編集]

京王ライナー使用時の車内

5000系(2代)が使用される[2][6]。「京王ライナー」運行時の総定員は438席で、座席はクロスシート(車端部は3人掛けロングシート)になり、車内の照明が落ちついた暖色に変わるほか、全席に電源コンセントが完備される[2][6]。座席は転換が可能だが、その際には肘掛け後部にあるレバーを引くことで転換できる。車端部のロングシートには優先席の標識が掲載されているが、座席指定券が不要となる区間においても優先席としての取り扱いは行わない。

Mt.TAKAO号[編集]

Mt.TAKAO
概要
種類 座席指定制列車
地域 東京都
運行開始 2018年11月10日
運営者 京王電鉄
路線
起点 高尾山口駅
終点 新宿駅
使用路線 京王線高尾線
車内サービス
クラス 普通車
座席 全車指定席
技術
車両 5000系
軌間 1,372 mm
電化 直流1,500 V
備考
京王ライナーの臨時列車。上りのみ。
テンプレートを表示

Mt.TAKAO号(マウントたかおごう)とは高尾山の混雑が最も激しくなる11月に運行される多客期臨時列車である。京王ライナーの臨時列車の扱いであるが、上りのみの運行で高尾山口駅から新宿駅までノンストップ[注釈 3]列車となっている[7]。通常の京王ライナーと同様、乗車には座席指定券が必要であり、座席指定料金は京王ライナーと同額の400円であるが「チケットレスサービス」では販売されず高尾山口駅でのみ販売される[7]

2018年は土休日1日2本[注釈 4]、平日1日1本[注釈 5]で運行される予定である[7]

沿革[編集]

  • 2016年(平成28年)3月16日:有料の座席指定列車を2018年春から運行することが発表される[8]
  • 2017年(平成29年)4月26日:座席指定列車の5つの愛称候補(前述)が発表され、翌日から投票を開始[9]
  • 2018年(平成30年)
    • 1月24日:愛称の投票結果や指定席料金、停車駅等の詳細が発表される[2]
    • 2月22日:座席指定列車「京王ライナー」の運行を開始[2]
    • 11月10日︰臨時多客期座席指定列車「Mt.TAKAO号」の運行を開始[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “京王ライナー2月22日発進 座席指定一律400円”. 産経ニュース. (2018年1月24日). http://www.sankei.com/photo/daily/news/180124/dly1801240019-n1.html 2018年1月24日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l “2月22日から当社初となる有料の座席指定列車「京王ライナー」が夜間時間帯に運行開始!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 京王電鉄株式会社, (2018年1月24日), https://www.keio.co.jp/news/update/news_release/news_release2017/nr180124_keio-liner.pdf 2018年1月24日閲覧。 
  3. ^ a b c d “京王線の座席指定列車、愛称は「京王ライナー」新宿の次は「府中」「永山」”. 産経ニュース. (2018年1月24日). http://www.sankei.com/economy/news/180124/ecn1801240029-n1.html 2018年1月24日閲覧。 
  4. ^ a b c “「京王ライナー」座席指定列車の愛称が決定! ダイヤ改正2/22実施”. マイナビニュース. (2018年1月24日). https://news.mynavi.jp/article/20180124-575547/ 2018年1月24日閲覧。 
  5. ^ “京王電鉄の座席指定列車「京王ライナー」が2月22日にデビュー 調布駅の通過に賛否も”. ライブドアニュース. (2018年2月25日). http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14350269/ 2018年3月12日閲覧。 
  6. ^ a b “京王電鉄16年ぶり新車5000系登場 有料着席列車運転へ 座席は3変化”. 乗りものニュース. (2017年7月19日). https://trafficnews.jp/post/76601 2018年1月22日閲覧。 
  7. ^ a b c d “臨時座席指定列車「Mt.TAKAO号」を運行します!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 京王電鉄株式会社, (2018年9月26日), https://www.keio.co.jp/news/update/news_release/news_release2018/nr180926_takaozasekishitei.pdf 2018年9月26日閲覧。 
  8. ^ “2018年春、当社初の座席指定列車を導入します!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 京王電鉄株式会社, (2016年3月16日), https://www.keio.co.jp/news/update/news_release/news_release2015/nr160316_zasekishiteiressha.pdf 2018年2月24日閲覧。 
  9. ^ “2018年春に運行開始する有料の座席指定列車の愛称投票を実施します!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 京王電鉄株式会社, (2017年4月26日), https://www.keio.co.jp/news/update/news_release/news_release2017/nr170426_zasekishitei.pdf 2018年2月24日閲覧。 

注釈[編集]

  1. ^ これらの候補は、いずれも2017年4月24日に京王電鉄が商標登録を出願している。
  2. ^ 関東以外の大手私鉄では、阪急電鉄阪神電気鉄道近畿日本鉄道直通の団体貸切扱いで運転する臨時特急を除く)や西日本鉄道も含まれる。
  3. ^ 京王ATCの都合上、数駅に停車を行うが客扱いを行わず運転停車となっている。
  4. ^ 11月10日 - 11月25日までの土休日
  5. ^ 11月21日と11月22日のみの運転

関連項目[編集]

外部リンク[編集]