新小金井駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新小金井駅
駅舎(2007年6月)
駅舎(2007年6月)
しんこがねい
Shin-Koganei
SW01 武蔵境 (1.9km)
(2.2km) 多磨 SW03
所在地 東京都小金井市東町四丁目24-1
駅番号 SW 02
所属事業者 SeibuRailway mark.svg 西武鉄道
所属路線 SW 多摩川線
キロ程 1.9km(武蔵境起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
3,681人/日
-2016年-
開業年月日 1917年大正6年)10月22日
テンプレートを表示
ホーム(手前の構内踏切で写真左の2番線から右の1番線へ渡る。写真奥が武蔵境方面)

新小金井駅(しんこがねいえき)は、東京都小金井市東町四丁目にある西武鉄道多摩川線の駅。駅番号はSW02

年表[編集]

  • 1917年(大正6年)10月22日 - 多摩鉄道新小金井駅として開業。
  • 1988年(昭和63年)2月17日 - 新駅舎使用開始[1]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅である。各ホーム間を連絡する構内踏切が設置されている。トイレは2番線ホームにある。

かつて当駅の是政方から貨物線が分岐していた。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 SW 多摩川線 下り 白糸台是政方面
2 上り 武蔵境

利用状況[編集]

2016年度の1日平均乗降人員は3,681人である[2]。近年の1日平均乗降人員、乗車人員の推移は下記の通り。

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
1990年(平成02年) 2,592[3]
1991年(平成03年) 2,653[4]
1992年(平成04年) 2,614[5]
1993年(平成05年) 2,584[6]
1994年(平成06年) 2,542[7]
1995年(平成07年) 2,413[8]
1996年(平成08年) 2,288[9]
1997年(平成09年) 2,225[10]
1998年(平成10年) 4,083[11] 2,153[12]
1999年(平成11年) 3,785[11] 1,992[13]
2000年(平成12年) 3,582[14] 1,885[15]
2001年(平成13年) 3,446[14] 1,808[16]
2002年(平成14年) 3,271[17] 1,715[18]
2003年(平成15年) 3,233[17] 1,697[19]
2004年(平成16年) 3,221[17] 1,649[20]
2005年(平成17年) 3,046[17] 1,529[21]
2006年(平成18年) 3,046[17] 1,537[22]
2007年(平成19年) 3,173[23] 1,617[24]
2008年(平成20年) 3,529[23] 1,803[25]
2009年(平成21年) 3,756[23] 1,912[26]
2010年(平成22年) 3,652[23] 1,838[27]
2011年(平成23年) 3,349[23]
2012年(平成24年) 3,525
2013年(平成25年) 3,592
2014年(平成26年) 3,552
2015年(平成27年) 3,683
2016年(平成28年) 3,681

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

最寄停留所は「新小金井駅」である。駅前広場上と駅南側の連雀通り上の2か所に分かれている。

駅前広場

連雀通り東行

  • 鷹53:井口新田・八幡前経由、三鷹駅南口行き(小田急バス
  • 出入庫:武蔵境営業所行き、武蔵境駅南口行き(小田急バス)
  • 境81:武蔵境駅南口行き(京王バス中央)

連雀通り西行

駅名の由来[編集]

小金井市内の駅としては最も歴史の古い駅であるが、すでに小金井駅東北本線にあったため「新」を冠した。なお、中央線武蔵小金井駅の開業は1924年仮乗降場として)、東小金井駅の開業は1964年である。

隣の駅[編集]

SeibuRailway mark.svg 西武鉄道
SW 多摩川線
武蔵境駅 (SW01) - 新小金井駅 (SW02) - 多磨駅 (SW03)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]