京王バス小金井・小金井営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
京王バス小金井・小金井営業所
小金井営業所所属車両

京王バス小金井・小金井営業所(けいおうバスこがねい・こがねいえいぎょうしょ)は、東京都小金井市本町5丁目3番31号に所在する、京王電鉄子会社・京王バス小金井の営業所である。JR中央線豊田車両センター武蔵小金井派出所(旧:武蔵小金井電車区)の東端に隣接している。

小金井市、小平市府中市武蔵野市に乗り入れる路線を担当している。

沿革[編集]

2005年2月、現所在地に所在していた京王電鉄バス府中自動車営業所の待機駐車場内に京王電鉄バス小金井営業所として開設され、府中営業所の武蔵小金井駅発着便の多くを移管。その後、新設された子会社の京王バス小金井に全面移管された。京王バス小金井は貸切事業免許を持たず、高速バスの運行も行っていない。

(2005年11月以前の沿革は、京王電鉄バスを参照のこと)

  • 2005年11月1日 - 小金井地区路線の一部の運行を京王電鉄バスから移管される。
  • 2007年3月18日 - PASMOを導入(Suicaとの相互利用を開始)。
  • 2010年3月31日 - この日をもって、武蔵小金井駅構内にあった京王バス小金井案内所の営業が終了。
  • 2011年4月1日 - 当営業所所管路線は武蔵小金井駅北口発着路線のみだったが、一部系統を武蔵小金井駅南口発着に変更。
  • 2018年4月16日 - ダイヤ改正により、武02、東01、境81、武51系統が府中営業所より移管された。府75系統は府中営業所に再移管された。

現行路線[編集]

小金井市コミュニティバスCoCoバス」のように、武蔵小金井駅およびその周辺発着であっても、京王バス中央の単独運行である路線が存在する。

武51系統(西之久保循環)[編集]

  • 武51:武蔵小金井駅南口 → 前原町 → 貫井南町一丁目 → 東経大前 → 武蔵小金井駅南口(西之久保循環)
  • 武51:貫井南町一丁目 → 東経大前 → 武蔵小金井駅南口

2018年4月16日に府中営業所から移管された。

貫井南町一丁目始発は、早朝のみ1- 2便運行される。

全体的に狭い道を通る為中型車が運行される。

武02系統、東01系統(関野橋循環)[編集]

  • 武02:本町五丁目-武蔵小金井駅北口-関野橋-東小金井駅
  • 東01:東小金井駅→法政大学→関野橋→東小金井駅

2018年4月16日に府中営業所から移管された。

武02は、JR中央線の武蔵小金井駅と東小金井駅の1駅間を結ぶ路線。

東01は小金井第三小学校先回りの午前回りと梶野町三丁目先回りの午後回りがあり、東小金井駅発時間を基準として午前と午後で運行経路が変わっていたが、2018年4月16日のダイヤ改正で午前周りに統一された。

東小金井駅〜小金井第三小学校間で両系統は同一の経路を走行する。

こちらも基本的に中型車で運行される。

境81系統、境82系統[編集]

境81は2018年4月16日に府中営業所から移管された。

境81は、武蔵小金井駅と武蔵境駅を新小金井駅経由で結ぶ路線。一部区間で小田急バス武蔵境営業所担当の路線と重なる区間がある。また、井口新田~井口日赤入口間には小田急バスの武蔵境営業所があり、小田急バスはバス停が設けられているが境81系統は通過するので注意が必要である。

2018年4月16日のダイヤ改正において境81系統は朝数本のみの運行になり大部分が東小金井駅発着の新設された境82系統に振り替えられた。武蔵小金井駅 - 中町二丁目間は利用者数が少なかったのか、朝のみの運行となり大幅減便となった。また本数も毎時1本程度だったものが同日のダイヤ改正で境82系統になると同時に武蔵境駅 - 新小金井駅間の本数も2時間に1本程度と大幅に減便された。

境81は中型車での運行だが境82は大型車での運行。

武31系統(中大循環)[編集]

  • 武31:武蔵小金井駅北口→ナンジャモンジャ通入口(先回り)→中大付属高校中大循環)→武蔵小金井駅北口(午後回り)
  • 武31:武蔵小金井駅北口→中大付属高校(中大循環)→ナンジャモンジャ通入口(後回り)→本町2→武蔵小金井駅北口(午前回り)
  • 武31:(夜間のみ/本数少)武蔵小金井駅北口→ナンジャモンジャ通入口→中大付属高校(止まり)

※ダイヤにより循環経路が2通りあり

武41系統[編集]

  • 武41:武蔵小金井駅北口 - 学芸大正門 - 本多五丁目 - 喜平橋 - 小平団地

※平日、土曜に限り深夜バスあり

中央線の武蔵小金井駅と小金井市・小平市の鉄道の駅から離れた地域を結ぶ路線。

途中の「本多五丁目」停留所のみが国分寺市に所在する。

本数の多さが原因なのか、遅延が無い限り目立った混雑を見せる事はない。

途中停留所の「JR車庫前」とは、JR東日本豊田車両センター武蔵小金井派出所のことを指す。

武84系統、武85系統、武94系統、武95系統、磨01系統[編集]

  • 武84:武蔵小金井駅南口 - 貫井坂下 - 多磨霊園裏門 - 試験場正門 - 多磨町
  • 武85:武蔵小金井駅南口 - 貫井坂下 - 多磨霊園裏門 - 多磨町 - 試験場正門 - 多磨霊園駅
  • 武94:武蔵小金井駅南口 - 前原坂 - 多磨霊園裏門 - 試験場正門 - 多磨町
  • 武95:武蔵小金井駅南口 - 前原坂 - 多磨霊園裏門 - 多磨町 - 試験場正門 - 多磨霊園駅
  • 磨01:多磨町 - 試験場正門 - 多磨霊園駅

※時間帯により前原坂経由と貫井坂下経由あり

移管路線[編集]

  • 府75:武蔵小金井駅南口 - 貫井坂下 - 浅間町三丁目 - 東府中駅

 2018年4月16日に府中営業所へ再移管された。

廃止路線[編集]

  • 府75:東府中駅 - 浅間町3 - 貫井坂下 - 武蔵小金井駅北口
  • 武82:武蔵小金井駅北口 - 貫井坂下 - 多磨霊園裏門 - 試験場正門 - 多磨町
  • 武83:武蔵小金井駅北口 - 貫井坂下 - 多磨霊園裏門 - 多磨町 - 試験場正門 - 多磨霊園駅

※3路線とも2011年4月1日の発着場所変更(武蔵小金井駅北口→武蔵小金井駅南口)の際に廃止。

車両[編集]

小金井営業所に在籍していたいすゞ製車両

2014年現在、いすゞ自動車以外の国産3メーカーを採用している。

京王バス小金井には、日産ディーゼル・JPを中心として、日産ディーゼル・UAが3台、日産ディーゼル・スペースランナーRAが1台、三菱ふそう・エアロスターが9台、日野・ブルーリボンIIが1台在籍している。[要出典]

かつて在籍していたいすゞ・キュービックは2006年に全廃され、日産ディーゼル・RNは2008年に全廃された。

なお京王バス小金井では、コミュニティバスの受託運行はしていないため、日産ディーゼル・RNが全車除籍された後は、日野・リエッセおよびポンチョなどの小型車は在籍しない。

運賃・乗降方式[編集]

京王バス小金井の運行する路線バスは、一部を除き路線で後ろ乗り前降りの運賃後払い式である。運賃は乗車する区間によって異なる。ただし、中大循環は営業キロが短く全線で同一運賃になるため、混雑する午前中に限り、前乗り後ろ降りの運賃前払い式となる(この方式の場合、終点での降車時間が短縮されるため)。

京王バス小金井事件[編集]

京王バス小金井および、京王バス小金井営業所は京王電鉄のバス部門分社化や賃金体系変更に反対する従業員らが結成した京王新労組(通称:第二組合)の組合員たちの会社命令にて出向された者が多く在籍している。また、出向された組合員たちが不遇な扱いを受け「京王バス小金井事件」に発展し、東京都より同社および京王電鉄、京王電鉄バスに労使についての命令交付を受けている[1]

参考文献[編集]

脚注[編集]

座標: 北緯35度42分4.2秒 東経139度30分6.5秒